研究者
J-GLOBAL ID:200901091404718715   更新日: 2021年10月27日

橋本 謙二

Hashimoto Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.m.chiba-u.ac.jp/class/shakai/index2f.htm
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  薬理学 ,  神経科学一般 ,  精神神経科学
研究キーワード (6件): 脳脾臓相関 ,  脳肝臓相関 ,  脳腸相関 ,  R-ケタミン ,  ケタミン ,  即効性抗うつ薬
論文 (552件):
  • Akihiro Shiina, Tomihisa Niitsu, Osamu Kobori, Keita Idemoto, Tasuku Hashimoto, Tsuyoshi Sasaki, Yoshito Igarashi, Eiji Shimizu, Michiko Nakazato, Kenji Hashimoto, et al. Perception of and anxiety about COVID-19 infection and risk behaviors for spreading infection: an international comparison. Annals of General Psychiatry. 2021. 20. 1
  • Tamaki Ishima, Sebastian Illes, Yoshimi Iwayama, Brian Dean, Takeo Yoshikawa, Hans Ågren, Keiko Funa, Kenji Hashimoto. Abnormal gene expression of BDNF, but not BDNF-AS, in iPSC, neural stem cells and postmortem brain samples from bipolar disorder. Journal of Affective Disorders. 2021. 290. 61-64
  • Keita Idemoto, Tomihisa Niitsu, Tatsuki Hata, Tamaki Ishima, Sumiko Yoshida, Kotaro Hattori, Tadasu Horai, Ikuo Otsuka, Hidenaga Yamamori, Shigenobu Toda, et al. Serum levels of glial cell line-derived neurotrophic factor as a biomarker for mood disorders and lithium response. Psychiatry Research. 2021. 301. 113967-113967
  • 井手本 啓太, 新津 富央, 畑 達記, 太田 貴代光, 小田 靖典, 木村 敦史, 橋本 佐, 伊豫 雅臣, 橋本 謙二, 石間 環. Serum levels of glial cell line-derived neurotrophic factor and platelet-derived growth factor BB as a biomarker for mood disorders(和訳中). 千葉医学雑誌. 2021. 97. 3. 75-75
  • Tamaki Ishima, Sebastian Illes, Yoshimi Iwayama, Brian Dean, Takeo Yoshikawa, Hans Ågren, Keiko Funa, Kenji Hashimoto. Abnormal gene expression of BDNF, but not BDNF-AS, in iPSC, neural stem cells and postmortem brain samples from bipolar disorder. Journal of affective disorders. 2021. 290. 61-64
もっと見る
MISC (301件):
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2005/04 - 現在 千葉大学 社会精神保健教育研究センター 教授
  • 2003/03 - 2005/03 千葉大学 大学院医学研究院(精神医学) 助教授
  • 2001/07 - 2003/02 千葉大学 大学院医学研究院(精神医学) 講師
  • 1993/10 - 1996/08 国立研究開発法人科学技術振興機構 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 特別研究員/外来研究員
  • 1991/09 - 1993/09 米国衛生研究所(NIH) 米国薬物依存研究所(NIDA) 客員研究員
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2018 - 現在 Psychopharmacology Principal Editor
  • 2017/09 - 現在 日本生物学的精神医学会誌 編集長
  • 2017 - 現在 日本生物学的精神医学会 理事
  • 2015 - 現在 Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci Editor
  • 2007 - 現在 PLOS ONE Academic Editor and Section Editor
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/11 - 千葉大学 平成22年度優秀発明特別賞
  • 2004/05 - 千葉大学 ゐのはな同窓会学術賞
所属学会 (9件):
国際統合失調症学会 ,  米国生物学的精神医学会 ,  国際精神神経薬理学会 ,  北米神経科学会 ,  米国精神神経薬理学会 ,  日本アルコール・アディクション医学会 ,  日本脳科学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る