研究者
J-GLOBAL ID:200901092666183088   更新日: 2020年05月28日

横田 惠理子

ヨコタ エリコ | Eriko Yokota
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (24件):
  • 石川 さと子, 横田 惠理子, 飯島 史朗. 薬学生の実践的な情報利活用・プレゼンテーション能力の醸成. ICT活用教育方法研究. 2015. 18. 1. 7-12
  • Tanifuji S, Aizu-Yokota E, Funakoshi-Tago M, Sonoda Y, Inoue H, Kasahara T. Licochalcones suppress degranulation by decreasing the intracellular Ca2+ level and tyrosine phosphorylation of ERK in RBL-2H3 cells. International Immunopharmacology. 2010. 10. 769-776
  • Oka M, Toyoda C, Kaneko Y, Nakazawa Y, Aizu-Yokota E, Takehana M. Characterization and localization of side population cells inthe lens. Molecular Vision. 2010. 16. 945-953
  • Abe M, Funakoshi-Tago M, Tago K, Kamishimoto J, Aizu-Yokota E, Sonoda Y, Kasahara T. The polycythemia vera-associated Jak2 V617F mutant induces tumorigenesis in nude mice. Int Immunopharmacol. 2009. 9(7-8). 870-877
  • Funakoshi-Tago M, Tago K, Sumi K, Abe M, Aizu-Yokota E, Oshio T, Sonoda Y, Kasahara T. The acute lymphoblastic leukemia-associated Jak2 L611S mutant induces tumorigenesis in nude mice. J Biol Chem. 2009. 284(19). 12680-12690
もっと見る
書籍 (3件):
  • スタンダード薬学シリーズII, 4 生物系薬学 II.
    東京化学同人,東京 2015
  • Interprofessional Education at the Keio University Faculty of Pharmacy, in: Advanced Initiatives in Interprofessional Education in Japan" (ed. by Watanabe H, Koizumi M)."
    Springer, Tokyo, Berlin, Heidelberg, New York 2010
  • 疾患と薬物治療 第10章 精神疾患.
    医歯薬出版, 東京 2008
講演・口頭発表等 (74件):
  • 薬学部における緩和ケア教育を考える -緩和ケアに関わる医療者へのインタビュー解析から-
    (第4回日本薬学教育学会大会 2019)
  • 薬剤師会による自殺防止対策の現状と課題
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • レポートからみる学生が考える生命倫理学的問題
    (日本生命倫理学会第30回年次大会 2018)
  • 薬学生の対人コミュニケーション能力に関する意識調査
    (第3回日本薬学教育学会大会 2018)
  • 慶應義塾大学医療系三学部合同教育における「チーム形成」についての学び
    (日本薬学会第138年会 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る