研究者
J-GLOBAL ID:200901093640783750   更新日: 2020年06月09日

梅澤 俊明

ウメザワ トシアキ | Umezawa Toshiaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 木質科学
研究キーワード (3件): リグニン生合成 ,  ノルリグナン生合成 ,  リグナン生合成
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • フェニルプロパノイド生合成の代謝工学
  • リグニン生合成
  • ノルリグナン生合成
  • リグナン生合成
論文 (56件):
  • Takuji Miyamoto, Rie Takada, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Masaomi Yamamura, Keishi Osakabe, Yuriko Osakabe, Masahiro Sakamoto, Toshiaki Umezawa. Double knockout of OsWRKY36 and OsWRKY102 boosts lignification with altering culm morphology of rice. Plant Science. 2020
  • Thi Thi Nge, Yuki Tobimatsu, Masaomi Yamamura, Shiho Takahashi, Eri Takata, Toshiaki Umezawa, Tatsuhiko Yamada. Effect of heat treatment on the chemical structure and thermal properties of softwood-derived glycol lignin. Molecules. 2020. 25. 1167
  • Jinshan Gui, Pui Ying Lam, Yuki Tobimatsu, Jiayan Sun, Cheng Huang, Sumin Cao, Yu Zhong, Toshiaki Umezawa, Laigeng Li. Cell-type-specific regulation of lignin biosynthesis in fiber improves biomass production in Populus. New Phytologist. 2020
  • Rahma Nur Komariah, Takuji Miyamoto, Soichi Tanaka, Kurnia Wiji Prasetiyo, Firda Aulya Syamani, Subyakto, Toshiaki Umezawa, Kozo Kanayama, Kenji Umemura. High-performance binderless particleboard from the inner part of oil palm trunk by addition of ammonium dihydrogen phosphate. Ind. Crops Prod. 2019. 141. 111761
  • Lam PY, Lui AC, Yamamura M, Wang L, Takeda Y, Suzuki S, Liu H, Zhu FY, Chen MX, Zhang J, Umezawa T, Tobimatsu Y, Lo C. Recruitment of specific flavonoid B-ring hydroxylases for two independent biosynthesis pathways of flavone-derived metabolites in grasses. The New phytologist. 2019
もっと見る
MISC (349件):
  • 武田ゆり, 飛松裕基, 山村正臣, 高野俊幸, 坂本正弘, 梅澤俊明. 組換えイネを用いたリグニン芳香角組成-リグノセルロース利用特性相関の解析. 第16回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム/第9回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム. 2019
  • 宮本託志, 高田理江, 飛松裕基, 武田ゆり, 鈴木史朗, 山村正臣, 刑部敬史, 刑部祐里子, 坂本正弘, 梅澤俊明. リグニン量増強による高発熱型イネ科バイオマス作出に向けた研究:木化抑制型転写因子欠損イネの解析. 細胞壁研究者ネットワーク第13回定例研究会. 2019
  • 武田ゆり, 飛松裕基, 鈴木史朗, 森哲哉, 坂本正弘, 刑部敬史, 斉藤和季, 中林亮, 梅澤俊明. リグニン生合成に関与するp-クマロイルエステル 3-ヒドロキシラーゼ機能欠損イネの作出と性状解析. 細胞壁研究者ネットワーク第13回定例研究会. 2019
  • Satya Nugroho, Wahyu Widiyono, Wahyuni, Yuli Sulistyowati, Agus Rachmat, Amy Estiati, Dwi Astuti, Ada Nena Nurhasanah, Vincentia Esti Windiastri, Dwi Widyajayantie, Carla Frieda Pantouw, Hartati, Desty Dwi Sulistyowati, Sri Hartati, Amin Nur, Takuji Miyamoto, Rie Takada, Yuki Tobimatsu, Toshiaki Umezawa. Studies and breeding of Indonesian rice and sorghum cultivars with high lignin contents. 4th SATREPS conference. 2019
  • Takuji Miyamoto, Rie Takada, Yuri Takeda, Masaomi Yamamura, Yuki Tobimatsu, Shiro Suzuki, Wahyuni, Vincentia Esti Windiastri, Dwi Widyajayanti, Satya Nugroho, Masahiro Sakamoto, Toshiaki Umezawa. Lignin enrichment in grass biomass by molecular breeding. 4th SATREPS conference. 2019
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (41件):
  • イネ科バイオマスを特徴づけるフラボノリグニンの生合成と代謝工学
    北隆館 2019
  • 木材保存, 45, 107 (2019)「リグニン」に関する産官学連携
    2019
  • リグナンOMTに関する最新研究動向
    2019
  • Cinnamyl Alcohol Dehydrogenase Deficiency Causes the Brown Midrib Phenotype in Rice. In: Kumar A, Ogita S, Yau YY (eds) Biofuels: Greenhouse Gas Mitigation and Global Warming
    Springer, New Delhi 2018
  • 植物細胞実験法
    弘前大学出版会 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (117件):
  • Comparative analysis of lignocellulose deconstruction properties in lignin-altered CAldOMT and CAD rice mutants
    (第70回日本木材学会 2020)
  • 熱帯林の伐採跡地を回復させてバイオマスを生産・利用する
    (第13回生存圏フォーラム特別講演会「未来を拓く生存圏科学」 2020)
  • Genome editing as a model study for grass biomass breeding. Genome editing 2020 "Genome Editing: Research,
    (Application and Regulation 2020)
  • Characterization of lignocellulose utilization properties in transgenic rice plants with altered lignin aromatic composition,
    (The 4th Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science -Present and Future of Humanosphere Science, 2019)
  • 組換えイネを用いたリグニン芳香角組成-リグノセルロース利用特性相関の解析
    (第16回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム/第9回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • 抗腫瘍性リグナン生合成
    2003 -
  • リグニン生合成機構解明
    1999 -
学歴 (2件):
  • - 1982 京都大学 農学研究科 林産工学
  • - 1980 京都大学 農学部 林産工学
学位 (2件):
  • 農学博士 (京都大学)
  • 農学修士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 1982 - 1992 京都大学助手
  • 1982 - 1992 京都大学
委員歴 (3件):
  • 2018/11 - 現在 リグニン学会 会長
  • 2001 - 日本木材学会 木材学会誌編集委員
  • 国際木材科学アカデミー 会員
受賞 (1件):
  • 1992 - 日本木材学会賞
所属学会 (9件):
リグニン学会 ,  北米植物化学会 ,  植物化学調節学会 ,  国際木材科学アカデミー ,  植物化学研究会 ,  日本質量分析学会 ,  日本化学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本木材学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る