研究者
J-GLOBAL ID:200901090286682593   更新日: 2020年05月04日

尾関 俊浩

Ozeki Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 中高生に向けた雪崩安全教育教材の開発
  • 2016 - 2019 吹雪の広域自動観測と時空間構造の解明による南極氷床の質量収支の定量的評価
  • 2017 - 2018 2017年3月27日に栃木県那須町で発生した雪崩災害に関する調査研究
  • 2015 - 2018 表面霜の結晶形と成長量が雪崩斜面の安定度に与える影響に関する研究
  • 2014 - 2017 寒剤と寒剤を利用した拡散霧箱の研究
全件表示
論文 (82件):
  • Toshihiro Ozeki, Masashi Tsuda, Yuhei Yashiro, Kyosuke Fujita, Satoru Adachi. Development of artificial surface hoar production system using a circuit wind tunnel and formation of various crystal types. Cold Regions Science and Technology. 2020. 169
  • 尾関俊浩, 渡會航平, 秋田谷英次. 雪崩の発生機構の演示実験-積雪の破壊から表層雪崩に至る過程について-. 北海道の雪氷. 2019. 38. 51-54
  • 尾関俊浩. 旭岳で観察された低温型の雪結晶「鴎状結晶」. 北海道の雪氷. 2019. 38. 113-116
  • Adachi, S, Yamaguchi, S, Ozeki, T, Kose, K. Development of a magnetic resonance imaging system for wet snow samples. Bulletin of Glaciological Research. 2019. 37. 43-51
  • Shuichi Fushimi, Toshihiro Ozeki, Hajime Yamaguchi, Masaki Katsumata, Jun Inoue. Sea spray observation and analysis on R/V Mirai. Proceedings of the 34th International Symposium on the Okhotsk Sea and Polar Oceans 2019. 2019. 34. 255-257
もっと見る
書籍 (33件):
  • 雪崩教本
    山と渓谷社 2017
  • 宮沢賢治~科学と祈りのこころ
    北海道立文学館 2016
  • 気象災害の事典-日本の四季と猛威・防災-
    朝倉書店 2015 ISBN:9784254161274
  • 山岳雪崩大全
    山と渓谷社 2015 ISBN:9784635140171
  • 新版雪氷辞典
    古今書院 2014 ISBN:9784772241731
もっと見る
講演・口頭発表等 (139件):
  • 積雪の国際分類の日本語版作成について-積雪分類ワーキンググループの活動-
    (雪氷研究大会(2019・山形) 2019)
  • 弱層による表層雪崩発生の演示模型の試作-雪崩ユース教育にむけて-
    (雪氷研究大会(2019・山形) 2019)
  • 自然積雪の3次元間隙構造に基づくフィンガー流と止水面の数値計算の開発
    (雪氷研究大会(2019・山形) 2019)
  • 原子力規制人材育成における学校教員向け放射線教育の実践とプログラム改善
    (日本原子力学会2019年秋の大会 2019)
  • 3DWSを用いた間隙径計測に基づく雪の水分特性曲線の導出
    (雪氷研究大会(2019・山形) 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 理学士 (北海道大学)
  • 理学修士 (北海道大学)
  • 博士(理学) (北海道大学)
受賞 (5件):
  • 2013/05 - (公益社団法人)日本雪氷学会北海道支部 北の風花賞
  • 2012/10 - 2012年度寒地技術賞(学術部門)
  • 2011/10 - 2011年度日本雪氷学会論文賞
  • 1997/03 - 旭川市新人奨励賞
  • 1997/02 - 中谷宇吉郎科学奨励賞
所属学会 (7件):
日本科学教育学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本物理学会 ,  日本自然災害学会 ,  土木学会 ,  International Glaciological Society ,  日本雪氷学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る