{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902242579227120   整理番号:08A1117817

大正末期から昭和初期におけるじゃがいもの調理(1)主食としてのじゃがいも料理-調理科学の視点から-

著者 (3件):
資料名:
号: 815  ページ: 22-42  発行年: 2008年09月01日
JST資料番号: L5596A  ISSN: 1348-0103  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
日本の食生活全集を資料として大正末期から昭和初期のじゃがいもを用いたごはんものについて,調理科学的観点より検討した。じゃがいもをかてとして用いたいも飯は食事上で重要な主食であり,増量剤としてのじゃがいもの実態および厳しい生活事情が推察できた。じゃがいもその他の野菜を用いた雑炊は残りご飯を利用した簡単な食事であり,じゃがいもはたくさんの野菜のひとつとして使われていた。カレーライスの材料としてじゃがいもは必須であり,じゃがいもを用いていないカレーライスはなかった。この時代における都市部と農山漁村の生活レベルの顕著な格差が推察できた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
野菜とその加工品 

前のページに戻る