{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902256777069957   整理番号:08A0955376

ロボット聴覚のための視聴覚音声発話区間検出の検討

Audio-Visual Voice Activity Detection for Robot Audition
著者 (3件):
資料名:
巻: 26th  ページ: ROMBUNNO.1A2-03  発行年: 2008年09月09日
JST資料番号: L4867A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
音声発話区間検出は,雑音環境下での音声認識の精度を向上させるための重要な技術の1つである。ロボットは雑音環境下で動作し,またロボットの持つモータやファンの駆動音も存在するので,ロボットが聞く音響信号は雑音によって汚されている。そのため,ロボットを対象にした発話区間検出には雑音に対する高いロバスト性が求められる。本稿では,複数の発話区間検出手法を統合しやすいベイズ決定則を用いて,これまでに用いられてきた発話区間検出手法に視覚情報を統合して発話区間検出を行い,その精度を向上させる手法を提案する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの設計・製造・構造要素 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る