研究者
J-GLOBAL ID:201001023189960831   更新日: 2021年09月12日

落合 和彦

オチアイ カズヒコ | KAZUHIKO OCHIAI
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.nvlu.ac.jp/
研究分野 (5件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (3件): 分子生物学 ,  基礎獣医学 ,  実験動物学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2024 細胞骨格ダイナミクスに基づく分子輸送制御システムの解明と革新的癌創薬への新展開
  • 2019 - 2022 組織血液型抗原とがん・感染症に関する基盤的研究
  • 2019 - 2022 イヌAR複合体を起点としたホルモン療法抵抗性前立腺がん診断・治療戦略の創出
  • 2018 - 2022 腫瘍におけるBRCA2の変異と結合分子群の機能解明を目的とした新規モデルの作出
  • 2016 - 2019 輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開
全件表示
論文 (88件):
  • Naoki Hanari, Tomokazu Nagashima, Yukino Machida, Yoshiaki Kubo, Yuji Hamamoto, Junichi Kamiie, Kazuhiko Ochiai, Daigo Azakami, Masaki Michishita. Gastric Plasmacytoma with Immunoglobulin Lambda Light Chain Deposition in a Dog. Journal of comparative pathology. 2021. 187. 7-10
  • Kazuhiko Ochiai, Samak Sutijarit, Mitsuki Uemura, Masami Morimatsu, Masaki Michishita, Eri Onozawa, Marika Maeda, Takanori Sasaki, Masami Watanabe, Yoshikazu Tanaka, et al. The number of glutamines in the N-terminal of the canine androgen receptor affects signalling intensities. Veterinary and comparative oncology. 2021. 19. 2. 399-403
  • Hisashi Yoshimura, Maiko Moriya, Ayaka Yoshida, Masami Yamamoto, Yukino Machida, Kazuhiko Ochiai, Masaki Michishita, Takayuki Nakagawa, Yoko Matsuda, Kimimasa Takahashi, et al. Involvement of Nestin in the Progression of Canine Mammary Carcinoma. Veterinary pathology. 2021. 3009858211018656-3009858211018656
  • Yasunaga Yoshikawa, Masami Morimatsu, Kazuhiko Ochiai, Toshina Ishiguro-Oonuma, Ryo Morioka, Kento Okuda, Koichi Orino. Identification of the core motif of the BRCA2 C-terminal RAD51-binding domain by comparing canine and human BRCA2. The Journal of veterinary medical science. 2021. 83. 5. 759-766
  • Shota Kawakami, Masaki Michishita, Motoharu Sakaue, Masami Morimatsu, Mitsuki Uemura, Nobuaki Kashiwagi, Marika Maeda, Yukino Machida, Daigo Azakami, Ai S Egusa, et al. Novel canine isocitrate dehydrogenase 1 mutation Y208C attenuates dimerization ability. Oncology letters. 2020. 20. 6. 351-351
もっと見る
MISC (27件):
特許 (2件):
  • REIC/Dkk-3タンパク質の部分領域ポリペプチド
  • 乳酸菌により二本鎖RNAを生成するキット及びその利用
講演・口頭発表等 (71件):
  • 癌抑制遺伝子Brca2のイントロン1における発現調節機構の解析
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • がん関連遺伝子の細胞内相互作用解析から見えてくるもの
    (第164回日本獣医学会学術集会 生理・生化学分科会/臨床分科会(小動物)合同シンポジウム 2021)
  • ネコAB式血液型を担うCMAH遺伝子解析の臨床応用への検討
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • 犬の乳腺腫瘍オルガノイドの樹立
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • 犬の乳腺腫瘍におけるnestinの発現と悪性挙動への関与
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2005 岐阜大学
  • - 2001 岩手大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (岐阜大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医衛生学研究室 准教授
  • 2016/04 - 2020/03 日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 准教授
  • 2012/04 - 2016/03 日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 講師
  • 2011/04 - 2012/03 日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 助教
  • 2009/04 - 2011/03 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合研究支援センター動物資源研究部門 助教
全件表示
所属学会 (4件):
日本比較臨床医学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る