研究者
J-GLOBAL ID:200901088788951518   更新日: 2021年01月21日

坂本 亘

サカモト ワタル | Sakamoto Wataru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.rib.okayama-u.ac.jp/saka/index-j.htmlhttp://www.rib.okayama-u.ac.jp/saka/index-j.html
研究分野 (3件): 遺伝学 ,  遺伝育種科学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (8件): 植物生理学 ,  育種学 ,  遺伝学 ,  植物分子生物学 ,  Plant Breeding ,  Plant Physiology ,  Genetics ,  Plant Molecular Biology
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2017 - 2021 葉緑体が獲得したプロセッシブな蛋白質・核酸分解と機能分化の統合理解
  • 2016 - 2021 新光合成:光エネルギー変換システムの再最適化
  • 2016 - 2021 プロトン駆動力による電子伝達のフィードバック制御
  • 2018 - 2020 葉のステイグリーンと植物環境適応のミッシングリンク解明
  • 2013 - 2016 被子植物に共通する誘導型オルガネラDNA分解とサルベージ機能の解明
全件表示
論文 (73件):
  • Keiji Nishioka, Yusuke Kato, Shin-Ichiro Ozawa, Yuichiro Takahashi, Wataru Sakamoto. Phos-tag-based approach to study protein phosphorylation in the thylakoid membrane. Photosynthesis research. 2021. 147. 1. 107-124
  • Md Sayeedul Islam, Toan Van Nguyen, Wataru Sakamoto, Shingo Takagi. Phototropin- and photosynthesis-dependent mitochondrial positioning in Arabidopsis thaliana mesophyll cells. Journal of integrative plant biology. 2020. 62. 9. 1352-1371
  • Hiromi Kajiya-Kanegae, Hideki Takanashi, Masaru Fujimoto, Motoyuki Ishimori, Norikazu Ohnishi, Fiona Wacera W, Everlyne A Omollo, Masaaki Kobayashi, Kentaro Yano, Michiharu Nakano, et al. RAD-seq-Based High-Density Linkage Map Construction and QTL Mapping of Biomass-Related Traits in Sorghum using the Japanese Landrace Takakibi NOG. Plant & cell physiology. 2020. 61. 7. 1262-1272
  • Wataru Sakamoto. A 2020 Vision of the Next Four Years-From the PCP’s New Editor-in-Chief. Plant and Cell Physiology. 2020
  • Florian A Busch, Jun Tominaga, Masato Muroya, Norihiko Shirakami, Shunichi Takahashi, Wataru Yamori, Takuya Kitaoka, Sara E Milward, Kohji Nishimura, Erika Matsunami, et al. Overexpression of BUNDLE SHEATH DEFECTIVE 2 improves the efficiency of photosynthesis and growth in Arabidopsis. The Plant journal : for cell and molecular biology. 2020. 102. 1. 129-137
もっと見る
MISC (139件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • スーパーバイオマス:植物に学ぶ
    慶應大学出版会 2016
  • 光合成研究と産業応用最前線
    エヌティーエス 2014
  • 光合成辞典
    日本光合成学会 2014
  • 動植物の受精学
    化学同人 2013
  • 生物学辞典
    東京化学同人 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (185件):
  • VIPP1タンパク質による葉緑体の膜保護機能
    (植物脂質シンポジウム 2014)
  • Molecular characterization of an ARC6-like protein involved in chloroplast division and biogenesis in rice
    (The 9th JKUAT Scientific, Technological and Industrialization Conference 2014)
  • Improvement of photosynthesis and chloroplast function for food and biomass production
    (The 9th JKUAT Scientific, Technological and Industrialization Conference 2014)
  • 被子植物のオルガネラゲノムは組織特異的に分解される
    (国立遺伝学研究所研究集会「オルガネラゲノムに支配される生命現象」 2014)
  • 葉緑体ゲノムの母性遺伝と組織特異的ゲノム分解:植物の多様な生存戦略
    (大阪市立大学理学部セミナー 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 東京大学
  • - 1985 東京大学
経歴 (6件):
  • 2010/04 - 現在 岡山大学 資源植物科学研究所 教授
  • 2003/04 - 2010/03 岡山大学 資源生物科学研究所 教授
  • 2000/06 - 2003/03 岡山大学 資源植物科学研究所 助教授
  • 2003 - - Professor,Institute of Plant Science and Resources,Okayama University
  • 1993/07 - 2000/05 岡山大学 資源生物科学研究所 助手
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019/01 - 現在 Plant and Cell Physiology Editor
  • 2012/01 - 現在 Frontiers in Plant Science (Plant Physiology) Review Editor
  • 2011/01 - 現在 Plant Physiology Editor
  • 2020/03 - 2024/03 Plant and Cell Physiology Editor-in-Chief
  • 2016/03 - 2018/03 日本植物生理学会 常任理事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2007 - 第7回日本光合成シンポジウムベストポスター賞
  • 2001 - 日本遺伝学会奨励賞
  • 2001 - Young Investigator''s Award, The Genetic Society of Japan
所属学会 (5件):
アメリカ植物生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本育種学会 ,  The Japanese Society of Breeding ,  The Japanese Society of Plant Physiologists
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る