研究者
J-GLOBAL ID:200901097435959751   更新日: 2020年09月24日

狩川 大輔

カリカワ ダイスケ | Karikawa Daisuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/b4478e8e29ef3397b4aef17683b230e1.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/b4478e8e29ef3397b4aef17683b230e1.html
研究分野 (3件): 認知科学 ,  安全工学 ,  社会システム工学
研究キーワード (5件): 科学技術コミュニケーション ,  ヒューマン-マシン・インタフェース ,  認知工学 ,  安全 ,  ヒューマンファクターズ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 現在 石油産業分野を対象としたノンテクニカルスキル実践訓練手法に関する研究
  • 2017 - 2020 予防安全に向けたシステムの強靭性分析手法に関する実践的研究
  • 2016 - 2018 チーム協調支援のためのチームレジリエンス指標・推定モデルの開発
  • 2009 - 2012 予防安全支援のための創発型認知シミュレーションの開発とその適用手法に関する研究
  • 2006 - 2009 航空管制のヒューマンファクタに関する基礎研究
論文 (47件):
  • 狩川大輔, 今仁哉, 渥美貴広, 高橋信. 石油精製プラントオペレータのための体験型コミュニケーションスキ ル訓練の開発. ヒューマンファクターズ. 2020. 25. 1. 3-20
  • 高橋信, 芳賀清憲, 三浦直樹, 青山久枝, 狩川大輔, 関口敦, 川島隆太. 管制官の空間情報処理の神経基盤:機能的MRIを用いた研究. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2020. 22. 1. 35-42
  • Daichi Mitsuhashi, Taro Kanno, Satoru Inoue, Daisuke Karikawa, Kohei Nonose, Kazuo Furuta. Prescriptive and descriptive similarity of team contexts. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2020. 959. 185-193
  • 狩川 大輔, 澤田 大輔, 高橋 信. 簡易シミュレーション環境を用いたレジリエンスに関する実験研究. ヒューマンインタフェース学会論文誌. 2019. 21. 2. 155-168
  • Karikawa, D, Aoyama, H, Ohashi, T, Takahashi, M, Kitamura, M. Resilience of Air Traffic Controllers in control tower. Proceedings: 8th REA Symposium on Resilience Engineering. 2019
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • Safety-2の実践-レジリエンスポテンシャルを強化する
    2019
  • レジリエンスエンジニアリング応用への指針: レジリエントな組織になるために
    日科技連出版社 2017 ISBN:4817196327
  • Safety-I & safety-II : 安全マネジメントの過去と未来
    海文堂出版 2015 ISBN:9784303729851
  • 実践レジリエンスエンジニアリング-社会・技術システムおよび重安全システムへの実装の手引き
    日科技連出版社 2014 ISBN:4817195002
  • 社会技術システムの安全分析 : FRAMガイドブック
    海文堂出版 2013 ISBN:9784303729981
もっと見る
講演・口頭発表等 (58件):
  • 失敗に対する許容度が訓練受講者の姿勢に与える影響に関する実験的検討
    (第173回ヒューマンインタフェース学会研究会 2020)
  • 安全意識の評価に関する実験研究
    (日本原子力学会 2019年秋の大会 2019)
  • 想定外事象対応能力に関する実験研究
    (ヒューマンインタフェースシンポジウム2019 2019)
  • 機能共鳴分析手法を用いた航空管制業務のモデル化(1) -状況変化に対する航空管制官のパフォーマンス調整のモデル化 -
    (ヒューマンインタフェースシンポジウム2019 2019)
  • 航空管制レーダー画面のレーダー調整席支援ツールの開発
    (日本人間工学会 第60回大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2006 東北大学 技術社会システム専攻
  • - 2000 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
委員歴 (11件):
  • 2020/06 - 現在 一般社団法人 日本人間工学会 理事
  • 2018/03 - 現在 特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 理事
  • 2016/01 - 現在 ヒューマンインタフェース学会 安全管理支援技術専門研究委員会 幹事
  • 2014/04 - 現在 ヒューマンインタフェース学会 会誌委員会 委員
  • 2009/06 - 現在 ヒューマンインタフェース学会 電子広報委員会委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/03 - 特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 第15回研究会賞 レジリエンスの4つのコア能力に基づく航空路管制業務の分析
  • 2018/06 - 日本信頼性学会 2017年度優秀記事コラム賞 航空管制業務における「動的な」信頼性と安全性
  • 2014/03 - 特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェース学会 第14回論文賞
  • 2009/03 - ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェース学会 第10回学術奨励賞
  • 2007/03 - ヒューマンインタフェース学会 ヒューマンインタフェース学会 第8回学術奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
計測自動制御学会 ,  日本プラントヒューマンファクター学会 ,  日本保全学会 ,  日本人間工学会 ,  日本原子力学会 ,  ヒューマンインタフェース学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る