研究者
J-GLOBAL ID:200901099501828291   更新日: 2020年09月01日

森松 組子

MORIMATSU Kumiko
所属機関・部署:
職名: 助教授・准教授
研究分野 (13件): ウイルス学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  応用分子細胞生物学 ,  ウイルス学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  実験動物学
研究キーワード (35件): CKD ,  腎症候性出血熱 ,  HFRS ,  ワクチン ,  核蛋白 ,  実験動物 ,  バキュロウイルス ,  診断法 ,  マウス ,  抗原提示 ,  診断抗原 ,  カイコ ,  インテグリン ,  感染モデル ,  膜蛋白 ,  抗原性 ,  エピトープ ,  組換えバキュロウイルス ,  組み換え抗原 ,  外皮蛋白 ,  ペプチドワクチン ,  細胞融合 ,  モノクローナル抗体 ,  中和抗体 ,  レセプター ,  精製法 ,  感染防御 ,  エンベロープ ,  血清学 ,  齧歯類 ,  人獣共通感染症 ,  ハンタウイルス ,  serology ,  zoonosis ,  hantavirus
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2018 - 2019 スリランカに頻発する原因不明慢性腎臓病に関連するハンタウイルスの分子生物学的解析
  • 2016 - 2019 重症熱性血小板減少症候群(SF TS)に対する診断・治療・予防 法の開発
  • 2015 - 2018 スリランカにおけるレプトスピラ症とハンタウイルス感 染症の媒介げっ歯類に関する研究
  • 2011 - 2014 東南アジア・南アジアにおける未診断熱性疾患の解析
  • 2009 - 2012 わが国とアメリカ大陸のウイルス性人獣共通感染症の流行阻止のための研究
全件表示
論文 (175件):
  • Satoko Mori, Thidalay Thwe, Wai Min Thu, Shumpei P. Yasuda, Saw Bawm, Kimiyuki Tsuchiya, Ken Katakura, Satoru Arai, Kumiko Yoshimatsu, Hitoshi Suzuki. Species and genetic diversity of Bandicota (Murinae, Rodentia) from Myanmar based on mitochondrial and nuclear gene sequences. Mammal Research. 2020
  • Lokupathirage SMW, Muthusinghe DS, Shimizu K, Nishigami K, Noda K, Tsuda Y, Sarathkumara YD, Gunawardana S, Arikawa J, Gamage CD, et al. Serological Evidence of Thailand Orthohantavirus or Antigenically Related Virus Infection Among Rodents in a Chronic Kidney Disease of Unknown Etiology Endemic Area, Girandurukotte, Sri Lanka. Vector borne and zoonotic diseases (Larchmont, N.Y.). 2019
  • Sarathkumara YD, Gamage CD, Lokupathirage S, Muthusinghe DS, Nanayakkara N, Gunarathne L, Shimizu K, Tsuda Y, Arikawa J, Yoshimatsu K. Exposure to Hantavirus is a Risk Factor Associated with Kidney Diseases in Sri Lanka: A Cross Sectional Study. Viruses. 2019. 11. 8
  • Tosa N, Ishida T, Yoshimatsu K, Hayashimoto N, Kanae S, Takakura A, Arikawa J. Development of a multiplex immunochromatographic test for serological diagnosis of major infectious diseases in laboratory mice. J Am Assoc Lab Anim Sci. 2019
  • 土佐紀子. Comparison of immune response in mice sensitized to an animal allergen, Can f 1, and to a food allergen, ovalbumin. Biomedical Research. 2019. 40. 1. 9-15
もっと見る
MISC (60件):
  • 小山 芽以, 吉松 組子, 好井 健太朗, 有川 二郎, 苅和 宏明. イムノクロマトグラフィー法によるハンタウイルスの迅速診断法の開発. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2015. 158回. 373-373
  • 吉松 組子, 有川 二郎. ハンタウイルス肺症候群 : その発見から今日まで (第1土曜特集 感染症最前線とグローバル・ヘルス) -- (いま注目のウイルス感染症). 医学のあゆみ. 2015. 253. 1. 63-67
  • 苅和 宏明, 尾崎 由佳, 真田 崇弘, 池中 良徳, 石塚 真由美, 坪田 敏男, 好井 健太朗, 吉松 組子, 有川 二郎, 高島 郁夫. 【人と動物の共通感染症最前線10】日本のげっ歯類におけるハンタウイルス感染の血清疫学調査とエゾヤチネズミが保有するHokkaidoウイルスの分離. 獣医畜産新報. 2013. 66. 4. 262-264
  • 駒 貴明, 吉松 組子, 垂石 みどり, 宮下 大輔, 遠藤 理香, 清水 健太, 安田 俊平, 天田 貴子, 瀬戸 隆弘, 村田 亮, et al. 新世界ハンタウイルス感染症の血清型鑑別診断のための組換え核蛋白を用いた新規ELISA法の開発. 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia. 2013. 88. 1. 35-35
  • S. Chandy, K. Yoshimatsu, R. G. Ulrich, M. Schlegel, D. J. Prakash, V. Balraj, P. Abraham, J. Arikawa, G. Sridharan. Evidence of Hantavirus Infection Among Rodents in South India. INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES. 2008. 12. E131-E131
もっと見る
特許 (1件):
Works (8件):
  • スリランカにおける原因不明慢性腎臓病(CKDu)とハンタウイルス感染症の関連に関する研究
    森松(吉松) 組子 2016 - 現在
  • 腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群の中和代替試験法による鑑別診断法の開発
    1996 - 2008
  • 組換え可溶性外皮蛋白を用いたハンタウイルスワクチンおよび迅速診断キットの開発
    2001 - 2003
  • 自然免疫情報伝達系による生体防御と胎児発生の制御~新規NFкB抑制タンパク質ファミリー分子欠損マウスの解析を中心に
    2003 -
  • モノクローナル抗体および細胞内抗体導入(スクレイプローディング)法を用いたハンタウイルス核蛋白の機能の解析
    1995 - 1996
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 北海道大学 形態機能学
  • - 1989 北海道大学
学位 (2件):
  • 修士(獣医学) (北海道大学)
  • 博士(獣医学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2019/07 - 現在 北海道大学遺伝子病制御研究所 附属動物実験施設 准教授
  • 2011/05 - 2019/06 北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 微生物学免疫学分野 准教授
  • 1997/05 - 2011/05 北海道大学医学部 附属動物実験施設 助教
  • 1989 - 1997 北海道大学免疫科学研究所 教務職員
所属学会 (3件):
日本獣医学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る