研究者
J-GLOBAL ID:200901092598955514   更新日: 2021年10月21日

風間 宏美

Kazama Hiromi
研究分野 (1件): 医化学
研究キーワード (3件): 分子細胞生物学 ,  乳癌細胞 ,  Physiology of development(=generation) and growth Cell physiology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 転移難治性乳癌に対するアグリソーム形成を標的とする新規治療法の開発
  • 2016 - 2019 不良タンパク質の微小管輸送およびアグリソーム形成を標的とする転移性乳癌の新規治療
  • 2016 - 2019 不良タンパク質の微小管輸送およびアグリソーム形成を標的とする転移性乳癌の新規治療
  • 2005 - 2006 ヒト味覚受容体遺伝子発現を利用した新規な味覚検査法の開発
論文 (28件):
  • Masaya Miyazaki, Masaki Hiramoto, Naoharu Takano, Hiroko Kokuba, Jun Takemura, Mayumi Tokuhisa, Hirotsugu Hino, Hiromi Kazama, Keisuke Miyazawa. Targeted disruption of GAK stagnates autophagic flux by disturbing lysosomal dynamics. International journal of molecular medicine. 2021. 48. 4
  • Kazuhiro Hattori, Naoharu Takano, Hiromi Kazama, Shota Moriya, Keitaro Miyake, Masaki Hiramoto, Kiyoaki Tsukahara, Keisuke Miyazawa. Induction of synergistic non-apoptotic cell death by simultaneously targeting proteasomes with bortezomib and histone deacetylase 6 with ricolinostat in head and neck tumor cells. Oncology letters. 2021. 22. 3. 680-680
  • Kazutoshi Toriyama, Naoharu Takano, Hiroko Kokuba, Hiromi Kazama, Shota Moriya, Masaki Hiramoto, Shinji Abe, Keisuke Miyazawa. Azithromycin enhances the cytotoxicity of DNA-damaging drugs via lysosomal membrane permeabilization in lung cancer cells. Cancer science. 2021. 112. 8. 3324-3337
  • Kana Miyahara, Naoharu Takano, Yumiko Yamada, Hiromi Kazama, Mayumi Tokuhisa, Hirotsugu Hino, Koji Fujita, Edward Barroga, Masaki Hiramoto, Hiroshi Handa, et al. BRCA1 degradation in response to mitochondrial damage in breast cancer cells. Scientific reports. 2021. 11. 1. 8735-8735
  • Ayuka Yokota, Masaki Hiramoto, Hirotsugu Hino, Mayumi Tokuhisa, Masaya Miyazaki, Hiromi Kazama, Naoharu Takano, Keisuke Miyazawa. Sequestosome 1 (p62) accumulation in breast cancer cells suppresses progesterone receptor expression via argonaute 2. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 531. 2. 256-263
もっと見る
MISC (118件):
  • 鳥山 和俊, 高野 直治, 風間 宏美, 森谷 昇太, 阿部 信二, 宮澤 啓介. 非小細胞肺癌細胞株において,DNA障害性抗癌剤にマクロライド系抗菌薬を併用することで,リソソームの膜障害を介して殺細胞効果は増強される. 日本呼吸器学会誌. 2021. 10. 増刊. 142-142
  • 日野 浩嗣, 風間 宏美, 森谷 昇太, 高野 直治, 平本 正樹, 宮澤 啓介. CDK4/6阻害薬abemaciclibはリソソーム機能障害を介した空胞形成を伴う新規細胞死を誘導する. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. PJ16-3
  • 日野 浩嗣, 風間 宏美, 森谷 昇太, 高野 直治, 平本 正樹, 宮澤 啓介. CDK4/6阻害薬abemaciclibはリソソーム機能障害を介した空胞形成を伴う新規細胞死を誘導する. 日本癌学会総会記事. 2020. 79回. PJ16-3
  • 宮崎 誠也, 平本 正樹, 日野 浩嗣, 徳久 真弓, 風間 宏美, 高野 直治, 宮澤 啓介. クラスリン脱被覆タンパク質GAKによるオートファジー・リソソーム系の制御. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020. 93回. [1Z03-334)]
  • 日野 浩嗣, 入山 規良, 國場 寛子, 風間 宏美, 森谷 昇太, 高野 直治, 平本 正樹, 相澤 信, 宮澤 啓介. CDK4/6阻害薬abemaciclibはリソソームの酸性化、膨化により空胞形成を起こし、新規形式の細胞死を誘導する. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020. 93回. [P-359]
もっと見る
特許 (1件):
  • 新規な味覚物質受容体
学歴 (4件):
  • - 2004 日本大学 応用生命科学専攻
  • - 2004 日本大学
  • - 2000 日本大学 農芸化学
  • - 2000 日本大学
学位 (1件):
  • 修士 (日本大学)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 東京医科大学 医学部 生化学分野 助手
  • 2000/09 - 2005/01 日本大学 医学部 副手
  • 2000 - - Assistant
受賞 (1件):
  • 2019/06 - 東京医科大学 佐々記念賞
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る