研究者
J-GLOBAL ID:201001044330033750   更新日: 2020年08月31日

山内 潤治

ヤマウチ ジュンジ | Yamauchi Junji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 通信工学
研究キーワード (10件): Surface-wave antennas ,  Finite-difference methods ,  Beam-propagation methods ,  Numerical analysis ,  Optical waveguides ,  表面波アンテナ ,  有限差分法 ,  ビーム伝搬法 ,  数値解析 ,  光導波路
論文 (154件):
  • Tomoki Abe, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Steering of the circularly polarized beam from a spiral antenna. Communications Express. 2020. 9. 6. 194-199
  • 山内潤治, 中川雄斗, 中野久松. 広帯域に動作するL字Si細線導波路型偏波変換器の設計法. 電子情報通信学会論文誌C. 2020. J103-C. P-60
  • Junji Yamauchi, Yuto Nakagawa, Hisamatsu Nakano. Widening the polarization conversion properties of an L-figured Si-wire waveguide. Microoptics Conference, Toyama. 2019. P-60
  • Tatsuya Aso, Takehiro Ishiguro, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Effects of core aspect-ratio in bent buried Si-wire waveguides. Microoptics Conference, Toyama. 2019. P-74
  • Ryota Nakada, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Metallic quarter-wave plate composed of periodic crossed slots with the same length. URSI-Japan Radio Science Meeting. 2019. BP-27
もっと見る
MISC (119件):
  • Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Mitsunori Muraki, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Study of the numerical dispersion of the time-domain beam-propagation method. The 11th International Symposium on Microwave and Optical Technology, Rome, Italy. 2007. 789-792
  • Junji Yamauchi. Numerical modeling of polarization converters. The Third Research Forum of Japan-Indo Collaboration Project on Infrastructural Communication Technologies Supporting Fully Ubiquitous Information Society, New Delhi, (Plenary Talk). 2007. 1-6
  • Tomohide Yamazaki, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Comparison between the full-vectorial BPMs based on the pure Crank-Nicolson and McKee-Mitchell schemes. 5th Workshop on Fibres and Optical Passive Components, Taipei, Taiwan. 2007. TH3A-3 (全2頁)
  • Junji Yamauchi, Naoya Shimada, Hisamatsu Nakano. Semivectorial BPM analysis of an asymmetrical step-index slab waveguide using a sigmoid function. 5th Workshop on Fibres and Optical Passive Components, Taipei, Taiwan. 2007. TH3A-4 (全2頁)
  • Jun Shibayama, Ryo Takahashi, Junji Yamauchi, Hisamatsu Nakano. Frequency-dependent locally one-dimensional FDTD analysis of plasmonic waveguide devices. The Second European Conference on Antennas and Propagation, EuCAP 2007, Edinburgh, UK. 2007. Fr1.7.5
もっと見る
特許 (18件):
もっと見る
書籍 (6件):
  • The World of Applied Electromagnetics
    Springer International Publishing 2017
  • Handbook of Antenna Technologies
    Springer 2015
  • 光配線実装技術ハンドブック
    (株)オプトエレクトロニクス社 2008
  • 光導波路解析入門
    森北出版株式会社 2007
  • Propagating beam analysis of optical waveguides
    Research Studies Press, U.K. 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 低屈曲損誘電体光導波路の開発・設計
    (法政大学新技術説明会 2019)
  • 電磁波伝搬解析における残された課題
    (電子情報通信学会総合大会依頼シンポジウム-光デバイス設計におけるシミュレーション技術の応用と今後の課題(BCI-1-1) 2017)
  • マクスウェルの方程式に魅せられて-150周年を迎えて
    (電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション研究会 2015)
  • エアリー波束を用いた光ビーム制御
    (電子情報通信学会ソサイエティ大会依頼シンポジウムー光通信・光情報処理における光波計測・制御技術の進展(BCI-2-6) 2014)
  • 高屈折率差を有する光導波路の数値解析
    (電子情報通信学会シリコンフォトニクス時限研究会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1978 - 1982 法政大学 工学研究科 電気工学
  • 1978 - 1982 法政大学 工学研究科 電気工学
学位 (2件):
  • 工学修士 (法政大学)
  • 工学博士 (法政大学)
経歴 (11件):
  • 2013/04/01 - 法政大学理工学研究科電気電子工学専攻兼担教授
  • 2000/04/01 - 2013/03/31 法政大学大学院工学研究科情報電子工学専攻 兼担教授(「通信伝送工学特論」担当)
  • 2008/04/01 - 法政大学理工学部教授
  • 1994/04/01 - 2008/03/31 法政大学工学部 教授(「電波光波伝送工学」担当)
  • 1994/04/01 - 2000/03/31 法政大学大学院工学研究科電気工学専攻 兼担教授(「光波伝送工学特論」担当)
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2011/02/12 - 2019/01/31 電子情報通信学会集積光デバイスと応用技術時限研究専門委員会 専門委員
  • 2019/01/01 - 米国電気電子学会(IEEE) Life Fellow
  • 2012/01/01 - 2018/12/31 米国電気電子学会(IEEE) Fellow
  • 2011/05/28 - 2013/05 電子情報通信学会英文論文誌C編集委員会 英文アドバイザリィ
  • 2012/05/26 - 電子情報通信学会光エレクトロニクス研究専門委員会 顧問
全件表示
受賞 (14件):
  • 2018/08/03 - Best Mathematical Oriented Poster Award Polarization crosstalk generated in a bent Si-wire waveguide with sidewall roughness
  • 2017/06/27 - International Symposium on Microwave and Optical Technology Best Paper Award of International Symposium on Microwave and Optical Technology Transmission characteristics of a sample holder using terahertz frequency selective surfaces
  • 2017/03/24 - 電子情報通信学会 電子情報通信学会 教育功労賞 光エレクトロニクス分野研究会への学生参加活性化と研究開発活動の啓発
  • 2017/03/09 - IEEE IEEE Ulrich L. Rohde Innovative Conference Paper Award on Computational Techniques in Electromagnetics Reformulations of implicit FDTD and beam-propagation methods using the fundamental scheme
  • 2016/03/16 - 電子情報通信学会 光エレクトロニクス研究会学生優秀研究賞 (受賞者大機慎太朗の研究指導責任者として) 周期構造を利用したプラズモニックブラックポールのFDTD解析
全件表示
所属学会 (4件):
THE ELECTROMAGNETICS ACADEMY ,  米国光学会(OSA) ,  米国電気電子学会(IEEE) ,  電子情報通信学会(旧 電子通信学会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る