研究者
J-GLOBAL ID:200901099407946876   更新日: 2020年05月22日

金寺 登

カネデラ ノボル | Kanedera Noboru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://sail.i.ishikawa-nct.ac.jp
研究分野 (1件): 知能情報学
研究キーワード (1件): 音声認識
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2014 - 2017 統合知識を活用した自学自習用講義ビデオ検索システムの開発
  • 2011 - 2014 知識を活用した講義ビデオ検索システムの開発
  • 2008 - 2011 学習達成度試験による専門教育の質の保証
  • 2007 - 2010 自学自習を支援するビデオ教材検索システムの開発
  • 2002 - 2004 頑健な音声認識技術を用いたビデオ教材作成支援システムの開発
全件表示
論文 (34件):
  • 金寺 登, 亀田陸太, 河前渓太. 学生教員間で宿題状況の共有を可能とした「宿題管理システム」の開発. 石川高専紀要. 2019. 51. 7-13
  • 金寺 登. 音声認識性能と音声情報検索性能の関係. Proceedings of Meetings on Acoustics. 2017. 29. 1
  • 長田忠良, 金寺 登. 音声ドキュメント内容検索に関する研究. 石川高専紀要. 2016. 48. 21-26
  • A Study about Visual Concept Similarity Index for Pseudo-representation Image Coding. The Sixth International Workshop on Image Media Quality and its Applications. 2013
  • 越野 亮, 小島 有貴, 金寺 登. Development and Evaluation of Educational Materials for Embedded Systems to Increase the Learning Motivation. US-China Education Review A. 2013. 3. 5. 305-313
もっと見る
講演・口頭発表等 (44件):
  • 音声認識深層ニューラルネットワークは何を見ているのか
    (2019年度電気・情報関係学会 北陸支部連合大会 2019)
  • IoT開発方法の自動検索システムの検討
    (2019年度電気・情報関係学会 北陸支部連合大会 2019)
  • 音声認識深層ニューラルネットワークにとって重要な入力情報の抽出
    (日本音響学会2019年春季研究発表会 2019)
  • 深層ニューラルネットワーク可視化方法の検討
    (電子情報通信学会 2018年ソサイエティ大会 2018)
  • 関連講義ビデオ検索システムの開発
    (日本音響学会2018年春季研究発表会 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 雑音に強い音声認識基盤ソフトウェアの開発
    2000 -
学歴 (2件):
  • - 1987 東京大学 工学系研究科 電子工学
  • - 1985 電気通信大学 電気通信学部 通信工学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (東京大学)
  • 博士(工学) (金沢大学)
経歴 (2件):
  • 1987 - 1991 石川工業高等専門学校 助手1991-1994 石川工業高等専門学校 講師1994-2002 石川工業高等専門学校 助教授2006- 石川工業高等専門学校 教授1996-1997 オレゴン科学技術大学院大学,客員研究員
  • 1987 - 1991 石川工業高等専門学校
受賞 (5件):
  • 2012/08 - 国立高等専門学校機構 平成23年度国立高等専門学校教員顕彰 文部科学大臣賞 意欲喚起と自学自習支援による専門教育の充実
  • 2012/03 - 情報処理学会 2011年度山下記念研究賞 意欲喚起と自学自習支援による情報システムクリエータの育成
  • 2011/03 - 情報処理学会 優秀教育賞 意欲喚起と自学自習支援を中心とする情報専門教育の質を保証するための取り組み
  • 2010/03 - 情報処理学会 情報処理教育委員会 情報システム教育コンテスト(ISECON2009) 最優秀賞 意欲喚起と自学自習支援による情報システムクリエータの育成
  • 2004 - 人工知能学会 研究会優秀賞
所属学会 (5件):
人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  IEEE ,  日本音響学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る