研究者
J-GLOBAL ID:200901099496249296   更新日: 2021年04月16日

神保 充

ジンボ ミツル | Jimbo Mitsuru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.kitasato-u.ac.jp/mb/study/course/lab/shigen/http://www.kitasato-u.ac.jp/fish/contents/lab/l33_n/index.html
研究分野 (1件): 水圏生命科学
研究キーワード (6件): 発生 ,  共生 ,  Bioactive Protein ,  抗菌タンパク質 ,  Lectin ,  レクチン
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2022 サンゴ-褐虫藻共生成立・不成立に関わる遺伝子発現ネットワーク情報の構築
  • 2019 - 2022 レクチンは褐虫藻の獲得にどのように関与しているか
  • 2018 - 2021 褐虫藻を起点としたサンゴ礁生態系の新しい食物網ルートの提案
  • 2014 - 2017 人工的に構築したサンゴ-褐虫藻共生体を用いた共生生物学的イベントの多面的精査
  • 2011 - 2014 共生および感染免疫に関わる糖質を基盤としたケミカルプローブの合成とその評価
全件表示
論文 (76件):
MISC (196件):
  • 神保充, 山下洋, 鈴木豪, 新里宙也, 天野春菜, 安元剛. 褐虫藻AJIS2-C2のプロテオーム解析. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
  • 渡部終五, 植村美咲, 吹上海璃, 山村拓冬, 水澤奈々美, 池田大介, 安元剛, 神保充, 菅野信弘. シログチおよびエゾイソアイナメ肉糊の坐りの比較. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
  • 青柳晶大, 古川史也, 安元剛, 佐野香織, 神保充, TSENG YC, LIN CC, 内田勝久, 奥村誠一, HWANG PP. ゼブラフィッシュ卵黄多核層における糖新生. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
  • 天野春菜, 濱島康一, 安元剛, 神保充. ヒメダカにおけるカロテノイドの蓄積部位と卵質への影響. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
  • 吉野真由, 神保充, 山下洋, 鈴木豪, 波利井佐紀, 服田昌之, 新里宙也, 天野春菜, 安元剛. 共生褐虫藻により変動するサンゴタンパク質のパスウェイ解析. 日本水産学会大会講演要旨集. 2020. 2020
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (5件):
  • 水産・食品化学実験ノート
    恒星社厚生閣 2019 ISBN:9784769916161
  • Affinity Chromatography
    INTECH 2012 ISBN:9789535103257
  • Roles of Coral Lectins in Morphological Cahnge of Zooxanthellae Vasta GR,Ahmed H (Eds) Animal Lectins: A Functional View Boca Raton CRC Press
    2008
  • Animal Lectins: A Functional View Boca Raton Roles of Coral Lectins in Morphological Cahnge of Zooxanthellae
    CRC Press 2008
  • Bioactive molecules from sea hares.
    Prog Mol Subcell Biol 43 2006
講演・口頭発表等 (159件):
  • ポリアミン輸送体阻害剤の稚サンゴ石灰化部位のpH上昇に及ぼす影響
    (日本ポリアミン学会年会プログラム及び抄録集 2020)
  • 共生褐虫藻により変動するサンゴタンパク質のパスウェイ解析
    (日本水産学会大会講演要旨集 2020)
  • ヒメダカにおけるカロテノイドの蓄積部位と卵質への影響
    (日本水産学会大会講演要旨集 2020)
  • ゼブラフィッシュ卵黄多核層における糖新生
    (日本水産学会大会講演要旨集 2020)
  • シログチおよびエゾイソアイナメ肉糊の坐りの比較
    (日本水産学会大会講演要旨集 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • アメフラシ卵に含まれるタンパク質の胚発生における働き
    神保 充 2010 -
  • サンゴの共生とレクチン 海洋生物のコミュニケーション
    神保 充 2009 -
学歴 (2件):
  • - 1995 Tokyo Institute of Technology
  • - 1995 東京工業大学 バイオサイエンス専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (1件):
  • 1995 - キリンビール 特別研究員
委員歴 (1件):
  • 2013/03 - 2019/02 日本水産学会 編集委員会
所属学会 (5件):
日本水産学会 ,  日本生化学会 ,  サンゴ礁学会 ,  日本サンゴ礁学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る