研究者
J-GLOBAL ID:200901097927084750   更新日: 2021年03月01日

森田 達志

モリタ タツシ | Morita Tatsushi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 寄生虫学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1995 - 臨床寄生虫材料の同定
  • 1995 - 肝蛭の分類学的および生理学的研究
  • 1995 - 外部寄生虫、特にノミおよび疥癬虫の生理学的および病態生理学的研究
  • 1995 - Identification of practical parasitological specimens
  • 1995 - Systematics and physiology of genus ┣DBFasciola(/)-┫DB
全件表示
論文 (30件):
もっと見る
MISC (36件):
書籍 (23件):
  • 犬の内科診療 Part 2
    緑書房 2020
  • 動物感染症学 認定動物看護師教育コアカリキュラム2019準拠 基礎動物看護学3
    インターズー 2020 ISBN:9784866710877
  • 感染症科診療パーフェクトガイド 犬・ネコ・エキゾチック動物 長谷川篤彦監修
    学窓社 2019
  • 最新 獣医寄生虫学・寄生虫病学 石井俊雄著 今井壯一編
    講談社サイエンティフィク 2019 ISBN:9784061537446
  • 動物病院スタッフのための犬と猫の感染症ガイド
    緑書房 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (75件):
  • 多中心性リンパ腫がみられた奄美大島のケナガネズミDiplothrix legataの一剖検例
    (第163回日本獣医学会学術集会 2020)
  • ヒゼンダニ類Ursicoptes procyoni 感染によるシセンレッサーパンダの皮膚症状とその治療
    (第160回日本獣医学会学術集会 2017)
  • 東京都に生息する外来鳥類ガビチョウ(Garrulax canorus)の外部寄生虫相
    (第23回 日本野生動物医学会大会 2017)
  • 戦(いくさ)の前に敵を知る・イキモノとしての疥癬虫と毛包虫
    (動物臨床医学会年次大会プロシーディング 2016)
  • あなたは理解していますか「エキノコックス」
    (動物臨床医学会年次大会プロシーディング 2016)
もっと見る
Works (4件):
  • ヨード系消毒剤の殺ノミ卵効果
    1999 -
  • 生薬由来殺ネコノミ剤の開発
    1999 -
  • Effect of iodine disinfectant on flea ovicide
    1999 -
  • Development of pesticide for cat flea from crude drugs
    1999 -
学歴 (2件):
  • - 1995 日本獣医生命科学大学 獣医学
  • - 1991 日本獣医生命科学大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (日本獣医生命科学大学)
経歴 (5件):
  • 2018/10 - 現在 日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 准教授
  • 2007/04 - 2018/09 日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 講師
  • 1995/04 - 2007/03 日本獣医畜産大学 獣医畜産学部獣医学科 助手
  • 1995 - - Research Associate, Faculty of Veterinary and
  • Animal Science, NVAU.
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 日本寄生虫学会 評議員
  • 2017/06 - 2020/06 農林水産省獣医事審議会 専門委員
所属学会 (7件):
世界獣医寄生虫学会(World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology) ,  日本獣医寄生虫学会 ,  アメリカ衛生動物学会(The Entomological Society of America) ,  日本ダニ学会 ,  日本衛生動物学会 ,  日本寄生虫学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る