研究者
J-GLOBAL ID:200901094608045131   更新日: 2020年06月08日

窪田 泰江

クボタ ヤスエ | YASUE KUBOTA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (3件): 尿失禁 ,  排尿障害 ,  過活動膀胱
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2022 フレイル高齢者における尿失禁リスクの検討と多職種連携による予防法の構築
  • 2013 - 2015 過活動膀胱におけるKit受容体を標的とした新規分子標的治療薬の開発
  • 2011 - 2012 過活動膀胱における膀胱粘膜下微小循環の変化と KIT 陽性間質細胞の役割
  • 2009 - 2010 過活動膀胱の発症に関わるKIT-SCF遺伝子の一塩基遺伝子多型解析
  • 正常および過活動膀胱におけるc-kit陽性間質細胞機能の研究
全件表示
論文 (11件):
  • Kubota Yasue, Hamakawa T, Osaga S, Okada A, Hamamoto S, Kawai N, Kohri K, Yasui T. A kit ligand, stem cell factor as a possible mediator inducing overactive bladder. Neurourol Urodyn. 2018. 37. 4. 1258-1265
  • Kurokawa S, Mizuno K, Nakane A, Moritoki Y, Nishio H, Kamisawa H, Kubota Y, Okada A, Kawai N, Hayashi Y, Yasui T. Adrenal Neuroblastoma in an Adult: Effect of Radiotherapy on Local Progression after Surgical Removal. Case reports in urology. 2016. 2016. 2657632
  • Niimi K, Yasui T, Okada A, Hirose Y, Kubota Y, Umemoto Y, Kawai N, Tozawa K, Kohri K. Novel effect of the inhibitor of mitochondrial cyclophilin D activation, N-methyl-4-isoleucine cyclosporin, on renal calcium crystallization. International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association. 2014. 21. 7. 707-713
  • Kojima Y, Hamakawa T, Kubota Y, Ogawa S, Haga N, Tozawa K, Sasaki S, Hayashi Y, Kohri K. Bladder neck sling suspension during robot-assisted radical prostatectomy to improve early return of urinary continence: a comparative analysis. Urology. 2014. 83. 3. 632-639
  • Yasui T, Kobayashi T, Okada A, Hamamoto S, Hirose M, Mizuno K, Kubota Y, Umemoto Y, Kawai N, Tozawa K, Gao B, Kohri K. Long-term follow-up of nephrotoxicity in rats administered both melamine and cyanuric acid. BMC research notes. 2014. 7. 87
もっと見る
学歴 (1件):
  • 名古屋市立大学 医学部
学位 (1件):
  • 名古屋市立大学医学部/博士(医学)
委員歴 (1件):
  • 2018 - 現在 日本排尿機能学会代議員
受賞 (8件):
  • 2015 - 第 8回 臨床薬理研究振興財団 研究大賞
  • 2012 - 平成24年度日本医師会医学研究奨励賞
  • 2011 - 第18回日本排尿機能学会学会賞 臨床部門
  • 2007 - 第 1回 社団法人日本泌尿器科学会 ヤングリサーチ賞
  • 2006 - 名古屋桜仁会医学研究奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本女医会 ,  日本生殖医学会 ,  日本東洋医学会 ,  日本排尿機能学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本老年泌尿器科学会 ,  日本医学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る