研究者
J-GLOBAL ID:200901088830349173   更新日: 2020年03月02日

深津 誠

フカツ マコト | Fukatsu Makoto
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 機能生物化学 ,  有機機能材料 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (6件): トリアシルグリセロール ,  HPLC ,  HPLC/質量分析 ,  高速液体クロマトグラフィー ,  固定化リパーゼ ,  脂質工学
論文 (35件):
  • Hiroyuki Akazawa, Masahiro Kurita, Motohiko Ukiya, Toshihiro Akihisa, Jiradej Manosroi, MakotoFukatsu. タイワンネムノキ樹皮抽出物由来トリテルペンサポニンの単離と構造解析. The proceeding of the 9th International Conference on Science and Engineering2018. 2018
  • Hiroyuki Akazawa, Takuro Shinozaki, Motohiko Ukiya, Toshihiro Akihisa, Manosroi Jiradej, Harukuni Tokuda, Makoto Fukatsu. ジャックフルーツ木部抽出物由来フラボノイドの生物活性. The Natural Product Journal. 2018
  • Ukiya, Motohiko, Hayakawa, Teppei, Okazaki, Kouta, Hikawa, Maiko, Akazawa, Hiroyuki, Li, Wei, Koike, Kazuo, Fukatsu, Makoto. Synthesis of Lanostane-Type Triterpenoid N-Glycosides and Their Cytotoxicityagainst Human Cancer Cell Lines. Chemistry & Biodiversity. 2018. 15. e1800113
  • Nishina A, Ukiya M, Fukatsu M, Koketsu M, Ninomiya M, Sato D, Yamamoto J, Kobayashi-Hattori K, Okubo T, Tokuoka H, Kimura H. Effects of Various 5,7-Dihydroxyflavone Analogs on Adipogenesis in 3T3-L1 Cells. Biol Pharm Bull. 2015. 38. 11. 1794-1800
  • Nishina A, Ebina K, Ukiya M, Fukatsu M, Koketsu M, Ninomiya M, Sato D, Kimura H. Dioscin Derived from Solanum melongena L. "Usukawamarunasu" Attenuates α-MSH-Induced Melanogenesis in B16 Murine Melanoma Cells via Downregulation of Phospho-CREB and MITF. J Food Sci. 2015. 80. 10. 2354-2359
もっと見る
書籍 (10件):
  • 油脂・脂質・界面活性剤データブック
    丸善出版株式会社 2012 ISBN:9784621086117
  • 物質応用化学インセンティブ
    化学工業社 2009
  • 油脂・脂質の基礎と応用 -栄養・健康から工業まで- 改訂第2版
    日本油化学会 2009
  • 実験生体分子化学
    共立出版 2007
  • 油化学辞典 脂質・界面活性剤 第二版
    丸善株式会社 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • トリテルペノイド由来α-アミノ酸合成および腫瘍細胞傷害活性
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • ジテルペノイド-アミノ酸結合体の合成および腫瘍細胞傷害活性
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • オレアナン型トリテルペノイド-アミノ酸結合体の合成および腫瘍細胞傷害活性
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • バイオディーゼル燃料製造のためのリパーゼのキトサンへの固定化
    (日本油化学会第 55 回年会 2016)
  • 油脂の加工・調理によるトランス脂肪酸の生成
    (日本油化学会第 55 回年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 日本大学 大学院 理工学研究科 工業化学
  • - 1978 日本大学 理工学部 工業化学
学位 (2件):
  • 工学博士 (日本大学)
  • 工学修士
経歴 (4件):
  • 2001/04/01 - 2006/03/31 日本大学助教授
  • 1993/04 - 2001/03/31 日本大学専任講師
  • 1993/09 - 1994/08 カナダ国立穀物研究所客員研究員
  • 1985/04 - 1993/03 日本大学助手
委員歴 (2件):
  • 2010/04/01 - 日本油化学会 Journal of Oleo Science 編集委員
  • 2000/04/01 - 日本油化学会 総務委員
所属学会 (2件):
日本化学会 ,  日本油化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る