研究者
J-GLOBAL ID:200901088026986225   更新日: 2020年05月31日

下田 耕治

シモダ コウジ | Koji Shimoda
所属機関・部署:
職名: 教授(有期)
研究分野 (1件): 実験動物学
研究キーワード (1件): 動物実験 倫理 遺伝子組換え動物
論文 (37件):
  • 下田 耕治. Osteogenic capillaries orchestrate growth plate-independent ossification of the malleus. Development. 2015. 7. 1. 4928-4928
  • Hiroyuki Kayo, Kotaro Kiga, Yoko Fukuda-Yuzawa, Sebastian Hedlund, Kazuyoshi Murakami, Inti A. De La Rosa-Velazquez, Tokuhiro Kimura, Kouji Shimoda, Masanobu Tanabe, Taro Fukao. miR-212 and miR-132 are dispensable for mouse mammary gland development. NATURE GENETICS. 2014. 46. 8. 802-804
  • Ryoko Yoshida, Mayu Suzuki, Ryota Sakaguchi, Eiichi Hasegawa, Akihiro Kimura, Takashi Shichita, Takashi Sekiya, Hiroshi Shiraishi, Kouji Shimoda, Akihiko Yoshimura. Forced expression of stabilized c-Fos in dendritic cells reduces cytokine production and immune responses in vivo. BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS. 2012. 423. 2. 247-252
  • Tsuyoshi Hata, Koji Nishifuji, Kouji Shimoda, Takashi Sasaki, Taketo Yamada, Takeji Nishikawa, Shigeo Koyasu, Masayuki Amagai. Transgenic rescue of desmoglein 3 null mice with desmoglein 1 to develop a syngeneic mouse model for pemphigus vulgaris. JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE. 2011. 63. 1. 33-39
  • 下田 耕治. Fibroblast expression of an IκB dominant-negative transgene attenuates renal fibrosis. Journal of the American Society of Nephrology. 2010. 21. 12. 2047-2052
もっと見る
書籍 (1件):
  • 公私立大学実験動物施設協議会記録No. 11
    2003
講演・口頭発表等 (41件):
  • 遺伝子導入マウスを用いたカルモジュリン遺伝子・型の発現調節
    (第136回日本獣医学会学術集会 2003)
  • ストレスと麻酔-進行性癌疾患(Poor-risk)モデル動物VXII腫瘍担癌ウサギにおける頻回麻酔
    (第50回日本実験動物学会総会 2003)
  • 慶應義塾大学医学部共同動物実験施設の紹介
    (平成15年度公私立大学実験動物施設協議会総会 2003)
  • 実験動物施設の建設と運営に要する経費-慶大と東北大の事例
    (第61回実験動物コンファレンス 2002)
  • 教育セミナーII「発生工学関連」
    (第36回日本実験動物技術者協会総会 2002)
もっと見る
所属学会 (4件):
東京都獣医師会 ,  日本獣医師会 ,  日本獣医学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る