特許
J-GLOBAL ID:200903003544605105

塗工膜厚制御方法及び制御システム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 内田 敏彦
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-294850
公開番号(公開出願番号):特開2000-117181
出願日: 1998年10月16日
公開日(公表日): 2000年04月25日
要約:
【要約】【課題】塗工膜厚測定用センサの測定から塗工量調節装置の操作までの時間を短縮でき、また固化後の塗工膜を測定したときに生じる損失を減少させることができる塗工膜厚制御方法及び制御システム。【解決手段】塗工幅方向(矢符X方向)へ定置した複数個のセンサ5,5,5で得た複数の測定値A1,A2,A3と設定値Bとの偏差を小さくするように塗工装置1の塗工量調節装置3,3を操作すること。
請求項(抜粋):
塗工膜厚測定用センサの測定値に基づいて塗工装置の塗工量調節装置を操作して被塗工物に塗工する塗工膜厚を制御する塗工膜厚制御方法において、塗工幅方向へ定置した複数個の前記センサで得た複数の測定値と設定値との偏差を小さくするように塗工量調節装置を操作することを特徴とする塗工膜厚制御方法。
IPC (3件):
B05C 11/02 ,  B05C 5/02 ,  B05D 3/00
FI (3件):
B05C 11/02 ,  B05C 5/02 ,  B05D 3/00 F
Fターム (25件):
4D075AB01 ,  4D075AB52 ,  4D075AC04 ,  4D075AC26 ,  4D075AC35 ,  4D075AC72 ,  4D075AC92 ,  4D075AC93 ,  4D075DA04 ,  4D075DB01 ,  4D075DB18 ,  4F041AA02 ,  4F041AA12 ,  4F041BA34 ,  4F041BA57 ,  4F041CA23 ,  4F042AA02 ,  4F042AA22 ,  4F042BA12 ,  4F042BA25 ,  4F042DD04 ,  4F042DD07 ,  4F042DD09 ,  4F042DD19 ,  4F042DD46
引用特許:
審査官引用 (3件)
  • 塗布膜厚の制御方法
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平7-343798   出願人:川崎製鉄株式会社
  • 特開昭61-274765
  • 特開昭61-274765

前のページに戻る