研究者
J-GLOBAL ID:200901093361579344   更新日: 2020年06月09日

櫻木 弘之

サクラギ ヒロユキ | Sakuragi Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 副学長
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (3件): 高密度核物質 ,  原子核反応理論 ,  分解核反応
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2015 - 2019 複素G行列有効核力に基づく微視的核反応研究の新展開
  • 2008 - 2010 ハイパー核およびハイペロン-原子核散乱に現れるYN相互作用の諸特性
  • 1996 - 1998 高速重イオンによるクーロン分解反応機構
  • 1994 - 1995 天体熱核反応12C(α,γ)16Oのク-ロン分解法による研究
  • 1992 - 1995 核反応による原子核の動的性質の研究
全件表示
論文 (32件):
  • Koichi Sato, Takenori Furumoto, Yuma Kikuchi, Kazuyuki Ogata, Yukinori Sakuragi. Large-amplitude quadrupole shape mixing probed by the (p,p′) reaction : a model analysis. Progress of Theoretical and Experimental Physics. 2019. 2019. 10. 101D01-(10 pages)
  • T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto. Erratum: Effect of repulsive and attractive three-body forces on nucleus-nucleus elastic scattering. Physical Review C. 2010. 82. 2. 029908(E) (1-3)
  • T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y. Yamamoto. Effect of repulsive and attractive three-body forces on nucleus-nucleus elastic scattering. Physical Review C. 2009. 80. 4. 044614 (18 pages)
  • Y.Sakuragi, Y.Maenaka, T.Furumoto. Coupled-channels study of 10Be+α structure of highly-excited 14C. Journal of Physics:Conference Series. 2008. 111. 1. 012019 (6 pages)
  • M.Takashina, Y.Sakuragi. Analysis of 12C(α ,α') using α condensate model wave function. Modern Physics Letters A. 2006. 21. 31-33. 2341-2346
もっと見る
書籍 (1件):
  • Nucleon-Hadron Many Body Systems : Chapter 5 "Breakup processes and cluster structures of light composite projectiles"
    Oxford University Press 1999 ISBN:0198519001
講演・口頭発表等 (68件):
  • 高エネルギー6Li散乱における6Li分解効果のエネルギー依存性
    (日本物理学会2015秋季大会(大阪市立大学) 2015)
  • A strategy and practical tactics for how to probe EOS of high-density nuclear matter in laboratory nuclear experiments
    (法政大学核物理ワークショップ「高密度核物質と重イオン原子核散乱の物理」 2014)
  • 国際シンポジウム活動
    (2014)
  • Study of microscopic complex potentials for nuclear scattering reaction
    (YIPQS International Molecule on Coexistence of weak and strong binding in unstable nuclei and its dynamics 2013)
  • 「微視的チャネル結合法の到達点と残された課題」(シンポジウム講演)
    (日本物理学会第68回年次大会 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1982 - 1985 九州大学 理学研究科 物理学専攻
  • 1980 - 1982 九州大学 理学研究科 物理学専攻
  • - 1980 九州大学 理学部 物理学科
学位 (2件):
  • 理学博士 (九州大学)
  • 理学修士 (九州大学)
経歴 (27件):
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 兼任研究員
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 教授
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 副学長
  • 2018/04/01 - 現在 大阪市立大学 副学長
  • 1987/04/01 - 現在 大阪市立大学 教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2014/04 - 2015/03 日本物理学会 領域代表(理論核物理領域)
  • 2013/04 - 2014/03 日本物理学会 領域副代表(理論核物理領域)
  • 2012/04 - 2014/03 文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2010/04 - 2013/03 財団法人 大阪科学技術センター 参与
  • 2010/04 - 2012/03 公立大学協会・理学部会 代表幹事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2014 - 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門員表彰
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る