研究者
J-GLOBAL ID:200901086334386422   更新日: 2020年08月30日

長郷 文和

ナガサト フミカズ | Nagasato Fumikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://ccmath.meijo-u.ac.jp/~fukky/index.html
研究分野 (1件): 幾何学
研究キーワード (4件): SL(2,C)-表現 ,  指標多様体 ,  結び目群 ,  結び目理論
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 幽霊指標の解析によるノットコンタクトホモロジーのトポロジカルな性質の完全解明
  • 2014 - 2018 ノットコンタクトホモロジーの表現論的構造解析
  • 2010 - 2013 自明な結び目を識別する結び目不変量の表現論的構造解析
  • 2008 - 2010 自明な結び目を識別する結び目不変量の構造研究
  • 2009 - 2010 DNA結び目に関する研究視点からの結び目不変量の構造研究
全件表示
論文 (4件):
  • 長郷 文和. Varieties via a filtration of the KBSM and knot contact homology. TOPOLOGY AND ITS APPLICATIONS. 2019. 264. 251-275
  • 長郷 文和. Finiteness of a section of the $SL(2,\mathbb{C})$-character variety of the knot group. Kobe Journal of Mathematics. 2007. 24. 2. 125-136
  • 長郷 文和. Efficient formula of the colored Kauffman brackets. Lobachevskii Journal of Mathematics. 2004. 16. 71-78
  • 長郷 文和. A diagrammatic construction of the $(sl(N,\mathbb{C}),\rho)$-weight system. Interdisciplinary Information Sciences. 2003. 9. 1. 43-51
MISC (6件):
  • 長郷 文和, 鈴木 心之助. Ghost characters and character varieties of 2-fold branched covers. ArXiv https://arxiv.org/pdf/1708.01511.pdf. 2017
  • 長郷 文和, 鈴木 心之助. Trace-free characters and abelian knot contact homology II. ArXiv https://arxiv.org/pdf/1708.00874.pdf. 2017
  • 長郷 文和. Trace-free characters and abelian knot contact homology I. ArXiv https://arxiv.org/pdf/1708.00851.pdf. 2017
  • 長郷 文和. On the trace-free characters. 数理解析研究所講究録. 2013. 1836. 110-123
  • 長郷 文和. 位相幾何学と結び目理論について. 名城大学理工学部研究報告. 2009. 49. 13-19
もっと見る
書籍 (2件):
  • 理工系のための [詳解] 線形代数演習
    学術図書出版社 2019
  • 理工系のための [詳解] 線形代数入門
    学術図書出版社 2015
講演・口頭発表等 (72件):
  • 結び目群の間の準同型による幽霊指標の解析について
    (研究集会「北陸結び目セミナー2019」 2019)
  • Ghost characters of knots and their periodicity
    (Knots in Tsushima 2019 2019)
  • 結び目の$SL(2,\mathbb{C})$-幽霊指標の幾何について
    (研究集会「2018年度琉球結び目セミナー」 2018)
  • Trace-free characters and abelian knot contact homology
    (The 2nd Pan Pacific International Conference on Topology and Applications 2017)
  • On a special $SL(2,\mathbb{C})$-representation of $\pi_1(\Sigma_2K)$
    (The 12th East Asian School of Knots and Related Topics 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(数理学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 名城大学 教授
  • 2011/04 - 2020/03 名城大学 准教授
  • 2008/04 - 2011/03 名城大学 助教
  • 2005/04 - 2008/03 東京工業大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2004/09 - 2006/06 University of California, Riverside, Visiting Researcher
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2012/10 - 2016/09 日本数学会 雑誌「数学」編集委員(非常任)
  • 2013/03 - 2014/02 日本数学会 評議員(中部地区)
  • 2012/03 - 2013/02 日本数学会 代議員(中部地区)
  • 2011/03 - 2012/02 日本数学会 代議員(中部地区)
  • 2009/03 - 2010/02 日本数学会 代議員(中部地区)
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る