{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201802258276142030   整理番号:18A0924673

過活動膀胱を誘導する可能なメディエーターとしてのKITリガンド,幹細胞因子【JST・京大機械翻訳】

A kit ligand, stem cell factor as a possible mediator inducing overactive bladder
著者 (9件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: 1258-1265  発行年: 2018年
JST資料番号: W2696A  ISSN: 0733-2467  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
【目的】c-kitリガンド,幹細胞因子(SCF)が過剰活性膀胱(OAB)の生物学的挙動に影響を及ぼすかどうかを調査し,OABを誘発する可能なメディエータとしてSCFの役割を議論する。材料と方法:最初に,モルモットとヒト膀胱におけるSCFの局在化を調べるために免疫組織化学的研究を行った。次に,OAB患者および対照被験者において尿中SCFレベルを測定し,OABの診断に対する潜在的バイオマーカーを評価した。第3に,著者らはSCFに関する追加情報を得るためにモルモットを用いて膀胱に及ぼすSCF投与の影響を調べた。動物にマウスSCFを投与し,膀胱内圧測定を行った。以下の尿力学パラメータを分析した:収縮間隔,最大排尿圧,圧力閾値,排尿筋ベースライン圧,および非排尿収縮の数。【結果】免疫組織化学的研究は,SCFの発現が膀胱壁を通して観察されたが,特にモルモットとヒト膀胱の尿路上皮において観察されたことを示した。OAB患者(85.9pg/mL[42.8,199.0]および1.30[0.56,2.71])における尿中SCFおよびSCF/クレアチニン濃度の中央値およびIQRsは,それぞれ対照被験者より有意に高かった(18.9pg/mL[5.0,43.6]および0.26[0.13,0.43])。SCF投与は,用量依存的に収縮間隔を短縮し,非排尿収縮の数を増加させた(P<0.05)。結論:今回のデータは,ぼうこうで産生されたSCFが,膀胱機能を制御するために,皮下および筋肉層におけるICC様細胞で発現するc-kitへの結合により,可能なメディエーターとして作用する可能性があることを示唆する。Copyright 2018 Wiley Publishing Japan K.K. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
泌尿生殖器の基礎医学  ,  泌尿排出系一般 
物質索引 (1件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る