研究者
J-GLOBAL ID:201001075253217994   更新日: 2022年06月28日

福田 康弘

フクダ ヤスヒロ | Fukuda Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.agri.tohoku.ac.jp/health/fukuda.html
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  進化生物学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2021 - 2024 未培養ルーメン微生物による非食用バイオマスの分解機構の解明とメタン発酵の高効率化
  • 2021 - 2023 配偶核形成に必須の新奇なゲノム切断について,クロマチン再構築を伴う修復機構の研究
  • 2017 - 2021 機能性ルーメン微生物群集の高密度・コンパクト化による非食用バイオマスのメタン発酵
  • 2018 - 2021 配偶核形成にて発見した新奇なゲノム切断(DSB)が誘発するクロマチン再構築の研究
  • 2015 - 2018 配偶核にて発見した新奇な「ゲノムの切断と修復」の機構と機能の解明
全件表示
論文 (63件):
  • Hironori Bando, Yasuhiro Fukuda, Nina Watanabe, Jeje Temitope Olawale, Kentaro Kato. Depletion of Intracellular Glutamine Pools Triggers Toxoplasma gondii Stage Conversion in Human Glutamatergic Neurons. Frontiers in Cellular and Infection Microbiology. 2022. 11
  • Shuhei Takizawa, Ryoki Asano, Yasuhiro Fukuda, Yasunori Baba, Chika Tada, Yutaka Nakai. Shifts in xylanases and the microbial community associated with xylan biodegradation during treatment with rumen fluid. Microbial Biotechnology. 2021
  • Riku Sakurai, Shuhei Takizawa, Yasuhiro Fukuda, Chika Tada. Exploration of microbial communities contributing to effective methane production from scum under anaerobic digestion. PLOS ONE. 2021. 16. 9. e0257651-e0257651
  • 松原立真, 村越ふみ, 多田千佳, 福田 康弘, 中井裕. オルソ剤と飽和水酸化カルシウム水溶液の相乗効果による Cryptosporidium parvum オーシストの不活化. 日本畜産環境学会会誌. 2021. 21. 1
  • Jeje Temitope Olawale, Hironori Bando, Yasuhiro Fukuda, Ibukun Emmanuel Oluwafemi, Kentaro Kato. Aqueous extract of Phyllanthus niruri protects against severe malaria by blocking erythrocyte invasion and modulating the host immune response. 2021
もっと見る
MISC (64件):
もっと見る
特許 (1件):
  • ルーメン液によるセルロース含有廃棄物を用いた有機酸発酵方法
書籍 (3件):
  • 「アメーバのはなし -原生生物・人・感染症-」
    朝倉書店 2018
  • 人獣共通感染症第3版
    医薬ジャーナル 2016
  • Marine Protists
    Springer Japan 2015 ISBN:9784431551294
講演・口頭発表等 (31件):
  • 繊毛虫テトラヒメナの二価染色体形成における Snf2 様タンパク質の役割
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
  • テトラヒメナの二価染色体形成における減数第一分裂前期特異的タンパク質 Mep1 の役割
    (第 54 回 日本原生生物学会大会 2021)
  • 繊毛虫テトラヒメナの配偶核形成から発見された新奇な DNA 二本鎖切断(DSB)と、その機能的意義
    (第43回 日本分子生物学会年 2020)
  • 減数第 1 分裂前期において特異的な機能をもつテトラヒメナの Snf2 クロマチン再構成酵素
    (第52回 日本原生生物学会大会(水戸大会) 2019)
  • 繊毛虫テトラヒメナで見いだされた配偶核形成に不可欠な DNA 切断
    (第2回原生生物・寄生虫・進化セミナー 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 金沢大学 生命科学
  • - 2004 金沢大学 生物学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (金沢大学)
委員歴 (10件):
  • 2021/11 - 現在 日本原生動物学会 評議員
  • 2021/11 - 現在 日本原生動物学会 庶務
  • 2021/02 - 2021/11 第 4 回 ACOP プログラム編集委員長
  • 2012/04 - 2018/11 日本原生動物学会 評議員
  • 2018/01 - 2018/03 日本藻類学会 第 42 回仙台大会実行委員会
全件表示
受賞 (9件):
  • 2016/12/01 - 日本分子生物学会 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞
  • 2015/06/20 - 日本畜産環境学会 日本畜産環境学会奨励賞
  • 2013/11/10 - 日本原生動物学会 日本原生動物学会ベストプレゼンテーション賞
  • 2012/04 - 東北大学 持続可能な農林水産業構築プロジェクト 個人型海外研究派遣
  • 2009/06/01 - 日本原生動物学会 日本原生動物学会 奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本藻類学会 ,  International Society of Evolutional Protistology ,  International society of protistologists ,  日本進化原生生物研究会 ,  日本原生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る