研究者
J-GLOBAL ID:200901095712766378   更新日: 2020年05月31日

景山 弘

カゲヤマ ヒロシ | Kageyama Hiroshi
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 電子デバイス、電子機器 ,  機能物性化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (1件): 有機材料化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 2016 アモルファス膜の結晶化を利用する結晶薄膜作製と有機デバイスの高性能化に関する研究
  • 2015 - 2015 有機抵抗変化型メモリの特性制御に関する研究
  • 2011 - 2013 金属酸化物を用いる有機薄膜/金属界面制御と有機デバイスの高性能化に関する研究
  • 2008 - 2010 高移動度を有する有機アモルファス材料を用いる有機光電変換素子の開発
  • 2005 - 2006 電荷輸送特性におよぼす電荷移動度測定法・化合物の凝集状態・有機薄膜作製法の影響
全件表示
論文 (21件):
もっと見る
MISC (3件):
特許 (1件):
  • 有機フォトリフラクティブ素子用材料、アモルファス膜、及び有機フォトリフラクティブ素子
書籍 (5件):
  • Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials
    Springer-Verlag 2015
  • Handbook of Organic Materials for Optical and (Opto)electronic Devices
    Woodhead Publishing 2013
  • 有機薄膜形成とデバイス応用展開
    シーエムシー出版 2008
  • 情報・通信用光有機材料の最新技術
    シーエムシー出版 2007
  • 有機エレクトロニクス・フォトニクス材料とデバイス
    シーエムシー出版 2003
講演・口頭発表等 (16件):
  • MoO3とMgの化学反応を利用する陰極バッファー材料の開発と有機薄膜太陽電池への応用
    (エコ薄膜研究会 2017)
  • 有機発光ダイオードおよび有機薄膜太陽電池の基礎と先端動向
    (応用物理学会フォトニクス分科会第一回フォトニクス研究会 2016)
  • 有機薄膜太陽電池の性能におよぼすMoO3陰極バッファーの効果
    (電子情報通信学会 有機エレクトロニクス (OME) 研究会 2016)
  • MoO3陰極バッファーを用いる有機薄膜太陽電池および有機エレクトロルミネッセンス素子の開発
    (有機EL討論会第19回例会 2014)
  • Development of Organic Solar Cells and Organic Light-Emitting Diodes Using MoO3 as a Cathode Buffer Material
    (14th International Symposium on Advanced Organic Photonics (ISAOP-14) 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 大阪大学 大学院工学研究科 プロセス工学専攻博士後期課程
  • 1992 - 1994 大阪大学 大学院工学研究科 プロセス工学専攻博士前期課程
  • 1988 - 1992 大阪大学 工学部 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2011/04 - 現在 琉球大学 准教授
  • 2006/06 - 2011/03 大阪大学 講師
  • 1998/04 - 2006/05 大阪大学 助手
  • 1997/04 - 1998/03 大阪大学 助手
受賞 (3件):
  • 2004 - 日本化学会年会講演奨励賞
  • 2001 - 日本化学会年会講演奨励賞
  • 1997 - 日本化学会年会講演奨励賞
所属学会 (4件):
光化学協会 ,  応用物理学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る