研究者
J-GLOBAL ID:200901088398183463   更新日: 2020年01月18日

高村 仁

タカムラ ヒトシ | TAKAMURA Hitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://ceram.material.tohoku.ac.jp/takamuraken/http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d595e23fd90d541713c496a807ab5983.html
研究分野 (3件): 構造・機能材料 ,  無機材料・物性 ,  金属物性・材料
研究キーワード (7件): 固体イオニクス ,  イオン伝導体 ,  混合導電体 ,  酸素透過膜 ,  燃料電池 ,  二次電池 ,  全固体電池
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2018 - 次世代二次電池のためのソフト巨大クロソイオンを活用した高速イオン伝導体の開発
  • 2014 - 2017 積層型マイクロSOFCの原理実証と高出力化
  • 2014 - 2016 酸化物ナノ粒子へのガス吸着を利用した蓄熱材料の原理実証
  • 2011 - 2014 高速酸素透過膜による純酸素燃焼イノベーション
  • 2007 - 2012 水素貯蔵材料におけるM-e-H間相互作用のNMR分光解析
全件表示
論文 (183件):
  • Akihiro Ishii, Itaru Oikawa, Hitoshi Takamura. Control of electrochemical reduction behavior in nonequilibrium Al-doped TiO2 thin films. Journal of Applied Physics. 2019. 126. 215108-1-6
  • Yuto Tomura, Itaru Oikawa, Hitoshi Takamura. Oxygen vacancy order-disorder transition at high temperature in Bi-Sr-Fe-based perovskite-type oxides. Physical Review Materials. 2019. 3. 125802-1-9
  • Adam E. Shimabukuro, Akihiro Ishii, Hitoshi Takamura, Fumio S. Ohuchi. Fabrication of absorbing Nb-Ti suboxide anti-reflective thin film stacks. Results in Physics. 2019. 15. 102558-1-4
  • Tai Misaki, Itaru Oikawa, Hitoshi Takamura. Negative Knight Shift in Ba-Ti Oxyhydride: An Indication of the Multiple Hydrogen Occupation. Chemistry of Materials. 2019. 31. 7178-7185
  • Shinichi Hashimoto, Tomohisa Hirota, Kenji Suzuki, Tomoaki Namioka, Hibiki Ito, Ryuichi Miyata, Keiko Kobayashi, Keiji Yashiro, Hitoshi Takamura, Tatsuya Kawada, Kyosuke Yoshimi, Norito Kijima, Takaaki Manabe, Tetsuo Tsuchiya, Takayuki Kojima and Keiichi Okai. Material Development Strategy of Lightweight Solid Oxide Fuel Cells for Airplane System Electrification. ECS Transactions. 2019. 91. 1. 311-318
もっと見る
MISC (17件):
もっと見る
特許 (39件):
書籍 (2件):
  • Encyclopedia of Applied Electrochemistry
    Springer New York 2014 ISBN:978-1-4419-6996-5
  • Membrane Reactors for Energy Applications and Basic Chemical Production
    Elsevier Inc. 2015 ISBN:9781782422273
講演・口頭発表等 (265件):
  • Electrical Conductivity and Defect Chemistry of Non-stoichiometric Gd<SUB>2</SUB>(GaSb)O<SUB>7</SUB> Compounds
    (American Ceramics Society 103rd Annual Meeting 2001)
  • Electrical Conductivity of Layered Compounds in SrO-La<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>-TiO<SUB>2</SUB> Systems Prepared by the Pechini Process
    (International Conference on Solid State Ionics 2001)
  • PLD法によるLa-Sr-Fe-Co 系酸化物薄膜の作製とその酸素透過特性
    (第27回固体イオニクス討論会 2001)
  • セリア-スピネル型フェライト複合体の作製と酸素透過特性
    (第28回固体イオニクス討論会 2002)
  • Preparation and Oxygen Permeability of Gd-Doped Ceria and Spinel-Type Ferrite Composites
    (Materials Research Society 2002 Fall meeting 2002)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (7件):
  • 1993/07 - 1997/03 東北大学工学部 助手
  • 1998/05 - 1999/09 Massachusetts Institute of Technology 日本学術振興会海外特別研究員
  • 1997/04 - 2001/03 東北大学大学院工学研究科 講師
  • 2001/04 - 2006/12 東北大学大学院工学研究科 助教授
  • 2007/01 - 2008/09 東北大学特定領域研究推進支援センター 准教授(テニュアトラック)
全件表示
受賞 (10件):
  • 2010/03/28 - 日本金属学会 第68回功績賞 イオン・電子混合導電性酸化物の開発とエネルギー変換デバイスへの応用
  • 2007/05/11 - (財)本多記念会 第28回本多記念研究奨励賞 水素製造・貯蔵用機能性材料に関する研究
  • 2007/04/17 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞 酸素透過膜型水素製造システムの研究
  • 2004/03/08 - 財団法人 トーキン科学技術振興財団 第14回(平成15年度)トーキン科学技術振興財団 研究奨励賞 燃料電池実現のための水素製造・貯蔵用機能性材料の開発
  • 2003/05/15 - (財)村上記念会 第23回村上奨励賞 燃料電池関連材料としての新規なイオン導電体およびマグネシウム系新規水素化物の合成に関する研究
全件表示
所属学会 (6件):
日本金属学会 ,  固体イオニクス学会 ,  日本セラミックス協会 ,  電気化学会 ,  Materials Research Society ,  American Ceramics Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る