研究者
J-GLOBAL ID:201001048027757130   更新日: 2021年04月16日

瓜田 幸幾

Urita Koki
ホームページURL (1件): http://www.cms.nagasaki-u.ac.jp/lab/bukka/Bukka/groupA.html
研究分野 (2件): ナノ材料科学 ,  ナノ構造化学
研究キーワード (6件): 表面科学 ,  ナノ構造解析 ,  ナノカーボン ,  TEM) ,  Structure analysis (Adsorption ,  Nanocarbon materials
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2022 原子分解能その場観察解析に基づく触媒機能の原理解明と革新的触媒創製
  • 2018 - 2021 活物質/ナノ多孔カーボン複合材料の充放電プロセスの解明と全固体電池電極への新展開
  • 2018 - 2019 Mgイオンをキャリアとする新規キャパシタの創製
  • 2016 - 2019 In-situ STEMによる電極反応プロセスの直接観察と高性能電極材料の創製
  • -
論文 (68件):
もっと見る
MISC (12件):
書籍 (16件):
  • PCP/MOFおよび各種多孔質材料の作り方,使い方,評価解析
    技術情報協会 2019
  • ポーラスカーボン材料の合成と応用
    CMC出版 2019
  • リチウムイオン二次電池用炭素系負極材の開発動向
    CMC出版 2019
  • ナノ多孔性蓄電電極材料の開発
    ケミカルエンジニアリング 2019
  • 総説 吸着分離回収材料の新展開 「ナノ多孔性蓄電電極材料の開発」
    化学工業社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • Structural analysis for designing carbon electrodes
    (第46回炭素材料学会年会)
  • 凍結乾燥 SWCNT の細孔構造
    (第33回日本吸着学会研究発表会)
  • Effect of confined nanospaces on charge/discharge performance of carbon electrodes
    (Okinawa Colloid 2019)
  • Designing porous carbon electrodes based on understanding local structures
    (The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13))
  • Deigning porous carobn electrodes for energy storage devicese
    (The 14th domestic meeting of New Carbon Materials 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2008 千葉大学
  • - 2008 千葉大学
  • - 2003 千葉大学 化学科
  • - 2003 千葉大学
学位 (1件):
  • Doctor (Science) (Chiba University)
委員歴 (1件):
  • 2018/01 - 現在 炭素材料学会 次世代の会幹事
所属学会 (11件):
コロイドおよび界面化学部会 ,  電気化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  炭素材料学会 ,  APS ,  ACS ,  Chemical Society of Japan ,  The Japanese Society of Microscopy ,  The Carbon Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る