研究者
J-GLOBAL ID:200901093784671042   更新日: 2021年04月30日

武藤 鉄司

ムトウ テツジ | Muto Tetsuji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (4件): 固体地球科学 ,  地球生命科学 ,  固体地球科学 ,  地理学
研究キーワード (12件): モデル実験 ,  大陸棚 ,  気候変動 ,  海水準変動 ,  砕屑物堆積学 ,  オート層序学 ,  デルタ ,  河川 ,  地形学 ,  Geomorphology ,  Stratigraphy ,  Sedimentology
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 海の深さが支配するデルタ分流チャネルの動態と変遷: オート層序理論の実験的検証
  • 2017 - 2019 堆積物供給フォーシングに対する河川デルタ堆積系の層序応答
  • 2013 - 2016 多サイクル海水準変動のもとで成長するデルタ性大陸棚系のオート層序ノルム
  • 2012 - 2015 ストラトダイナミクス:地球表層堆積過程への力学的アプローチと探究基盤形成
  • 2008 - 2012 強い堆積物分散営力のもとで成長する陸棚デルタ堆積系の実験オート層序学
全件表示
論文 (51件):
もっと見る
MISC (32件):
  • 低下および低位海水準期における陸棚末端デルタの発達について. SPISS: University of Wyoming Clinoform Studies Report. 2001
  • 武藤鉄司. 長崎大学環境科学部に設置された堆積実験水槽マルジ3号. 堆積学研究. 2000. 52. 52. 85-87
  • 長崎大学環境科学部の堆積実験水槽「マルジ2号」. 堆積学研究. 1999. 49. 73-73
  • Invitation to the sedimentological fiume system 'Margi-2'. Journal of the Sedimentological Society of Japan. 1999. 49. 73-73
  • 武藤鉄司. 堆積学研究会は必要か-1998年春季例会レビュー. 堆積学研究. 1998. 48. 125-129
もっと見る
書籍 (3件):
  • 1D numerical model of delta response to rising sea level
    Proceedings of the 3rd IAHR Symposium, Rivers, Coastal and Estuarine Morphodynamics 2003
  • 1D numerical model of delta response to rising sea level
    Proceedings of the 3rd IAHR Symposium, Rivers, Coastal and Estuarine Morphodynamics 2003
  • Stratigraphical patterns of coastal-fan sedimentation adjacent to high-gradient submarine slopes affected by sea level changes
    Blackie and Son (Eds. W. Nemec & R. J. Steel., Fan deltas : Sedimentology and Tectonic Settings) 1988
講演・口頭発表等 (49件):
  • Stratigraphic configuration of alluvial-shelf systems after experiencing a large number of steady base-level cycles: An autostratigraphic view with 2D tank experiments
    (American Geophysical Union 2019 Fall Meeting 2019)
  • Different behaviors of delta distributary channels by different basin water depths: The Grade Index Model as a rationale
    (Geological Society of America 2019 Annual Meeting 2019)
  • The late Holocene Mekong River delta as an autogenic grade system
    (Geological Society of America 2019 Annual Meeting 2019)
  • Autogenic grade: Theory, experiments, and field application
    (The 4th International Conference of Paleogeography 2019)
  • Alluvial grade attained in the regime of shelf growth during multiple cycles of relative sea level
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
もっと見る
Works (8件):
  • 海岸線自動後退理論を基礎とするシークウェンス層序学の開拓
    2000 - 2001
  • Sequence stratigraphy based on the theory of shoreline autoretreat
    2000 - 2001
  • スバールバル諸島古第三紀堆積盆の堆積史
    1996 - 2001
  • Depositional history of the Paleogene basin, Svalbard
    1996 - 2001
  • 北部北海、中部ジュラ系オセベルグデルタの堆積学的研究
    1994 - 1996
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1984 - 1987 京都大学 博士後期課程 地質学鉱物学専攻
  • - 1987 京都大学
  • 1982 - 1984 京都大学 修士課程 地質学鉱物学専攻
  • 1978 - 1982 静岡大学 地球科学科
  • - 1982 静岡大学
学位 (2件):
  • 理学博士 (京都大学)
  • 理学修士 (京都大学)
経歴 (21件):
  • 2019/04 - 現在 長崎大学総合生産科学域 環境系 教授
  • 2011/04 - 現在 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 教授(専任)
  • 2017/04 - 2019/03 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 研究科長
  • 2012/04 - 2016/03 長崎大学 環境科学部 副学部長
  • 2009/04 - 2011/03 長崎大学 生産科学研究科 教授(専任)
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2016/01 - 2019/12 Island Arc Editor-in-Chief
  • 2014/01 - 2016/12 日本堆積学会 会長
受賞 (2件):
  • 2012/05 - 日本堆積学会 日本堆積学会論文賞 JSR誌(2007)に掲載の論文に対して
  • 2010/04 - SEPM Society for Sedimentary Geology 2010 JSR Best Paper Award - Honorable Mention Awarded to the paper published in JSR (2008)
所属学会 (7件):
アメリカ地球物理学連合 ,  日本地球惑星科学連合 ,  日本堆積学会 ,  国際堆積地質学会 ,  アメリカ地質学会 ,  国際堆積学会 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る