研究者
J-GLOBAL ID:200901096618288612   更新日: 2021年02月12日

西野 一三

ニシノ イチゾウ | NISHINO Ichizo
所属機関・部署:
職名: 部長
ホームページURL (2件): http://scholar.google.com/citations?hl=en&user=uBzKcR0AAAAJhttp://scholar.google.com/citations?hl=en&user=uBzKcR0AAAAJ
研究分野 (5件): 胎児医学、小児成育学 ,  神経内科学 ,  実験病理学 ,  人体病理学 ,  遺伝学
研究キーワード (7件): 神経内科学 ,  分子遺伝学 ,  筋病理学 ,  筋疾患学 ,  Neurology ,  Molecular genetics ,  Muscle pathology
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2022 スポーツ医学に於ける全身冷却療法の確立を目指して
  • 2017 - 2020 壊死性ミオパチー病態解明のためのNGSによる感受性遺伝子の探索
  • 2016 - 2019 希少難治性筋疾患におけるオートファジーを介した蛋白分解機構と病態機序の解明
  • 2017 - 2019 遺伝性筋疾患の統合的ゲノム解析拠点形成
  • 2014 - 2017 先天性筋ジストロフィーに対する画期的治療法開発
全件表示
論文 (775件):
  • Jantima Tanboon, Ichizo Nishino. COVID-19-associated myositis may be dermatomyositis. Muscle & nerve. 2021. 63. 1. E9-E10
  • Fumihiko Takahashi, Jun Sawada, Akiho Minoshima, Naka Sakamoto, Toshiyuki Ono, Kazumi Akasaka, Hidehiro Takei, Ichizo Nishino, Naoyuki Hasebe. Erratum for Antimitochondrial Antibody-associated Myopathy with Slowly Progressive Cardiac Dysfunction: A Case Report. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Hirotsugu Takashima, Yasushi Hosoi, Tomoyasu Bunai, Kazuki Watanabe, Masahiro Sugimoto, Ichizo Nishino, Hiroaki Miyajima. [A case of colchicine myopathy in which the long-term use of colchicine hampered the recovery]. Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology. 2020
  • Yuichi Hayashi, Yasushi Iwasaki, Nobuaki Yoshikura, Megumi Yamada, Akio Kimura, Takashi Inuzuka, Hiroaki Miyahara, Yuichi Goto, Ichizo Nishino, Mari Yoshida, et al. Clinicopathological findings of a mitochondrial encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes/Leigh syndrome overlap patient with a novel m.3482A>G mutation in MT-ND1. Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology. 2020
  • Masashi Ogasawara, Megumu Ogawa, Ikuya Nonaka, Shinichiro Hayashi, Satoru Noguchi, Ichizo Nishino. Evaluation of the Core Formation Process in Congenital Neuromuscular Disease With Uniform Type 1 Fiber and Central Core Disease. Journal of neuropathology and experimental neurology. 2020. 79. 12. 1370-1375
もっと見る
MISC (1,149件):
もっと見る
特許 (5件):
  • タンパク質蓄積性筋疾患を治療するための医薬
  • ミトコンドリア異常を伴う先天性筋ジストロフィーの検出及び治療
  • GNEタンパク質の機能低下に起因する疾患の治療用医薬剤、食品組成物、食品添加物
  • 非ヒト哺乳動物、その作製方法及びそれを用いた筋疾患用治療薬のスクリーニング方法
  • 高GC含量反復配列増幅用長鎖ポリメラーゼチェインリアクション法およびそれを用いた顔面肩甲上腕型筋ジストロフィ診断法
書籍 (53件):
  • ベスレムミオパチー
    2019
  • ウルリッヒ病
    2019
  • Case 13
    2019
  • 縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチーとは
    2018
  • 遺伝について
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (1,442件):
  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー様の症状を呈したSRP抗体陽性免疫介在性壊死性ミオパチーの61歳男性例
    (臨床神経学 2020)
  • VCP遺伝子変異を認め、ALSとIBMの異なる表現型を示した家族例
    (臨床神経学 2020)
  • AIFM1遺伝子変異により感音性難聴と感覚性末梢神経障害を認めた一例
    (臨床神経学 2020)
  • 軸索型ニューロパチーを伴ったBAG3 related myopathyの一家系例
    (臨床神経学 2020)
  • 輪状咽頭筋離断術で嚥下障害が著明に改善した封入体筋炎の70歳男性例
    (臨床神経学 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1983 - 1989 京都大学 医学科
学位 (1件):
  • M.D., Ph.D. (Kyoto University)
経歴 (15件):
  • 2019 - 現在 高雄醫學大學 客員教授
  • 2019 - 現在 北京大学第一医院 客員教授
  • 2015 - 現在 マヒドン大学シリラート病院 病理部 客員教授
  • 2015 - 現在 国立精神・神経医療研究センター メディカルゲノム・センター ゲノム診療開発部・臨床ゲノム解析部 部長(併任)
  • 2011 - 現在 山梨大学医学部 客員教授(兼任)
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2018 - 現在 日本神経治療学会 理事
  • 2018 - 現在 日本神経病理学会 理事
  • 2018 - 現在 Asian and Oceanian Myology Center Vice President
  • 2018 - 現在 World Federation of Neurology Education Committee
  • 2015 - 現在 日本筋学会 理事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2009 - 日本神経学会 日本神経学会賞
  • 2004 - 11th Asian & Oceanian Congress of Neurology 最優秀ポスター賞
  • 2001 - 公益財団法人 循環器病研究振興財団 内田賞
所属学会 (12件):
日本内科学会 ,  日本小児神経学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  アメリカ神経学会 ,  日本筋学会 ,  アメリカ人類遺伝学会 ,  日本神経治療学会 ,  日本神経病理学会 ,  日本神経学会 ,  Asian and Oceanian Myology Center ,  World Muscle Society ,  アメリカ神経学アカデミー
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る