研究者
J-GLOBAL ID:200901097031616370   更新日: 2020年07月22日

藤村 和宏

フジムラ カズヒロ | Fujimura Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 商学
研究キーワード (5件): 便益遅延性 ,  サービスの消費者行動 ,  サービス・マーケティング ,  Consumer Behavior of Services ,  Service Marketing
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2020 - 2024 便益遅延型サービスの消費における便益享受・顧客満足・顧客参加・目標変容の研究
  • 2016 - 2020 「便益遅延型サービスの消費における便益享受と顧客満足・顧客参加に関する実証的研究」
  • 2013 - 2016 「内部競争の導入による地域伝統芸能の継承・発展のマーケティングに関する研究」
  • 2011 - 2014 「医療サービスの『便益遅延性』を考慮した患者満足に関する研究」
  • 2009 - 2012 「常態向上型サービスにおける“育てる消費”促進のマーケティング戦略に関する研究」
全件表示
論文 (71件):
  • Kazuhiro Fujimura, Fumiyo Ozaki. Developing a Model on the Effects of Management Games for Human Resource Development: From a Benefit Delay and Acquisition Perspective. Advances in Human Factors in Training, Education, and Learning Sciences, Proceedings of the AHFE 2020. 2020. 204-2011
  • Kazuhiro Fujimura. Constructing a Work Motivation Model Based on “Benefit Delay. Advances in Human Factors, Business Management and Leadership, Proceedings of the AHFE 2019. 2019. 251-262
  • 藤村 和宏. 「便益の享受と遅延性を考慮した専門職労働者のワーク・モチベーション・モデルの構築 〜サービス付き高齢者向け住宅の介護職員をケースとして〜」. 『香川大学経済論叢』. 2019. 91. 3・4. 95-166
  • 藤村 和宏. The Negative Effect that Benefit Delay in Service Consumption Causes to a Customer and the Countermeasure against It. Advances in The Human Side of Service Engineering, Proceedings of the AHFE 2017. 2017. 203-214
  • 藤村 和宏. 「『便益遅延性』を考慮した顧客満足・顧客参加モデルと従来型モデルの比較 〜医療サービスをケースとして有効性の検証〜」. 『香川大学経済論叢』. 2017. 90. 1. 1-54
もっと見る
MISC (87件):
書籍 (23件):
  • Advances in Human Factors, Business Management and Leadership, Proceedings of the AHFE 2019
    Springer 2019 ISBN:9783030201531
  • 『サービソロジーへの招待-価値共創によるサービスイノベーション』
    東京大学出版会 2017
  • Advances in The Human Side of Service Engineering, Proceedings of the AHFE 2017
    Springer 2017 ISBN:9783319604855
  • Advances in The Human Side of Service Engineering, Proceedings of the AHFE 2016
    Springer 2016 ISBN:9783319419466
  • 『ケースで学ぶマーケティング』
    有斐閣 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (29件):
  • Developing a model on the effects of Management Games for human resource development:From a Benefit Delay and Acquisition Perspective
    (2020)
  • Constructing a Work Motivation Model Based on “Benefit Delay” and “Benefit Enjoyment”: Verifying Model for the Care Workers of Serviced Homes for Senior Citizens
    (10th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2019)
  • The Negative Effect that Benefit Delay in Service Consumption Causes to a Customer and the Countermeasure against It
    (8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2017)
  • 「価値共創とサービソロジー」
    (問題解決型サービス科学研究開発プログラム(S3FIRE)記念フォーラム 2017)
  • The relationship model of three benefit factors in delayed benefit services
    (2016)
もっと見る
Works (11件):
  • 従業員の職務満足に影響を及ぼす要因の研究
    2009 - 2010
  • 管理物件入居者からの相談内容に関する分析研究
    2009 -
  • 商品・サービス提供過程における他者推薦意向に影響を及ぼす要素の研究
    2009 -
  • 平成21年度戦略的中心市街地商業等活性化支援事業におけるIruCa電子マネーサービスの利用者のニーズ調査・分析
    2009 -
  • 平成20年度戦略的中心市街地商業等活性化支援事業におけるIruCa電子マネーサービスの利用者のニーズ調査・分析
    2008 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1990 神戸大学
  • - 1990 神戸大学 商学
  • - 1984 学習院大学
  • - 1984 学習院大学 経済
学位 (2件):
  • 商学修士 (神戸大学)
  • 博士(商学) (神戸大学)
経歴 (5件):
  • 1995 - 2001 香川大学経済学部, 助教授
  • 2001 - - 香川大学経済学部, 教授
  • 1993 - 1995 香川大学経済学部, 講師
  • 1990 - 1993 広島大学経済学部, 助手
  • 1984 - 1988 花王株式会社 調査部および知識情報科研研究所社会工学研究室
委員歴 (8件):
  • 2017/05 - 2019/05 日本商業学会 学会賞選考委員
  • 2017/08 - 2018/07 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
  • 2017/04 - 2018/03 サービス学会 サービス学会2018年国内大会プログラム委員(査読委員)と座長, 査読委員
  • 2017/05 - 2017/07 独立行政法人 日本学術振興会 卓越研究員候補者選考委員会書面審査員
  • 2016/08 - 2017/07 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/03 - サービス学会 第4回国内大会 Best Paper Award 便益遅延型サービスにおける便益評価と顧客満足モデルに関する考察
  • 2004/11 - 財団法人吉田秀雄記念事業財団 16年度(第二回)助成研究論文 吉田秀雄賞 第1席 「サービス・ブランドの構築・強化におけるコミュニケーションの役割についての理論的・実証的考察」
  • 2004 - 16年度(第二回)助成研究論文 吉田秀雄賞 第1席
所属学会 (4件):
日本消費者行動研究学会 ,  日本商業学会 ,  Japan Association for Consumer Studies ,  Japan Society of Marketing and Distribution
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る