研究者
J-GLOBAL ID:201001004276989817   更新日: 2019年12月14日

保木 邦仁

ホキ クニヒト | Hoki Kunihito
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 知能情報学 ,  エンタテインメント・ゲーム情報学
研究キーワード (2件): ゲーム情報学 ,  Game Informatics
論文 (32件):
  • Takefumi Kawakami, Takanori Ide, Kiyohisa Tomita, Eiji Moriyama, Kunihito Hoki, Masakazu Muramatsu. Recognizing Similarities in Automatic Transmissions of Vehicles by Using Time Series Data and Autoencorders. WCX SAE World Congress Experience. 2019. 2019-01-0343
  • 松井亮平、保木邦仁. 強化学習法によるデジタルカーリングの初歩的な行動知識の獲得. 情報処理学会論文誌. 2018. 59. 11. 2063-2073
  • Takefumi Kawakami, Takanori Ide, Kiyohisa Tomita, Eiji Moriyama, Hiroshi Tsutsui, Kunihito Hoki, Masakazu Muramatsu. Classification of time series measurement data for lock-up clutch of automatic transmission of vehicles using deep convolutional neural networks. WCX World Congress Experience. 2018. 2018-01-0399
  • Nobuo Araki, Kunihito Hoki, Masakazu Muramatsu. Improved simulation adjusting. ICGA Journal. 2017. 39. 3-4. 195-204
  • Yuki Sukenari, Kunihito Hoki, Satoshi Takahashi, Masakazu Muramatsu. Pure Nash Equilibria of Competitive Diffusion Process. Discrete Applied Mathematics. 2016. 215. C. 31-40
もっと見る
MISC (10件):
  • 保木邦仁. コンピュータ将棋が採用している局面評価の機械学習・力づく探索・合議法. 経営情報学会誌. 2012. 21. 97-100
  • 保木邦仁. 化学とゲーム情報学の意外な接点. Molecular Science. 2012. 6. A0050
  • 保木邦仁. 「コンピュータ将棋が採用している局面評価の機械学習・力づく探索・合議法」. 経営情報学会誌. 2012. 21. 2. 97-100
  • 保木邦仁. Craftyと比較したBonanzaの有効分岐因子 (<レクチャーシリーズ>コンピュータ将棋の技術〔第1回〕). 人工知能学会誌. 2011. 26. 3. 295-300
  • 鶴岡慶雅、金子知適、山下宏、保木邦仁. あから2010勝利への道 : 4.清水女流王将 vs あから2010:コンピュータの思考過程を追う. 情報処理. 2011. 52. 2
もっと見る
書籍 (6件):
  • ボナンザVS勝負脳-最強将棋ソフトは人間を超えるか
    角川書店 2007
  • 数の暴力で人間に挑戦! Bonanza の誕生,人間に勝つコンピュータ将棋の作り方【あから2010を生み出したアイデアと工夫の軌跡】
    技術評論社 2012
  • 文殊の誕生,あから2010の人間への挑戦,人間に勝つコンピュータ将棋の作り方【あから2010を生み出したアイデアと工夫の軌跡】
    技術評論社 2012
  • コンピュータ将棋の進歩
    共立出版 2012
  • 人工知能学大辞典
    人工知能学会 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • チェスプログラムを用いた合議アルゴリズムの効果の検証
    (情報処理学会ゲーム情報学(GI),研究報告, 26, pp. 17, 2011 2011)
  • コンピュータ大貧民に対する差分学習法の応用
    (情報処理学会ゲーム情報学(GI),研究報告 2012-GI-27 No. 1 2012)
  • 着手の不可逆的性質を利用したDFPN探索によるYonmoqueの求解
    (情報処理学会ゲーム情報学(GI),研究報告 2013-GI-29 No.6 2013)
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (7件):
  • 2000/04/01 - 2003/03/31 東北大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2003/05/01 - 2006/05/31 トロント大学化学科 博士研究員
  • 2006/06/01 - 2007/03/31 東北大学大学院理学研究科 研究支援者
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 東北大学大学院理学研究科 助教
  • 2010/04/01 - 2010/07/31 東北大学高等教育開発推進センター 助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2015/04 - 情報処理学会論文誌編集委員
  • 2015/04 - 情報処理学会ゲーム情報学運営委員
受賞 (9件):
  • 2018/07/20 - Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC) CEDEC AWARDS 2018 特別賞 著述賞
  • 2015/03/21 - 情報処理学会 長尾真記念特別賞
  • 2014/04/25 - International Computer Games Association (ICGA) ICGA Journal Award
  • 2013/05/05 - コンピュータ将棋協会 第23回世界コンピュータ将棋選手権優勝
  • 2012/11/17 - Taiwanese Association for Artificial Intelligence Excellent Paper Award
全件表示
所属学会 (4件):
人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  分子科学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る