研究者
J-GLOBAL ID:200901087203937160   更新日: 2020年01月18日

藤田 昌史

フジタ マサフミ | FUJITA Masafumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://wenv.civil.ibaraki.ac.jp/http://wenv.civil.ibaraki.ac.jp/
研究分野 (3件): 土木環境システム ,  環境技術・環境負荷低減 ,  環境モデリング・保全修復技術
論文 (86件):
  • Suzuki J, Nakano D, Imamura M, Yamamoto R, Fujita M. Assessing a polluted river environment by oxidative stress biomarker responses in caddisfly larvae. Science of the Total Environment. 2019. 696
  • 呉青栩, 土山美樹, 鈴木準平, 藤田昌史. 都市下水の成分が汽水性ヤマトシジミの成長力に及ぼす影響. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2019. 75. 2. I_1135-I_1139
  • 塙翔一郎, 藤田昌史, 桑原祐史. Deep Learning応用による河川水の濁りを対象とした流況画像分類に基づく河川モニタリング-茨城県水戸市沢渡川を対象として-. 土木学会論文集G(環境). 2019. 75. 5. I_297-I_306
  • Wang F, Matsubara H, Nittami T, Fujita M. Utilization of a silicon rubber membrane for passive oxygen supply in a microbial fuel cell treating carbon and nitrogen from synthetic coke-oven wastewater. Applied Biochemistry and Biotechnology. 2019. 189. 1. 217-232
  • Suzuki J, Imamura M, Fujita M. Oxidative stress response of caddisfly Stenopsyche marmorata larvae to abrupt hypoxia-normoxia shift. Aquatic Toxicology. 2019. 211. 66-72
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (3件):
  • Advances in Water and Wastewater Treatment Technology
    Elsevier 2001 ISBN:0-444-50563-6
  • 活性汚泥モデル-ASM1,ASM2,ASM2D,ASM3-
    環境新聞社 2005 ISBN:4-86018-069-0
  • 水再生利用学-持続可能社会を支える水マネジメント,第25章 水再生・水再利用のための計画
    技報堂出版 2010 ISBN:978-4-7655-3445-1
学歴 (3件):
  • 1992 - 1996 茨城大学 工学部 都市システム工学科
  • 1996 - 1998 茨城大学 理工学研究科 都市システム工学専攻
  • 1998 - 2001 東京大学 工学系研究科 都市工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2001/10 - 2003/03 豊橋技術科学大学研究員 工学部エコロジー工学系
  • 2003/04 - 2007/03 山梨大学助手 大学院医学工学総合研究部社会システム工学系
  • 2007/04 - 2008/03 山梨大学助教 大学院医学工学総合研究部社会システム工学系
  • 2008/04 - 2009/03 山梨大学非常勤講師 工学部土木環境工学科
  • 2008/04 - 2010/03 茨城大学講師 工学部都市システム工学科
全件表示
受賞 (8件):
  • 2017/09 - 国土交通大臣賞(茨城大学として受賞)
  • 2009/09 - 茨城大学学長学術表彰奨励賞
  • 2008/10 - 環境システム計測制御学会奨励論文賞
  • 2008/08 - クリタ水・環境科学研究優秀賞
  • 2006/03 - 土木学会水工学論文奨励賞
全件表示
所属学会 (4件):
International Water Association (IWA) ,  日本水環境学会 ,  土木学会 ,  日本下水道協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る