研究者
J-GLOBAL ID:200901089068641372   更新日: 2019年12月10日

日野 純

ヒノ ジュン | HINO Jun
所属機関・部署:
職名: 室長
ホームページURL (1件): http://www.ncvc.go.jp/res/seika/seikaj_01.html
研究分野 (5件): 内分泌学 ,  代謝学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (25件): 線維化 ,  炎症 ,  インスリン抵抗性 ,  肝炎 ,  NAFLD ,  非アルコール性脂肪肝炎 ,  NASH ,  血管内皮細胞 ,  cGMP ,  ナトリウム利尿ペプチド ,  CNP ,  C型ナトリウム利尿ペプチド ,  生理活性ペプチド ,  肥満 ,  脂肪細胞 ,  内分泌 ,  BMP ,  代謝 ,  増殖因子 ,  分化 ,  神経誘導 ,  骨形成 ,  TGF-b ,  初期胚発生 ,  頭部形成 頭部誘導
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 オートクリン・パラクラリン因子BMP-3bが担う骨格筋恒常性維持機構の解明
  • 2017 - 2020 骨代謝調節因子による肥満・エネルギー代謝調節の制御とその病態生理学的意義
  • 2018 - 2020 NASHの新規治療法の探索研究
  • 2016 - 2019 消化管ペプチドによる新たな循環調節機構と多様な作用の解明
  • 2013 - 2016 BMP-3bの新たなアディポサイトカインとしての機能および病態生理学的役割
全件表示
論文 (42件):
  • Otani K, Tokudome T, Kamiya CA, Mao Y, Nishimura H, Hasegawa T, Arai Y, Kaneko M, Shioi G, Ishida J, Fukamizu A, Osaki T, Nagai-Okatani C, Minamino N, Ensho T, Hino J, Murata S, Takegami M, Nishimura K, Kishimoto I, Miyazato M, Harada-Shiba M, Yoshimatsu J, Nakao K, Ikeda T, Kangawa K. Deficiency of Cardiac Natriuretic Peptide Signaling Promotes Peripartum Cardiomyopathy-Like Remodeling in the Mouse Heart. Circulation. 2019
  • Bae CR, HINO J, Hosoda H, Miyazato M, Kangawa K. C-type natriuretic peptide (CNP) in endothelial cells attenuates hepatic fibrosis and inflammation in non-alcoholic steatohepatitis. Life Sciences. 2018. 209. 349-356
  • Bae CR, Hino J, Hosoda H, Son C, Makino H, Tokudome T, Tomita T, Hosoda K, Miyazato M, Kangawa K. Adipocyte-specific expression of C-type natriuretic peptide suppresses lipid metabolism and adipocyte hypertrophy in adipose tissues in mice fed high-fat diet. Scientific reports. 2018. 8. 1. 2093
  • Teranishi H, Hayashi M, Higa R, Mori K, Miyazawa T, Hino J, Amano Y, Tozawa R, Ida T, Hanada T, Miyazato M, Hanada R, Kangawa K, Nakao K. Role of neuromedin U in accelerating of non-alcoholic steatohepatitis in mice. Peptides. 2018. 99. 134-141
  • Ogawa Y, Tsuji M, Tanaka E, Miyazato M, Hino J. Bone Morphogenetic Protein (BMP)-3b Gene Depletion Causes High Mortality in a Mouse Model of Neonatal Hypoxic-Ischemic Encephalopathy. Frontiers in neurology. 2018. 9. 397
もっと見る
MISC (18件):
特許 (1件):
  • 新規骨形成誘導蛋白質、それをコードするDNA及び該蛋白質の製造方法並びにそれを有効成分とする骨形成誘導剤
講演・口頭発表等 (8件):
  • 未知の生理活性物質の発見を目指して
    (特別講義講演(早稲田大学理工学部応用化学科) 2007)
  • 未知の生理活性物質の発見を目指して
    (第1回早桜会(早稲田応用化学会関西支部)講演会 2009)
  • 骨代謝調節因子BMP-3b-その発見の経緯と新たな抗肥満因子としての可能性について-
    (ライフサイエンスセミナー(奈良女子大学) 2012)
  • BMP-3bはSmad2/3経路にて骨芽細胞分化抑制作用を示す
    (第9回 BMP(Bone Morphogenetic Proteins) 国際シンポジウム2012 2012)
  • BMP-3bの新たなアディポカインとしての機能
    (第18回アディポサイエンス・シンポジウム 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 早稲田大学 理工学部 応用化学科
  • - 1993 宮崎医科大学 医学研究科 第二生化学
学位 (1件):
  • 薬学博士
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る