研究者
J-GLOBAL ID:200901092882260402   更新日: 2020年06月09日

小崎 隆

コサキ タカシ | Kosaki Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ues.tmu.ac.jp/tourism/index_en.html
研究分野 (8件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  環境動態解析 ,  ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  植物栄養学、土壌学 ,  環境動態解析
研究キーワード (5件): 空間統計 ,  陸域生態 ,  土壌圏生態 ,  物質循環 ,  土壌生成・分類
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2011 - 2013 体験型環境教育としてのエコツーリズムの手法開発
  • 2009 - 2011 熱帯アフリカにおける生産生態資源の時空間的不均一性とその農業利用に関する研究
  • 2008 - 2011 湿潤地の土壌有機物動態におけるストレス要因の解明とその農業利用
  • 2006 - 2007 ジオスタティスティクスを用いたユーラシア寒冷地域における土壌有機物動態の解析
  • 2005 - 2007 炭素動態モデルに基づく湿潤熱帯生態系における土地利用適正化に対する提言
全件表示
論文 (95件):
MISC (47件):
  • 小崎 隆. 国際土壌年 21世紀における土との付き合い方. 土づくりとエコ農業. 2016. 48. 1. 70-74
  • 小崎隆. 土の現在,土の未来 世界の土壌はいま-貴方と一緒に考えたい「国際土壌年」. 科学. 2015. 85. 11. 1076-1080
  • Takashi Kosaki, Takashi Kosaki, Donald Gabriels, Donald Gabriels. Preface to Special Section “Desertification and Land Degradation (DesertLand I)”. Soil Science and Plant Nutrition. 2015. 61. 3. 371-371
  • 西垣 智弘, 石倉 究, 中塚 博子, 岩崎 真也, 小崎 隆. 第1回国際土壌判定コンテスト参加報告(プロファイル). ペドロジスト. 2014. 58. 2. 105-110
  • 木村 園子ドロテア, 高田 裕介, 藤井 一至, 伊ヶ崎 健大, 和崎 淳, 森 圭子, 一ノ瀬 侑理, 田中 治夫, 小崎 隆. エコプロダクツ展2013出展報告(国内外情報). 日本土壌肥料學雜誌. 2014. 85. 2. 168-169
もっと見る
書籍 (15件):
  • シリーズ21世紀の農学 国際土壌年2015と農学研究-社会と命と環境をつなぐ-
    養賢堂 2016 ISBN:9784842505435
  • 世界の土・日本の土は今 : 地球環境・異常気象・食料問題を土からみると
    農山漁村文化協会 2015 ISBN:9784540142604
  • シリーズ21世紀の農学 環境の保全と修復に貢献する農学研究
    養賢堂 2012 ISBN:9784842504995
  • Studies on soil organic matter dynamics and their application for sustainable agriculture in humid tropics = 炭素動態モデルに基づく湿潤熱帯生態系における土地利用適正化に対する提言
    [Takashi Kosaki] 2009
  • Soil organic matter dynamics in boreal ecosystems in Eurasia = ジオスタティスティクスを用いたユーラシア寒冷地域における土壌有機物動態の解析
    [Takashi Kosaki] 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (255件):
  • 100億人時代における土壌の役割
    (日本農学会シンポジウム講演要旨 2015)
  • I-1 酸性土壌における炭素・窒素フラックスの制御機構 : 土壌生成と物質循環をむすぶ(I 土壌の物質循環機能を多角的にみる-最先端手法が切り拓く新たな姿,シンポジウム,2015年度京都大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2015)
  • 6-2-14 日本の農耕地土壌における非交換態カリウムの定量評価とその規定要因の解析(6-2 畑地土壌肥沃度,2015年度京都大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2015)
  • 9-2-3 「旅」や「眺め」などの時空間変異認識から生まれるもの : 2.景観・ニッチェ・「空」・「土壌」に関する類推と対比(9-2 文化土壌学,2015年度京都大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2015)
  • 8-2-17 土壌有機物動態モデルを用いた温室効果ガス放出速度の推定(8-2 地球環境,2015年度京都大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2015)
もっと見る
Works (4件):
  • 中央アジア乾燥地における大規模灌漑農業の生態環境と社会経済に与える影響
    1993 - 現在
  • カザフスタン、ウクライナ、ハンガリーにおける土壌有機物ダイナミックス調査
    2001 - 2005
  • 砂漠化指標による砂漠化の評価とモニタリングに関する総合的研究
    2001 - 2003
  • カザフスタンにおける大規模灌漑農業による土壌塩性化調査
    1996 - 2000
学歴 (2件):
  • - 1982 京都大学 農学研究科 農芸化学専攻
  • - 1975 京都大学 農学部 農芸化学科
学位 (1件):
  • 京都大学農学博士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2008 - 現在 首都大学東京大学院 教授
  • 2002 - 2008 京都大学大学院 教授
  • 1997 - 2002 京都大学大学院 教授
  • 1994 - 1997 京都大学 教授
  • 1990 - 1994 京都大学 助教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2002 - 日本土壌肥料学会 代議員
  • 1998 - 2001 日本土壌肥料学会 評議員
  • 1996 - 1997 日本土壌肥料学会 欧文誌編集委員長
  • 1994 - 日本ペドロジー学会 評議員
受賞 (13件):
  • 2014/06 - The First International Soil Judging Contest Award of Excellence
  • 2013/04 - 日本土壌肥料学会 2012年度Soil Science and Plant Nutrition誌最優秀論文賞 "'Fallow Band System,' a land management practice for controlling desertification and improving crop production in the Sahel, West Africa"
  • 2013/04 - 日本土壌肥料学会 2012年度日本土壌肥料学雑誌論文賞 「カリウム飽和・乾湿処理によるスメクタイト質土壌のセシウム保持能の向上とその持続性:スメクタイト質土壌とアロフェン質土壌の比較」
  • 2010/06 - American Society of Agricultural and Biological Engineers 2010 ASABE Honorable Mention Paper Award "Sediment catcher to trap coarse organic matter and soil particles transported by wind"
  • 2010/04 - 日本土壌肥料学会 2009年度Soil Science and Plant Nutrition誌最優秀論文賞 "Soil microorganisms have a threshold concentration of glucose to increase the ratio of respiration to assimilation"
全件表示
所属学会 (2件):
日本ペドロジー学会 ,  日本土壌肥料学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る