研究者
J-GLOBAL ID:200901090078464981   更新日: 2019年12月06日

磯部 徹彦

イソベ テツヒコ | Isobe, Tetsuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.applc.keio.ac.jp/~isobe/http://www.applc.keio.ac.jp/~isobe/
研究分野 (2件): ナノバイオサイエンス ,  無機材料・物性
研究キーワード (4件): 蛍光体 ,  ナノ蛍光体 ,  蛍光ナノ材料 ,  ナノ複合材料
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 カーボンドットの発光特性を制御した先進的な液相合成法の開拓
  • 2018 - 2021 近紫外→可視波長変換量子ドットによる太陽電池性能の向上
  • 2015 - 2018 近紫外光→赤色光変換蛍光ナノシートおよびそのコンポジット膜の作製・評価と応用
  • 2011 - 2014 生体親和性蛍光ナノ粒子複合ビーズの創製と評価
  • 2008 - 2010 蛍光・磁性デュアル機能性ナノ粒子複合体の創製と特性評価
全件表示
論文 (211件):
  • Wagutu A., Yano K., Sato K., Park E., Iso Y., Isobe T. Musa AAA and Jatropha curcas L. sap mediated TiO<inf>2</inf> nanoparticles: Synthesis and characterization. Scientific African. 2019. 6
  • Yoshinaga T., Iso Y., Isobe T. Optimizing the microwave-assisted hydrothermal synthesis of blue-emitting L-cysteine-derived carbon dots. Journal of Luminescence. 2019. 213. 6-14
  • Watanabe R., Iso Y., Isobe T. Electrophoretically Deposited Y<inf>2</inf>O<inf>3</inf>:Bi3+,Yb3+ Nanosheet Films as Spectral Converters for Crystalline Silicon Solar Devices. ACS Applied Nano Materials. 2019. 2. 6. 4009-4017
  • Kidokoro K., Iso Y., Isobe T. Complete self-recovery of photoluminescence of photodegraded cesium lead bromide quantum dots. Journal of Materials Chemistry C. 2019. 7. 28. 8546-8550
  • Kosugi T., Iso Y., Isobe T. Effects of oleic acid on the stability of perovskite CsPbBr <inf>3</inf> quantum dot dispersions. Chemistry Letters. 2019. 48. 4. 349-352
もっと見る
MISC (8件):
  • 磯 由樹, 磯部 徹彦. ナノ蛍光体が透明に分散した波長変換TMAS誘導シリカプレート. Material Stage. 2016. 16. 9. 81-83
  • Mikhail Brik, Tetsuhiko Isobe, Alan Piquette, Gregg S. Kottas, Alok M. Srivastava, Kailash C. Mishra. Preface to the Focus Issue on Novel Applications of Luminescent Optical Materials. ECS J. Solid State Sci. Technol. 2016. 5. 1. Y1-Y1
  • 磯 由樹, 磯部 徹彦. 波長変換蛍光ナノ材料の開発. 光アライアンス. 2015. 26. 8. 59-62
  • 磯部 徹彦. フランスのサイエンスの基盤 -E.S.P.C.I.での留学を通じて-. コロイドおよび界面化学部会NEWSLETTER Vol.26, No.4. 2001. 18-19
  • 磯部徹彦. ドープ型半導体ナノクリスタル蛍光体材料の開発と展望. 機能材料. 1999. 19. 2. 17-25
もっと見る
特許 (29件):
書籍 (20件):
  • 蛍光体の基礎及び用途別最新動
    情報機構 2005
  • 蛍光体の基礎及び用途別最新動
    情報機構 2005
  • ナノ蛍光体の開発と応用
    シーエムシー出版 2007
  • ナノ蛍光体の開発と応用
    シーエムシー出版 2007
  • ナノ蛍光体の開発と応用
    シーエムシー出版 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (422件):
  • Difference in the Thermal and Mechanochemical Polymorphism. - Effects of Impurity on the System Aragonite ? Calcite
    (The Second Japan-Soviet Seminar on Mechanochemistry 1988)
  • 加熱および摩砕による多形転移挙動の比較:固溶イオンPb2+およびSr2+がアラゴナイト →カルサイト転移に与える影響
    (日本化学会第56春季年会 1988)
  • Sr2+またはBa2+を添加したPbOのリサージ→マシコット転移に及ぼす摩砕の効果
    (日本化学会第57秋季年会 1989)
  • ZrO2ゲルの脱水、結晶化および相転移の競合とその制御
    (第27回粉体に関する討論会 1989)
  • 水和無機物ゲルの脱水,結晶化および複合化
    (第9回粉体表面物性・改質グループ会 1990)
もっと見る
Works (4件):
  • ソニーケミカル&インフォメーションデバイス株式会社 鹿沼事業所における講演 「ドープ型ナノ蛍光体に関する研究動向と展望」
    <u>磯部 徹彦</u> 2011 -
  • 慶應義塾大学メディアセンターMediaNet, No.18, p.25, ティールーム「電子化でちょっと気になること」
    <u>磯部 徹彦</u> 2011 -
  • 関東学院六浦高等学校 模擬授業 「身近で活躍する発光材料」
    <u>磯部 徹彦</u> 2011 -
  • 早慶交換講義「無機ナノ蛍光体の研究開発への挑戦」
    <u>磯部 徹彦</u> 2013 -
学歴 (3件):
  • 1986 - 慶應義塾 理工学部 応用化学科
  • 1988 - 慶應義塾 理工学研究科 応用化学専攻
  • 1991 - 慶應義塾 理工学研究科 応用化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶應義塾)
経歴 (22件):
  • 1993/09 - 1994/08 Vanderbilt大学(米国)(Department of Materials Science and Engineering), 訪問研究員
  • 1989/04 - 1995/03 慶應義塾大学(理工学部応用化学科),助手
  • 1995/04 - 1999/03 慶應義塾大学(理工学部応用化学科),専任講師
  • 1999/09 - 2000/08 École Supérieure de Physique et de Chimie Industrielles de la Ville de Paris (ESPCI)(フランス), 訪問研究員
  • 2003/10 - 2005/09 応用化学科広報委員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2007/01 - 現在 蛍光体同学会 幹事
  • 2004/06/16 - 現在 日本学術振興会 光電相互変換第125委員会 委員
  • 2014/04/01 - 現在 電気化学会 代議員
  • 2017/10/23 - 2019/10/18 Electrochemical Society Luminescence and Display Materials Division Board
  • 2013/04/01 - 2016/03/31 静岡大学電子工学研究所 共同利用・共同研究委員会 委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/12/08 - The 24th International Display Workshops(IDW'17) Outstanding Poster Paper Award Improved Photostability of Tetramethyl Orthosilicate-Modified InP/ZnS Quantum Dots
  • 2010/11 - The 3rd International Congress on Ceramics (ICC3) Symposim 5 "Hybrid and Nano-Structured Materials" The Poster Award Preparation of composite PMMA microbeads hybridized with fluorescent YVO4:Bi3+,Eu3+
  • 2006/09 - The International Union Materials Research Society - International Conference in Asia 2006 (IUMRS-ICA 2006) Best Paper Award Photoluminescence of the Highly Transparent Colloidal Solution of LaPO4:Ce3+, Tb3+ Nanocrystal Phosphors Synthesized by Low-Temperature Solvothermal Method : Effect of Polyphosphate Additive
所属学会 (7件):
蛍光体同学会 ,  応用物理学会 ,  日本希土類学会 ,  電気化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  Materials Research Society ,  Electrochemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る