研究者
J-GLOBAL ID:200901092394550426   更新日: 2020年06月08日

近藤 陽一

コンドウ ヨウイチ | Kondou Youichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~kg064007/seimei/Home.html
研究分野 (4件): ケミカルバイオロジー ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (7件): ゼニゴケ ,  シロイヌナズナ ,  環境ストレス ,  環境応答 ,  紫外線 ,  光形態形成 ,  遺伝子組換え
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 ゼニゴケのUV-B受容体UVR8が相互作用する転写因子の解析とその生理学的機能
  • 2013 - 2016 遺伝子組換えと同等の形質を植物に付与する化合物開発システムの構築
  • 2011 - 2012 光により核移行する植物の光形態形成に関わる新奇転写因子の機能解析
  • 2007 - 2010 植物の機能付加型変異体作成法を用いた遺伝子機能解析
論文 (7件):
もっと見る
MISC (31件):
  • 小牟田純一, 沓名伸介, 近藤陽一. 概日振動するゼニゴケの葉緑体コード遺伝子の探索. 関東学院大学工学総合研究所報. 2020. 48
  • 近藤 陽一. 基部陸上植物ゼニゴケの紫外線応答機構. 関東学院大学理工/建築・環境学会 研究報告. 2019. 62. 11-18
  • 近藤 陽一. 光依存的に核局在が制御されているシロイヌナズナの新規転写因子. 関東学院大学工学総合研究所報. 2018. 46. 3-7
  • 飯沼弘太朗, 小口美紀, 宮城祐太, 堀井陽子, 吉積毅, 松井南, 西浜竜一, 河内孝之, 近藤陽一. 陸上植物のUV-B耐性を向上させる有用遺伝子の探索. 日本植物生理学会年会(Web). 2018. 59th. ROMBUNNO.P.295
  • 森山亜沙美, 森戸健, 李天虹, 石崎公庸, 近藤陽一, 藤平健太, 宮城祐太, 西浜竜一, 河内孝之. 基部陸上植物ゼニゴケのUV-B耐性に関するシグナル伝達系の解析. 関東学院大学理工/建築・環境学会研究発表講演論文集. 2017. 2017. 24-25
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • ゼニゴケを用いた有用遺伝子探索システムの構築
    (第55回日本植物生理学会年会 2014)
  • 光依存的に核局在が制御されている転写因子ZAT9の機能解析
    (第53回日本植物生理学会年会 2012)
  • シロイヌナズナの網羅的転写因子過剰発現系統より単離された光により核局在が制御されている転写因子ZAT9の機能解析
    (第52回日本植物生理学会年会 2011)
  • 機能誘導系を利用した新規転写因子過剰発現系統より単離した光応答に異常を示す変異体の解析
    (第51回日本植物生理学会年会 2010)
  • 機能誘導系を利用した新規転写因子過剰発現系統の作出と光低感受性変異体の単離と解析
    (第50回日本植物生理学会年会 2009)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 横浜市立大学 大学院 大学院自然システム科学専攻
  • 1996 - 1998 横浜市立大学 大学院 システム機能科学専攻
  • 1992 - 1996 横浜市立大学 文理学部 理科生物学課程
学位 (1件):
  • 博士(理学) (横浜市立大学)
経歴 (11件):
  • 2020/04 - 現在 関東学院大学 教授
  • 2015/04 - 2020/03 関東学院大学 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 関東学院大学 講師
  • 2013/04 - 2014/03 関東学院大学 助教
  • 2010/04 - 2013/03 関東学院大学 助教
全件表示
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る