研究者
J-GLOBAL ID:200901090239947520   更新日: 2020年06月09日

御堂 義博

Midoh Yoshihiro
研究分野 (3件): 計測工学 ,  知能ロボティクス ,  知覚情報処理
研究キーワード (4件): 医療画像処理 ,  欠陥検査 ,  走査電子顕微鏡 ,  半導体
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2001 - LSI SEM画像からの微細デバイス構造認識のための統計的画像処理法
論文 (54件):
  • 御堂義博, 中前幸治. 電子線ホログラムに対するDual-tree 複素数ウェーブレット隠れマルコフデノイズにおける初段フィルタの影響評価. 第80回応用物理学会秋季学術講演会 講演予稿集. 2019
  • 三浦克介, 御堂義博, 村上恭和, 中前幸治. 電子線ホログラムの干渉縞欠損箇所修復による残滓低減手法. 第80回応用物理学会秋季学術講演会 講演予稿集. 2019
  • Y. Cho, K. Niitsu, Y. Midoh, K. Nakamae, D. Shindo, J.-M. Yang, Y. Murakami. Suppressing Geometric Phase Shift Owing to Antiphase Boundaries in Dark-Field Electron Holography. Materials Transactions. 2019
  • Y. Midoh, K. Nakamae. Image quality enhancement of a CD-SEM image using conditional generative adversarial networks. 2019
  • 足立健太, 御堂義博, 中前幸治. 走査電子顕微鏡像からの機械学習を用いたミトコンドリア 領域抽出(2). 第38回ナノテスティングシンポジウムNANOTS2018会議録. 2018. 114-119
もっと見る
MISC (28件):
書籍 (1件):
  • 立体像可視化ソフトウェア「HawkC」の開発
    エヌ・ティー・エス 2015 ISBN:9784860434281
Works (10件):
  • 超LSI故障個所解析装置ソフトウェアの開発
    2010 -
  • 高速・高精度な超LSI故障個所解析装置用診断支援手法の開発
    2010 -
  • トモグラフィー電子顕微鏡用のソフトウェアの開発
    2010 -
  • トモグラフィー電子顕微鏡用ソフトウェアの開発
    2009 -
  • 超LSI故障個所解析装置ソフトウェアの開発
    2009 -
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 2006 大阪大学 情報科学研究科
  • - 2003 大阪大学 情報科学研究科
  • - 2003 大阪大学 工学研究科 情報システム工学専攻
  • - 2001 大阪大学 工学部
  • - 2001 大阪大学 工学部 電子情報エネルギー工学科 情報システム工学科目
学位 (1件):
  • 修士 (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2006 - 2007 大阪大学大学院情報科学研究科 特任研究員
  • 2007 - - 大阪大学大学院情報科学研究科 助教
所属学会 (4件):
応用物理学会 ,  日本めまい平衡医学会 ,  SPIE ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る