研究者
J-GLOBAL ID:200901092200921615   更新日: 2020年08月31日

牧野 光則

マキノ ミツノリ | Makino Mitsunori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/g.chuo-u.ac.jp/makinolab/https://sites.google.com/g.chuo-u.ac.jp/makinolab/
研究分野 (3件): エンタテインメント、ゲーム情報学 ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション ,  データベース
研究キーワード (3件): コンピュータグラフィックス、バーチャルリアリティ、可視化 ,  図形・画像処理 ,  計算機科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2007 - 2010 CG技術による視認性の数値化・可視化に関する研究
  • 2005 - 2007 対話性を考慮した情報の立体視を含む高品質可視化技法に関する研究
  • Lie代数モデルを用いた3D画像の表現方式と認識・合成方式に関する研究
  • 安定性と大域収束性を保証する新しいIIR型適応信号処理アルゴリズムに関する研究
  • 大域的な収束性と汎化能力を保証する多層人工神経網の新しい学習方式に関する研究
論文 (345件):
  • Yuma Akasaka, Mitsunori Makino. A MR-based Folding Support System of Origami. Proceedings of 2018 International Technical Conference on Circuits/System, Computers and Communications (ITC-CSCC2018). 2019
  • Hikaru Kaneko, Mitsunori Makino. A real-time visual feedback system of strength self-training with motion capture. Proceedings of 2019 International Conference on Electronics, Information and Communication (ICEIC2019). 2019
  • Moe Kadosawa, Mitsunori Makino. An AR-based Self-Training System of Chest Compression as CPR. Proceedings of 2019 Joint Conference of International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia (IWAIT-IFMIA 2019). 2019
  • Yoshie Doshi, Mitsunori Makino. An Arm Motion Learning Support System using Virtual Realit. Proceedings of 2019 Joint Conference of International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia (IWAIT-IFMIA 2019). 2019
  • 牧野光則. 科学教室からコンピテンシー教育へ. 2019年電子情報通信学会総合大会講演論文集. 2019
もっと見る
MISC (21件):
  • 新井豪, 牧野光則. リスクマネジメント支援のためのリスク連鎖の対話的可視化システムの研究. 映像情報メディア学会技術研究報告. 2016. 40. 11. 65-68
  • 牧野光則. 中央大学理工学部における段階別コンピテンシー育成教育. 看護展望. 2013. 38. 7. 34-41
  • 石浦 菜岐佐, 牧野 光則, 宇佐美 公良, 山田 功, 平石 邦彦, 山口 真悟, 中村 正樹. システムと信号処理サブソの新たな展開を目指して. 電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report. 2011. 111. 104. 127-127
  • 牧野光則. 体感する技術:バーチャルリアリティによる発想支援. 日本デザイン学会誌デザイン学研究特集号. 2010. 17. 3. 18-21
  • 牧野光則, 篠田庄司. JABEEに認定申請するためにはどうしたらよいのか-学部における技術者教育システムの改善と発展のために-. 電子情報通信学会誌. 2002. 85. 12. 877-895
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (2件):
  • Forensic Investigations and Risk Management in Mobile and Wireless Communications
    IGI Global 2019 ISBN:9781522595540
  • グラフィックス(188p.)全体を通して共同執筆
    日本評論社 1994
講演・口頭発表等 (84件):
  • 個人嗜好に応じた観光地および関連情報を提示するVRシステム
    (第86回CG・可視化研究会(CAVE研究会) 2019)
  • VR環境における手腕動作の学習支援システム
    (第82回CG・可視化研究会(CAVE研究会) 2018)
  • Oculus Riftを用いたVRでの没入感の向上
    (第72回CG・可視化研究会 2016)
  • クラウドコンピューティングとCG/VR/可視化技術との関わりについて
    (第18回コンピュータ科学と工学に関する国際会議 2014)
  • 体験する技術-バーチャルリアリティからの発想
    (日本デザイン学会平成21年度秋季企画大会 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1989 - 1992 早稲田大学 電気工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
経歴 (13件):
  • 2009/11/01 - 2013/10/31 中央大学理工学部長補佐
  • 1998/04 - 2011/03 新潟大学講師
  • 2007/04 - 上智大学非常勤講師(大学院理工学研究科)
  • 2004/04 - 中央大学理工学部情報工学科教授
  • 2003/03 - 2004/03 米国イリノイ大学シカゴ校訪問研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 白門美術同好会 部長
受賞 (19件):
  • 2017/06/01 - 電子情報通信学会 電子情報通信学会教育優秀賞 段階別コンピテンシーによる教育の実践・評価
  • 2014/03/10 - 経済産業省 社会人基礎力を育成する授業30選 画像・映像コンテンツ演習 (段階別コンピテンシー育成教育プログラム情報工学科主対応科目群)
  • 2013/08/29 - 日本工学教育協会 第17回工学教育賞 段階別コンピテンシー育成システム
  • 2008/03/17 - 中央大学 学術奨励賞
  • 2007/11/16 - 芸術科学会 第23回NICOGRAPH論文コンテスト審査員特別賞 視覚特性を利用した詳細度制御による没入型システムでの高速表示
全件表示
所属学会 (84件):
(社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)情報処理学会 ,  (社)情報処理学会 ,  日本応用数理学会 ,  International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) ,  International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) ,  Secretary of 1996 International Technical Conference on Circuits/Systems Computers and Communications ,  Technical Program Committee of 1996 IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems ,  Secretary of Student Activities Committee, IEEE Tokyo Section ,  Local Arrangement Chair of International Workshop on Reliability of Numerical Computation ,  Secretary of 1998 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications (NOLTA98) ,  日本シミュレーション学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  Member of Technical Program Committee (TPC), 1998 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APC-CAS98) ,  IEEE ,  IEEE ,  Finance Chair of 1999 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications (NOLTA99) ,  Technical Support Member of 1999 International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99) ,  Member of Technical Program Committee (TPC) of 1999 IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS99) ,  Technical Program Co-Chair of 2000 International Symposium on Nonliear Theory and its Applications ,  Member of Technical Program Committee (TPC), 2000 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems ,  芸術科学会 ,  芸術科学会 ,  芸術科学会 ,  芸術科学会 ,  芸術科学会 ,  ACM SIGGRAPH ,  映像情報メディア学会 ,  (社)電気学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  一般社団法人電子情報通信学会 ,  一般社団法人電子情報通信学会 ,  一般社団法人電子情報通信学会 ,  (一社)電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る