研究者
J-GLOBAL ID:200901097087224610   更新日: 2020年08月09日

村松 常司

ムラマツ ツネジ | Muramatsu Tsuneji
所属機関・部署:
職名: 名誉教授
ホームページURL (1件): https://murama-t.jimdo.com
研究分野 (3件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  科学教育
研究キーワード (6件): 攻撃受動性 ,  攻撃性 ,  レジリエンス ,  セルフエスティーム ,  健康教育 ,  学校保健
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 青少年の攻撃性と攻撃受動性の関連
  • 青少年のセルフエスティームからみたレジリエンスと対人ストレスイベント
  • 青少年のセルフエスティームと社会的スキルからみた攻撃受動性
  • 青少年のセルフエスティーム向上に視点をあてた健康支援
論文 (144件):
  • 新型たばこ(加熱式たばこ・電子たばこ)を考える. 養護実践学研究. 2020. 3. 1. 3-8
  • 小学生の生活習慣と学級満足度との関連ーhyper-QU得点をもとにー(共著). 東海学校保健研究. 2019. 43. 1. 141-149
  • 喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書(2016年)について(共著). 東海学校保健研究. 2019. 43. 1. 33-39
  • 小学生のレジリエンスと攻撃性との関連(共著). 東海学園大学研究紀要. 2019. 24. 1-13
  • ヨーロッパ剣道の普及状況ー第28回欧州剣道選手権大会を通してー(共著). 東海学園大学教育研究紀要. 2018. 2. 2. 78-85
もっと見る
MISC (52件):
  • Effects of subjective intensity self-resistance training on oxygen consumption, blood lacate concentration and heart rate in male university students. Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University. 2004. Vol.52, 381-387
  • How do children have coping?. Child Study. 2002. 56(17), 29-33
  • The Effects of Resistance Training on Body Composition in Female University Students. Iris Health. 2002. Vol.1, 27-33
  • The Effects of Resistance Training on Body Fat and Bone Stiffness in Female Clollege Students. Tokai Journal of School Health. 2002. 26(1), 41-47
  • An Investigation into the Relationship between Eating Habits and Self-Esteem among University Students. Iris Health. 2002. Vol.1, 17-25
もっと見る
書籍 (5件):
  • 禁煙指導テキスト(分担執筆)
    星雲社(通木俊逸編) 1995
  • 喫煙防止教育のすすめ、子どもの喫煙と環境(分担執筆)
    ぎょうせい(高石昌弘編) 1993
  • 健康科学の課題と展望、喫煙防止と健康教育(分担執筆)
    東山書房(伊藤章編) 1990
  • 現代生活とセルフ・ケア(分担執筆)
    中部日本教育文化会 1989
  • 現代生活と健康・スポーツ、現代生活と健康(分担執筆)
    黎明書房(寺沢健次編) 1988
講演・口頭発表等 (38件):
  • 小学生の学級満足度からみた生活習慣の保健指導
    (第16回日本健康相談活動学会 2020)
  • 小学生の生活習慣と心理社会的要因との関連
    (第16回日本健康相談活動学会 2020)
  • 大学新入生の入学後のQOLの変化につて
    (第66回日本学校保健学会 2019)
  • 大学生における入学後のQOLの変化について
    (第62回東海学校保健学会 2019)
  • 大学生のスマートフォン依存と生活習慣との関連について・重回帰分析による検討
    (第65回日本学校保健学会 2018)
もっと見る
Works (11件):
  • 青少年の攻撃受動性からみたこころの健康づくりに関する教育保健学的研究
    村松常司代表, 科学研究費 2007 - 2008
  • 大学生の清潔行動と生活習慣に関する研究
    村松常司, 日本スポーツ整復療法学会研究助 2004 -
  • 青少年のこころの健康づくりに関する教育保健学的実証研究
    村松常司代表, 科学研究費 2002 - 2003
  • 攻撃受動性尺度と自己評価尺度、生活習慣の相関についての研究
    村松常司代表, 愛知教育大学学長裁量経 2003 -
  • 青少年の食習慣・運動習慣改善のための教育保健学的研究
    佐藤和子代表, 科学研究費 2000 - 2001
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1969 - 東京教育大学 健康教育学科
学位 (1件):
  • 保健学博士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2011 - 愛知教育大学 名誉教授
  • 2008 - 2010 愛知教育大学副学長・理事
  • 1991 - 2007 愛知教育大教授・学長補佐
  • 1971 - 1990 愛知教育大学 助手・講師・助教授
委員歴 (3件):
  • 2017 - 現在 日本養護実践学会 理事(現・理事長)
  • 1996 - 現在 日本学校保健学会 評議員(代議員)・理事
  • 1995 - 現在 東海学校保健学会 評議員・理事(現・理事長)
受賞 (1件):
  • 2002/10 - 第40回全国大学保健管理研究集会 優秀演題賞
所属学会 (3件):
日本養護実践学会 ,  東海学校保健学会 ,  日本学校保健学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る