研究者
J-GLOBAL ID:200901085969510255   更新日: 2021年02月27日

平川 靖之

ヒラカワ ヤスユキ | Hirakawa Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.cc.kurume-nct.ac.jp/~hirakawa/world/Lab_Files/index.html
研究分野 (2件): 計測工学 ,  光工学、光量子科学
研究キーワード (5件): テラヘルツ ,  顕微鏡 ,  レーザー ,  量子光学 ,  Pharmacy in general Quantum optics Analytical chemistry in general
競争的資金等の研究課題 (39件):
  • 2016 - 2019 ゴム製品におけるフィラー補強効果のテラヘルツ分光による解明
  • 2017 - 2018 テラヘルツ分光による厚物ゴム製品の加硫深度可視化
  • 2015 - 2016 テラヘルツ分光によるエラストマー延伸時のフィラー分散可視化
  • 2014 - 2015 エラストマー評価用テラヘルツ分光システムの開発
  • 2012 - 2015 テラヘルツ分光によるゴム加硫反応の電気磁気学的モデルの構築
全件表示
論文 (126件):
もっと見る
MISC (15件):
特許 (3件):
書籍 (5件):
  • テラヘルツ新産業
    2011
  • テラヘルツ技術
    2006
  • Recent Developments in Lasers and their applications
    2006
  • 分析化学
    丸善 2004
  • 分析試料前処理ハンドブック
    丸善 2003
講演・口頭発表等 (168件):
  • 直流電圧印加時のポリマー並びにA練りコンパウンドの電流特性曲線
    (日本ゴム協会2020年年次大会 2020)
  • テラヘルツ光を用いた ゴム内シリカ分散評価法の開発
    (日本ゴム協会2019年第30回エラストマー討論会 2019)
  • テラヘルツ光によるゴム中のシリカ分散評価の検討
    (2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会 2019)
  • 延伸に伴うゴム網目構造変化のテラヘルツ域での可視化
    (日本ゴム協会 2019年年次大会 2019)
  • Nondestructive Evaluation of Elastomers by Terahertz Time-domain Spectroscopic Technique - Application to Visualize Dispersion of Filler Materials and Condition of Cross Linking
    (The 7th Annual Conference of AnalytiX-019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1991 九州大学 電気工学専攻・博士後期課程
  • 1984 - 1988 九州大学 電気工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2011/04 - 現在 久留米工業高等専門学校 電気電子工学科 教授
  • 2006/04 - 2011/03 久留米工業高等専門学校 電気電子工学科 助教授
  • 2001/12 - 2006/03 広島大学 大学院・医歯薬学総合研究科・創生医科学専攻 講師
  • 1995/04 - 2001/11 九州大学 大学院・工学研究院 ・応用化学部門 助手
  • 2000/07 - 2001/06 マサチューセッツ工科大学 エレクトロニクス研究所 訪問研究員
全件表示
委員歴 (25件):
  • 2017/04 - 現在 日本ゴム協会 九州支部幹事
  • 2014/04 - 現在 日本学術振興会 テラヘルツ波科学技術と産業開拓第182委員会 幹事
  • 2012/04 - 現在 レーザー学会 「レーザーバイオ医療」技術専門委員会委員
  • 2017/01 - 2020/12 公益社団法人 応用物理学会 代議員
  • 2017/05 - 2018/05 日本顕微鏡学会 第74回学術講演会実行委員会プログラム委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本顕微鏡学会 ,  日本ゴム協会 ,  IEEE ,  Optical Society of America ,  レーザー学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る