研究者
J-GLOBAL ID:201001030120454078   更新日: 2020年11月25日

鈴木 孝将

スズキ タカユキ | Suzuki Takayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 薄膜、表面界面物性 ,  半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (3件): 走査型プローブ顕微鏡 ,  有機-無機半導体ハイブリッド構造 ,  半導体表面
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2015 - 2018 個々の有機分子を自己組織的に配列させた超高密度記録媒体の試作
  • 2013 - 2016 Fabrication of plasmonic metal nano-structures for photocurrent generation drawing an innovation for design of thin-film solar cells
  • 2012 - 2014 金属及び半導体上に形成する同一性酸化シリコン単分子層の構造とバンドギャップ
  • 2010 - 2011 半導体表面上の多環芳香族分子の化学吸着構造と電気伝導特性に関する研究
  • 1998 - 2000 超高真空ホログラフィー電子顕微鏡によるSi高指数表面の研究
全件表示
論文 (72件):
MISC (7件):
  • 鈴木孝将. 令和元年度日本表面真空学会九州支部学術講演会開催報告. 表面と真空. 2019. 62. 8. 528-528
  • 鈴木孝将, 柳生数馬. Ge表面上のPTCDA分子の吸着構造に関する研究. Research : 福岡大学総合研究所ニュース&レポート. 2018. 23. 2. 48-50
  • 柳生数馬, 鈴木孝将. Angle resolved photoemission spectroscopy on Pd intercalated graphenes grown on a SiC(0001) surface. Activity Report Synchrotron Light Application Center 2015-2016. 2017. 58-59
  • 鈴木孝将. イギリスでの在外研究を終えて. Research : 福岡大学総合研究所ニュース&レポート. 2017. 22. 1. 8-10
  • 鈴木孝将, 友景 肇, 柳生数馬. Si表面上の有機半導体分子の吸着構造に関する研究. Research : 福岡大学総合研究所ニュース&レポート. 2015. 20. 4. 48-50
もっと見る
書籍 (2件):
  • 表面物性工学ハンドブック第2版 第14章、3.3節「微傾斜面におけるステップ配列」
    丸善 2007
  • ミクロの世界・物質編 目で観る物性論
    学際企画 1998
学歴 (2件):
  • 1995 - 1998 東京工業大学 物理学専攻
  • 1989 - 1993 東京工業大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
経歴 (14件):
  • 2015 - 2016 在外研究員、Chemistry department, Warwick University, Coventry, UK.
  • 2010 - 2012 福岡大学 工学部 准教授
  • 2012 - 福岡大学 工学部 教授
  • 2010 - 2010 福岡大学 工学部 ポスト・ドクター
  • 2006 - 2009 Researcher, Nanoscale Science Department, Max-Planck-Institute for Solid State Research, Stuttgart, Germany.
全件表示
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本表面真空学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る