研究者
J-GLOBAL ID:201001029667992335   更新日: 2021年04月01日

若菜 茂晴

ワカナ シゲハル | WAKANA Shigeharu
所属機関・部署:
職名: 施設長
研究分野 (1件): 実験動物学
研究キーワード (3件): 表現型解析 ,  マウス ,  老化研究モデル
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2018 新規オキシトシン製剤を用いた自閉スペクトラム症の革新的治療法の開発と治療効果予測技術の開発、および発症とその改善効果発現のメカニズム解明に基づく次世代治療薬シーズの創出
  • 2017 - 老化研究推進・支援拠点
  • 2014 - 2016 発達障害を中心とする精神疾患の生物学的基盤を検証するマウス総合解析システムの構築
  • 2011 - 2016 マウスを用いたゲノム高度可塑化因子の同定とその応用
  • 2011 - 2014 マウス胎生妊娠期の栄養環境による発達障害発症機構の解明
全件表示
論文 (112件):
  • Furuse T, Mizuma H, Hirose Y, Kushida T, Yamada I, Miura I, Masuya H, Funato H, Yanagisawa M, Onoe H, et al. A new mouse model of GLUT1 deficiency syndrome exhibits abnormal sleep-wake patterns and alterations of glucose kinetics in the brain. Disease models & mechanisms. 2019. 12. 9. dmm038828
  • Shimazu T, Furuse T, Balan S, Yamada I, Okuno S, Iwanari H, Suzuki T, Hamakubo T, Dohmae N, Yoshikawa T, et al. Role of METTL20 in regulating β-oxidation and heat production in mice under fasting or ketogenic conditions. Scientific reports. 2018. 8. 1. 1179
  • Jan Rozman, Birgit Rathkolb, Manuela A. Oestereicher, Christine Schütt, Aakash Chavan Ravindranath, Stefanie Leuchtenberger, Sapna Sharma, Martin Kistler, Monja Willershäuser, Robert Brommage, et al. Identification of genetic elements in metabolism by high-throughput mouse phenotyping. Nature Communications. 2018. 9. 1
  • Kim K, Suzuki A, Kojima H, Kawamura M, Miya K, Abe M, Yamada I, Furuse T, Wakana S, Sakimura K, et al. Autophosphorylation of F-actin binding domain of CaMKIIβ is required for fear learning. Neurobiology of learning and memory. 2018. 157. 86-95
  • Gotoh H, Miura I, Wakana S. Genetic mapping of a male factor subfertility locus on mouse chromosome 4. Mammalian genome : official journal of the International Mammalian Genome Society. 2018. 29. 9-10. 663-669
もっと見る
MISC (151件):
  • Mika Terumitsu-Tsujita, Hiroki Kitaura, Ikuo Miura, Yuji Kiyama, Fumiko Goto, Yoshiko Muraki, Shiho Ominato, Norikazu Hara, Anna Simankova, Norihisa Bizen, et al. Glial pathology in a novel spontaneous mutant mouse of the Eif2b5 gene: a vanishing white matter disease model. Journal of neurochemistry. 2019
  • 山田 郁子, 串田 知子, 山末 英典, 古瀬 民生, 若菜 茂晴. ASDモデルマウスに対するオキシトシン投与効果の評価を目的とした表現型解析プラットフォームの開発 コントロールデータの収集. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 219-219
  • 古瀬 民生, 山田 郁子, 串田 知子, 綾部 信哉, 吉木 淳, 山末 英典, 若菜 茂晴. ASDモデルマウスに対するオキシトシン投与効果の評価を目的とした表現型解析プラットフォームの開発 既存モデルマウスを用いた検証. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 219-219
  • 小澤恵代, 山田郁子, 鈴木智広, 古瀬民生, 三浦郁生, 小林喜美男, 桝屋啓志, 田村勝, 若菜茂晴. IMPC加齢性表現型パイプラインにおける各種遺伝子機能の検討. 日本実験動物学会総会講演要旨集. 2018. 65th. 180
  • 山田郁子, 串田知子, 鈴木智広, 小林喜美男, 三浦郁生, 古瀬民生, 若菜茂晴. 発達障害様行動解析テストバッテリーの構築とASDモデル候補マウスの行動表現型解析. 日本実験動物学会総会講演要旨集. 2018. 65th. 148
もっと見る
書籍 (5件):
  • マウス表現型解析スタンダード〜系統の選択、飼育環境、臓器・疾患別解析のフローチャートと実験例 (実験医学別冊)
    羊土社 2016 ISBN:4758101981
  • 論文ができてしまう! 疾患モデルマウス表現型解析指南
    中山書店 2011 ISBN:4521734499
  • マウス表現型解析プロトコール
    秀潤社 2006
  • マウスラボマニュアル第2版
    シュプリンガー・フェアラーク東京 2003
  • マウスラボマニュアル
    シュプリンガー・フェアラーク東京 1998
学歴 (1件):
  • 1981 - 1986 名古屋大学大学院 家畜育種
学位 (1件):
  • 農学博士 (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2021/04 - 現在 神戸医療産業都市推進機構 動物実験飼育施設 施設長
  • 2018/04 - 現在 先端医療研究センター 老化機構研究部 上席研究員
  • 2008/04 - 2018/03 理化学研究所 バイオリソースセンターマウス表現型解析開発チーム チームリーダー
  • 2000/04 - 2008/03 理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター動物機能情報研究グループ チームリーダー
  • 1994/04 - 2000/03 (財)実験動物中央研究所 遺伝子解析研究室 室長代理
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2014/04 - 現在 Editorial boad of Mammalian Genome
  • 2014/04 - 現在 日本実験動物学会 評議員
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本実験動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る