研究者
J-GLOBAL ID:200901090408829973   更新日: 2024年02月01日

村田 道雄

ムラタ ミチオ | Murata Michio
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
ホームページURL (1件): http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/murata/
研究分野 (3件): 生物有機化学 ,  生体化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (7件): 脂質二重膜の生物物理 ,  固体NMR(核磁気共鳴) ,  生物有機化学 ,  天然物化学 ,  NMR ,  Bioorganic Chemsitry ,  Natural product chemistry
競争的資金等の研究課題 (34件):
  • 2023 - 2026 生体膜に現れる脂質ドメイン構造を司る脂質アシル鎖の平均配向
  • 2021 - 2025 生体の非平衡系を再現できる脂質二重膜の構築と動的脂質集合体の描像
  • 2017 - 2022 化学コミュニケーションのフロンティア
  • 2017 - 2022 天然物リガンドを利用した生体膜経由の化学シグナル伝達機構の解明
  • 2019 - 2021 生体膜のドメイン形成における脂質アンカーや微量脂質の役割
全件表示
論文 (319件):
  • Michio Murata, Yuichi Umegawa, Shinya Hanashima. NMR Studies on the Structure and Functions of Small Biomolecules with Highly Flexible Conformation. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2023. 96. 10. 1156-1168
  • Hirofumi Watanabe, Shinya Hanashima, Yo Yano, Tomokazu Yasuda, Michio Murata. Passive Translocation of Phospholipids in Asymmetric Model Membranes: Solid-State 1H NMR Characterization of Flip-Flop Kinetics Using Deuterated Sphingomyelin and Phosphatidylcholine. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2023
  • Shinya Hanashima, Mikito Nakano, Michio Murata. Dynamic assembly and interaction of glycosphingolipids in cholesterol-containing model membranes. Pure and Applied Chemistry. 2023
  • Joan Candice Ondevilla, Shinya Hanashima, Akane Mukogawa, Darcy Garza Miyazato, Yuichi Umegawa, Michio Murata. Effect of the number of sugar units on the interaction between diosgenyl saponin and membrane lipids. Biochimica et biophysica acta. Biomembranes. 2023. 1865. 5. 184145-184145
  • Yuichi Umegawa, Satoshi Kawatake, Michio Murata, Shigeru Matsuoka. Combined effect of the head groups and alkyl chains of archaea lipids when interacting with bacteriorhodopsin. Biophysical chemistry. 2023. 294. 106959-106959
もっと見る
MISC (148件):
  • 喜多俊介, 秋田穂, 日下裕規, TIAN Cong, 田所高志, 井貫晋輔, 新山真由美, 杉山成, 村田道雄, 藤本ゆかり, et al. MHC class I様分子CD1dと糖脂質複合体のX線結晶構造解析. 日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集. 2022. 22nd (Web)
  • LIAO Chia-Hui, HANASHIMA Shinya, YASUDA Tomokazu, MURATA Michio. スフィンゴミエリンドメインに及ぼす内部リーフレット脂質の影響の研究【JST・京大機械翻訳】|||. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2022. 102nd
  • YASUDA Tomokazu, HIROSAWA Koichiro M., SUZUKI Kenichi G.N., KABAYAMA Kazuya, MURATA Michio, HANASHIMA Shinya. 細胞内への取込効率に関与するエクソソームの膜動態解析. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2022. 102nd
  • 渡辺宏史, 花島慎弥, 安田智一, 村田道雄. 表裏の脂質構成が異なる脂質二重層におけるコリン脂質の内外葉比の定量的評価. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2022. 102nd
  • 西直也, 安田智一, 花島慎弥, 村田道雄. 生体モデル膜における内葉脂質フォスファチジルエタノールアミンの動的挙動解析. 日本化学会春季年会講演予稿集(Web). 2022. 102nd
もっと見る
特許 (1件):
  • ポリエンマクロライド系抗生物質の多量体
Works (15件):
  • 脂質活性構造プロジェクト
    2010 -
  • Bioactive Lipid Structures
    2010 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2009 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2008 -
  • 分子複合体としての生体膜の構造と機能
    2007 -
もっと見る
学位 (1件):
  • (BLANK)
経歴 (4件):
  • 1999 - 現在 大阪大学大学院理学研究科 化学専攻 教授
  • 2011 - 2017 国立研究開発法人科学技術振興機構 ERATO脂質活性構造プロジェクト 研究総括
  • 1993 - 1999 東京大学理学系研究科 化学専攻 准教授
  • 1985 - 1993 東北大学(農学部) 助手 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る