研究者
J-GLOBAL ID:200901090408829973   更新日: 2021年08月09日

村田 道雄

ムラタ ミチオ | Murata Michio
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/murata/
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  生体化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (7件): 脂質二重膜の生物物理 ,  NMR(核磁気共鳴) ,  生物有機化学 ,  天然物化学 ,  NMR ,  Bioorganic Chemsitry ,  Natural product chemistry
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2017 - 2022 天然物リガンドを利用した生体膜経由の化学シグナル伝達機構の解明
  • 2016 - 2021 生体モデル膜における脂質分子の動的配座とドメイン構造
  • 2016 - 2018 脂質二重膜の相転移現象とアシル鎖の深度依存的溶解の観測
  • 2013 - 2017 生体膜構成脂質の機能を探る小分子の再発見と作用機構の解明
  • 2014 - 2016 生体膜の機能に関与する脂質分子と水分子の相互作用
全件表示
論文 (256件):
  • Mikito Nakano, Shinya Hanashima, Toshiaki Hara, Kazuya Kabayama, Yuya Asahina, Hironobu Hojo, Naoko Komura, Hiromune Ando, Thomas K.M. Nyholm, J. Peter Slotte, et al. FRET detects lateral interaction between transmembrane domain of EGF receptor and ganglioside GM3 in lipid bilayers. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes. 2021. 1863. 8. 183623-183623
  • Joan Candice Ondevilla, Shinya Hanashima, Akane Mukogawa, Yuichi Umegawa, Michio Murata. Diosgenin-induced physicochemical effects on phospholipid bilayers in comparison with cholesterol. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters. 2021. 36. 127816-127816
  • Shinya Hanashima, Nanami Fukuda, Raymond Malabed, Michio Murata, Msanao Kinoshita, Peter Greimel, Yoshio Hirabayashi. β-Glucosylation of cholesterol reduces sterol-sphingomyelin interactions. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes. 2021. 1863. 2. 183496-183496
  • Hiroshi Tsuchikawa, Takuya Ono, Masaki Yamagami, Yuichi Umegawa, Wataru Shinoda, Michio Murata. Conformation and Orientation of Branched Acyl Chains Responsible for the Physical Stability of Diphytanoylphosphatidylcholine. Biochemistry. 2020. 59. 40. 3929-3938
  • Yo Yano, Shinya Hanashima, Hiroshi Tsuchikawa, Tomokazu Yasuda, J. Peter Slotte, Erwin London, Michio Murata. Sphingomyelins and ent-Sphingomyelins Form Homophilic Nano-Subdomains within Liquid Ordered Domains. Biophysical Journal. 2020. 119. 3. 539-552
もっと見る
MISC (62件):
特許 (1件):
  • ポリエンマクロライド系抗生物質の多量体
Works (15件):
  • 脂質活性構造プロジェクト
    2010 -
  • Bioactive Lipid Structures
    2010 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2009 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2008 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2007 -
もっと見る
学位 (1件):
  • (BLANK)
経歴 (6件):
  • 1999/04 - 現在 大阪大学大学院理学研究科 化学専攻 教授
  • 1993 - 1999 東京大学(大学院理学系研究科) 助教授
  • 1993 - 1999 東京大学
  • 1999 - - 大阪大学(大学院理学研究科) 教授
  • 1985 - 1993 東北大学(農学部) 助手
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る