研究者
J-GLOBAL ID:200901088130256719   更新日: 2019年12月31日

近藤 剛弘

コンドウ タカヒロ | Takahiro Kondo
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://www.ims.tsukuba.ac.jp/~kondo_lab/kondo/indexj.htmlhttp://www.ims.tsukuba.ac.jp/~kondo_lab/kondo/
研究分野 (3件): 薄膜・表面界面物性 ,  物理化学 ,  ナノ材料化学
研究キーワード (1件): 表面科学
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2018 - 2021 ホウ化水素シートを用いた新規触媒群の創出
  • 2018 - 2021 次世代超高速デバイス実現に向けた新規ディラック原子層材料の開発
  • 2017 - 2019 窒素ドープカーボン触媒の機能解明とボトムアップ合成
  • 2016 - 2019 ホウ素を基盤とした新規2次元化合物の創成
  • 2016 - 2018 超高感度ヘテロダイン走査トンネル分光の実現
全件表示
論文 (70件):
  • Satoshi Tominaka, Ryota Ishibiki, Asahi Fujino, Kohsaku Kawakami, Koji Ohara, Takuya Masuda, Iwao Matsuda, Hideo Hosono, Takahiro Kondo. Geometrical Frustration of B-H Bonds in Layered Hydrogen Borides Accessible by Soft Chemistry. Chem. 2019. 6
  • Reiya Kawamura, Nguyen Thanh Cuong, Takeshi Fujita, Ryota Ishibiki, Toru Hirabayashi, Akira Yamaguchi, Iwao Matsuda, Susumu Okada, Takahiro Kondo, Masahiro Miyauchi. Photoinduced hydrogen release from hydrogen boride sheets. Nature Communications. 2019. 10. 4880
  • Asahi Fujino, Shin-ichi Ito, Taiga Goto, Ryota Ishibiki, Junko Kondo, Tadahiro Fujitani, Junji Nakamura, Hideo Hosono, Takahiro Kondo. Hydrogenated Borophene Shows Catalytic Activity as Solid Acid. ACS Omega. 2019. 4. 14100-14104
  • Jiamei Quan, Fahdzi Muttaqien, Takahiro Kondo, Taijun Kozarashi, Tomoyasu Mogi, Takumi Imabayashi, Yuji Hamamoto, Kouji Inagaki, Ikutaro Hamada, Yoshitada Morikawa, Junji Nakamura. Vibration-driven reaction of CO2 on Cu surfaces via Eley-Rideal-type mechanism. Nature Chemistry. 2019. 11. 722-729
  • M. Cameau, R. Yukawa, C.-H. Chen, A. Huang, S. Ito, R. Ishibiki, K. Horiba, Y. Obata, T. Kondo, H. Kumigashira, H.-T. Jeng, M. D'angelo, and I. Matsuda. Electronic structure of a monoatomic Cu2Si layer on a Si(111) substrate. Phys. Rev. Materials. 2019. 3. 044004
もっと見る
MISC (37件):
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (10件):
  • 超音速分子線を用いた表面化学反応の制御に関する研究
    2003
  • 実験化学講座,第24巻,第5版“表面・界面”「表面プロセスの観測-分子線散乱-」
    日本化学会編、丸善(株)出版 2007
  • 白金代替カーボンアロイ触媒「7.2 実験によるカーボンアロイ触媒の発現原理」
    株式会社シーエムシー出版 2010
  • 燃料電池要素技術~触媒・電解質膜・MEAとその低コスト・高信頼・高機能化~ 第6節 カーボンアロイ触媒、最適活性点形成の解明について
    情報機構 2011
  • 問題と解説で学ぶ表面科学
    2013 ISBN:9784320033740
もっと見る
講演・口頭発表等 (411件):
  • 飛行時間計測法によるPt(111)表面でのアルカン分子の衝突ダイナミクスの研究
    (日本真空協会,第40回真空に関する連合講演会 1999)
  • CH<sub>4</sub>分子により修飾されたPt(111)表面の仕事関数
    (日本真空協会,第40回真空に関する連合講演会 1999)
  • アルカン分子の解離に伴う炭素系吸着種の微視的仕事関数
    (第28回表面科学研究会 -電子・振動ダイナミクスと表面反応制御- 2000)
  • LiF(001)表面からレインボー散乱されたCH<sub>4</sub>分子の飛行時間計測に関する研究
    (応用物理学会,春季 第47回物理学関連連合講演会 2000)
  • 分子線散乱法を用いた凹凸表面におけるCH<sub>4</sub>およびC<sub>2</sub>H<sub>6</sub>分子の非弾性散乱過程に関する研究
    (応用物理学会,春季 第47回物理学関連連合講演会 2000)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1995 - 1999 筑波大学 第三学群 基礎工学類 応用物理主専攻
  • 1999 - 2003 筑波大学大学院 工学研究科 物理工学
経歴 (12件):
  • 2003/04/01 - 2006/03/31 理化学研究所
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 理化学研究所 協力研究員
  • 2007/04/01 - 2011/09/30 筑波大学 助教(テニュアトラック)
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 (兼任)理化学研究所 客員研究員
  • 2011/10/01 - 2015/01/15 筑波大学 物質工学域 講師
全件表示
委員歴 (25件):
  • 2017/08 - 2019/07 文部科学省 研究振興局 学術調査官
  • 2014/04 - 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター専門調査員
  • 2016/10 - 2017/10 日本物理学会 領域7 運営委員
  • 2016/04 - 日本表面科学会 出版委員
  • 2016/04 - 日本表面科学会 企画委員
全件表示
受賞 (13件):
  • 2016/10 - Elsevier社 Elsevier Carbon: Outstanding contribution in reviewing (top 10%)
  • 2016/03/19 - 日本物理学会 第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞
  • 2013/10/24 - 筑波大学若手教員奨励賞
  • 2010/11/05 - The Vacuum Society of Japan 第19回真空進歩賞
  • 2005/11/15 - 日本表面科学会 International Symposium on Surface Science and Nanotechnology Best Poster Award
全件表示
所属学会 (8件):
American Chemical Society ,  Materials Research Society ,  日本化学会 ,  日本真空学会 ,  触媒学会 ,  日本物理学会 ,  日本表面科学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る