研究者
J-GLOBAL ID:200901097204141500   更新日: 2021年01月07日

中井 太郎

ナカイ タロウ | Nakai Taro
所属機関・部署:
職名: 助理教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): https://taronakai.wixsite.com/micrometeorology-jphttps://taronakai.wixsite.com/micrometeorology-en
研究分野 (3件): 農業環境工学、農業情報工学 ,  農業環境工学、農業情報工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (17件): 空気力学的粗度 ,  大気陸面相互作用 ,  地表面熱収支 ,  陸面過程 ,  超音波風速計 ,  フラックス ,  渦相関法 ,  熱収支 ,  炭素収支 ,  蒸発散 ,  微気象 ,  生物環境物理学 ,  水文気象学 ,  農業気象学 ,  Environmental biophysics ,  Hydrometeorology ,  Agricultural and forest meteorology
論文 (50件):
  • Gilberto Pastorello, Carlo Trotta, Eleonora Canfora, Housen Chu, Danielle Christianson, You-Wei Cheah, Cristina Poindexter, Jiquan Chen, Abdelrahman Elbashandy, Marty Humphrey, et al. The FLUXNET2015 dataset and the ONEFlux processing pipeline for eddy covariance data. SCIENTIFIC DATA. 2020. 7. 1
  • Taro Nakai, Tetsuya Hiyama, Roman E. Petrov, Ayumi Kotani, Takeshi Ohta, Trofim C. Maximov. Application of an open-path eddy covariance methane flux measurement system to a larch forest in eastern Siberia. AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY. 2020. 282
  • Shin Nagai, Tomoko Akitsu, Taku M. Saitoh, Robert C. Busey, Karibu Fukuzawa, Yoshiaki Honda, Tomoaki Ichie, Reiko Ide, Hiroki Ikawa, Akira Iwasaki, et al. 8 million phenological and sky images from 29 ecosystems from the Arctic to the tropics: the Phenological Eyes Network. ECOLOGICAL RESEARCH. 2018. 33. 6. 1091-1092
  • Motomu Toda, Taro Nakai, Yuji Kodama, Toshihiko Hara. Using digital cover photography to track the canopy recovery process following a typhoon disturbance in a cool-temperate deciduous forest. CANADIAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH. 2018. 48. 7. 740-748
  • Hirohiko Nagano, Hiroki Ikawa, Taro Nakai, Miwa Matsushima-Yashima, Hideki Kobayashi, Yongwon Kim, Rikie Suzuki. Extremely dry environment down-regulates nighttime respiration of a black spruce forest in Interior Alaska. AGRICULTURAL AND FOREST METEOROLOGY. 2018. 249. 297-309
もっと見る
MISC (12件):
  • 宮城 悠, 松本 一穂, 太田 岳史, 中井 太郎, 大黒 健一, 隅田 明洋, 飯田 真一, 小谷 亜由美, 高嶋 敦史, Trofim C. Maximov, et al. 林分構造の違いが蒸発散に及ぼす影響の定量的評価 -Penman-Monteith式を用いた感度分析-. 日本森林学会大会発表データベース. 2013. 124. 0
  • Yuji Kodama, Tomoyasu Kuno, Taro Nakai, Takeshi Ohta. Evaluation of snowfall interception of boreal forest and sublimation profile. Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research. 2011. 2011. 186
  • Nakai T, Sumida N, Kodama Y, Hara T, Ohta T. A note on forest conopy height for mateorological studies. Agricultural and Forest Meteorology. 2010. 150
  • 鈴木 和良, 兒玉 裕二, 中井 太郎, Liston G. E, 山本 一清, 大畑 哲夫, 石井 吉之, 隅田 明洋, 原 登志彦, 太田 岳史. C453 北海道北部の多雪森林地域における領域スケールの積雪分布と水・熱フラックス(広域スケールの陸域生物圏研究に関する最新の動向,専門分科会). 大会講演予講集. 2008. 93. 0
  • Kazuyoshi Suzuki, Tetsuo Ohata, Yuji Kodama, Taro Nakai, Yoshiyuki Ishii, Akihiro Sumida, Toshihiko Hara, Glen E. Liston, Kazukiyo Yamamoto, Takeshi Ohta. Impact of land use change on snow distribution and water balance. Summaries of JSSI and JSSE Joint Conference on Snow and Ice Research. 2008. 2008. 8
もっと見る
書籍 (1件):
  • 生態系生態学
    森北出版 2018 ISBN:9784627261228
講演・口頭発表等 (1件):
  • 林分構造の違いが蒸発散に及ぼす影響の定量的評価 -Penman-Monteith式を用いた感度分析-
    (日本森林学会大会発表データベース 2013)
学歴 (4件):
  • 1998 - 2003 北海道大学 環境資源学専攻
  • 1996 - 1998 北海道大学 農業工学専攻
  • 1993 - 1996 北海道大学 農業工学科(農業土木学専攻課程)
  • 1991 - 1993 北海道大学 理I系
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (11件):
  • 2018/08 - 現在 国立台湾大学 生物資源及農学院森林環境及資源学系 助理教授
  • 2018/03 - 現在 アラスカ大学フェアバンクス校 国際北極圏研究センター 客員研究助教
  • 2017/04 - 2018/07 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 附属国際連携研究センター 特任助教
  • 2016/04 - 2017/03 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 特任助教
  • 2015/10 - 2016/03 名古屋大学 宇宙地球環境研究所 研究員
全件表示
所属学会 (3件):
日本農業気象学会 ,  AGU ,  水文・水資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る