研究者
J-GLOBAL ID:200901085299246330   更新日: 2019年03月23日

高村 大也

タカムラ ヒロヤ | TAKAMURA Hiroya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 知能情報学
研究キーワード (1件): 自然語処理
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2003 - 2004 文書分類、テキストデータからの情報抽出、語義の曖昧性解消
MISC (16件):
  • 池田大介,高村大也,奥村学. 単語極性反転モデルによる評価文分類. 人工知能学会論文誌. 2010. 25. 1. 50-57
  • 高村大也,奥村 学. 施設配置問題による文書要約のモデル化. 人工知能学会論文誌. 2010. 25. 1. 174-182
  • 屋井鉄雄, 城山英明, 兵藤哲朗, 奥村学, 福田大輔, 鈴木温, 高村大也, 矢嶋宏光, 岩佐賢治, 大塚裕子, 丸本聡子. 市民参画型道路計画体系の提案と道路網計画における対話技術の開発. 道路政策の質の向上に資する技術研究開発成果報告レポート. 2008. 17. 2
  • Kazuko Takahashi, Hiroya Takamura, Manabu Okumura. Direct estimation of class membership probabilities for multiclass classification using multiple scores. Knowledge and Information Systems. 2008
  • 高橋和子, 高村大也, 奥村 学. 複数の分類スコアを用いたクラス所属確率の推定. 自然言語処理. 2008. 15. 2. 3-38
もっと見る
書籍 (1件):
  • Solving Crossword Puzzles Using Extended Potts Model
    Springer 2009
講演・口頭発表等 (32件):
  • Extracting Semantic Orientations of Words using Spin Model
    (Proceedings of the 43rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2005) 2005)
  • Application of Semi-supervised Learning to Evaluative Expression Classification
    (6th International Conference on Intelligent Text Processing and Computational Linguistics (CICLing-2006) 2006)
  • Latent Variable Models for Semantic Orientations of Phrases
    (11th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics 2006)
  • Time Period Identification of Events in Text
    (COLING/ACL 2006)
  • 複数語からなる評価表現のモデル化
    (言語処理学会第12回年次大会 2006)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1997 東京大学 工学部 計数工学専攻
  • - 2000 東京大学 工学系研究科 計数工学専攻
  • - 2003 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 自然言語処理学
学位 (1件):
  • 工学博士 (奈良先端科学技術大学院大学)
経歴 (2件):
  • - 2017 東京工業大学 准教授
  • 2003 - 東京工業大学 助手
所属学会 (1件):
情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る