研究者
J-GLOBAL ID:200901085723227864   更新日: 2020年09月01日

渡部 俊弘

渡部 俊弘
論文 (128件):
もっと見る
MISC (15件):
  • 井上勝弘, 渡部俊弘, 孝口裕一, 相根義昌. 「平成8年度財団法人北海道食品科学技術振興財団調査研究報告「ボツリヌス毒素複合体の形成と解離。その意味(3)(ボツリヌスプロジェニター毒素タンパク質の構造と機能)」」. 平成8年度財団法人北海道食品科学技術振興財団調査・研究報 告書 P25~31. 1997
  • 桃木芳枝, 小栗 秀, 渡部俊弘, 上村英雄. 「平成8年度一般プロジェクト研究成果(中間)報告「植物の塩ストレス応答に関与する遺伝子クローニングを目的とした基礎研究」」. 平成8年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告. 1997
  • 佐藤広顕, 渡部俊弘, 高野克己. 「平成8年度総合プロジェクト研究成果報告「ホスホリパーゼDの反応機構と構造について」」. 平成8年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告 P110-111. 1997
  • 井上勝弘, 渡部俊弘. 「平成7年度財団法人北海道食品科学技術振興財団調査研究報告「ボツリヌス毒素複合体の形成と解離。その意味(2)(ボツリヌスC型菌の産生するプロジェニター毒素の分子構造) 」」. 平成7年度財団法人北海道食品科学技術振興財団調査・研究報 告書 P1~9. 1996
  • 井上勝弘, 渡部俊弘, 印南 敏, 大山 徹. 「平成7年度林田生物資源研究基金プロジェクト研究成果報告「ボツリヌス菌の産生するprogenitor toxinの分子構造」」. 平成7年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告 P26~38. 1996
もっと見る
書籍 (16件):
  • 食品香粧学入門 13.学科の目指す食品香粧学の研究と産業の関わりについて
    東京農大出版会 2010
  • 新基礎食品学実験書
    三共出版 2007
  • パソコンで学ぶ食品化学~目で見る食品成分とその変化~
    三共出版株式会社 2005
  • 初歩からのバイオ実験~ゲノムからプロテオームへ 第2版
    三共出版 2004
  • 食品理化学実験書 第2版
    三共出版 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (111件):
  • ボツリヌス毒素複合体の腸管上皮細胞からの吸収におけるHA成分の役割
    (第83回日本細菌学会総会 2010)
  • ボツリヌスCおよびD型菌が産生する毒素複合体の血球凝集素における糖鎖認識の解析
    (第83回日本細菌学会総会 2010)
  • ボツリヌスCおよびD型毒素複合体におけるHA-33の血球への糖鎖認識の解析
    (第82回日本生化学会大会 2009)
  • D型ボツリヌス毒素複合体構成成分の非毒非血球凝集素(NTNHA)の発現およびその安定性
    (第82回日本生化学会大会 2009)
  • ボツリヌス毒素複合体の腸管上皮細胞への結合と透過における血球凝集素成分の役割
    (第82会日本生化学会大会 2009)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る