研究者
J-GLOBAL ID:201001023848150940   更新日: 2020年06月03日

加藤 清考

カトウ セイコウ | Kato Seikou
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (6件): 量子色力学 ,  クォーク閉じ込め ,  Yang-Mills理論 ,  格子ゲージ理論 ,  場の量子論 ,  素粒子
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 有効理論による低エネルギーQCDに関する研究
論文 (10件):
MISC (11件):
  • Gauge-independent derivation of "Abelian" dominance and magnetic monopole dominance in the string tension. PoS(LATTICE2009) 228. 2009
  • A new description of lattice Yang-Mils theory and non-Abelian monopoles as the quark confiner. PoS(LATTICE2008) 268-274. 2008
  • Toward gauge independent study of confinement in SU(3) Yang-Mills theory. PoS(LAT2007) 331-338. 2007
  • Gluon mass generation and infrared Abelian dominance in Yang-Mills theory. PoS LAT2006(2006) 074-080. 2006
  • Quark confinement and gauge invariant monopoles in SU(2) YM. PoS LAT2006 (2006) 068-074. 2006
もっと見る
書籍 (4件):
  • 初歩から学ぶ基礎物理学 電磁気・原子
    大日本図書 2010
  • 初歩から学ぶ基礎物理学 熱・波動
    大日本図書 2010
  • 初歩から学ぶ基礎物理学 力学II
    大日本図書 2010
  • 初歩から学ぶ基礎物理学 力学I
    大日本図書 2010
講演・口頭発表等 (30件):
  • Gauge-independent “Abelian” and magnetic-monopole dominance, and the dual Meissner effect in lattice SU(2) Yang-Mills theory
    (日本物理学会年会(早稲田大学) 2015)
  • SU(2)格子Yang-Mills理論における支配的カラー電束成分の抽出と双対マイスナー状態のタイプ
    (日本物理学会年会(広島大学) 2013)
  • Quark confinement and non-Abelian magnetic monopoles in SU(3) Yang-Mills theory
    (日本物理学会年会(関西学院大学) 2012)
  • Gauge-independent derivation of "Abelian" dominance and magnetic monopole dominance in the string tension
    (The XXVII International Symposium on Lattice Field Theory "Lattice 2009"(Peking University, Beijing, China) 2009)
  • 格子ゲージ理論における非線形変数変換と非可換ストークスの定理を用いるWilson loop期待値の解析
    (日本物理学会年会(立教大学) 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 金沢大学 自然科学研究科 物質科学
  • - 1995 金沢大学 理学部 物理学
学位 (2件):
  • 修士(理学) (金沢大学)
  • 博士(理学) (金沢大学)
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る