研究者
J-GLOBAL ID:201001075253217994   更新日: 2020年09月01日

福田 康弘

フクダ ヤスヒロ | Fukuda Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9b905eded2012cf44a94e6720d406aeb.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/9b905eded2012cf44a94e6720d406aeb.html
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  進化生物学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2010 - 原生生物の進化と多様性
論文 (50件):
  • Shuhei Takizawa, Yasunori Baba, Chika Tada, Yasuhiro Fukuda, Yutaka Nakai. Sodium dodecyl sulfate improves the treatment of waste paper with rumen fluid at lower concentration but decreases at higher condition. Journal of Material Cycles and Waste Management. 2020. 22. 3. 656-663
  • Chol Gyu Lee, Yasunori Baba, Ryoki Asano, Yasuhiro Fukuda, Chika Tada, and Yutaka Nakai. Identification of bacteria involved in the decomposition of lignocellulosic biomass treated with cow rumen fluid by metagenomic analysis. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2020
  • S.Takizawa, K.Abe, Y. Fukuda, M.Feng, Y. Baba, C. Tada, Y. Nakai. Recovery of the fibrolytic microorganisms from rumen fluid by flocculation for simultaneous treatment of lignocellulosic biomass and volatile fatty acid production, Journal of Cleaner Production. Journal of Cleaner Production. 2020
  • Masaki Umetsu, Takaaki Sunouchi, Yasuhiro Fukuda, Hideyuki Takahashi, Chika Tada. Functional Group Distribution of the Carrier Surface Influences Adhesion of Methanothermobacter thermautotrophicus. Archaea. 2020
  • Masaki UMETSU, Yasuhiro FUKUDA, Hideyuki TAKAHASHI, Chika TADA. Electricity Generation by a Methanogen Cathode Microbial Fuel Cell. Journal of Animal Production Environment Science. 2019
もっと見る
MISC (6件):
  • 馬場保徳, 多田千佳, 福田康弘, 中井裕. ウシの第一胃内容液を活用したメタン発酵と資源循環システム. バイオサイエンスとインダストリー. 2015. 73. 2. 141-145
  • 井上 弘貴, 平舘 裕希, 白形 芳樹, 福田 康弘, 中井 裕, 内田 隆史, 種村 健太郎. マウス精子発生過程におけるTauの動態解析. 日本畜産学会大会講演要旨集. 2014. 118回. 110-110
  • 中井裕, 加藤佑樹, 福田康弘. 動物のクリプトスポリジウム病. 宮城県獣医師会誌. 2013. 123-128
  • 中井裕, 福田康弘. 人獣共通感染症としてのクリプトスポリジウム症. G.I.Research. 2013. 21. 6. 28-35
  • 中井裕, 本間一, 福田康弘. ツルのコクシジウム症. 動物の原虫病. 2011
もっと見る
特許 (1件):
  • ルーメン液によるセルロース含有廃棄物を用いた有機酸発酵方法
書籍 (3件):
  • 「アメーバのはなし -原生生物・人・感染症-」
    朝倉書店 2018
  • 人獣共通感染症第3版
    医薬ジャーナル 2016
  • Marine Protists
    Springer Japan 2015 ISBN:9784431551294
講演・口頭発表等 (28件):
  • 減数第 1 分裂前期において特異的な機能をもつテトラヒメナの Snf2 クロマチン再構成酵素
    (第52回 日本原生生物学会大会(水戸大会) 2019)
  • 繊毛虫テトラヒメナで見いだされた配偶核形成に不可欠な DNA 切断
    (第2回原生生物・寄生虫・進化セミナー 2018)
  • 配偶核形成から発見された新奇なDNA二重鎖切断の分子メカニズムとその役割
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • 繊毛虫テトラヒメナの配偶核形成に関わるクロマチン再構成因子の探索
    (第51回日本原生生物学会大会 2018)
  • 二核性生物テトラヒメナの大小核核膜孔複合体の違い
    (2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2008 金沢大学 生命科学
  • - 2004 金沢大学 生物学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (金沢大学)
委員歴 (8件):
  • 2011/06 - 現在 進化原生生物研究会 世話人
  • 2012/04 - 2018/11 日本原生動物学会 評議員
  • 2018/01 - 2018/03 日本藻類学会 第 42 回仙台大会実行委員会
  • 2013/11 - 2015/11 原生生物学会活性化委員会 委員長
  • 2010/11 - 2015/11 日本原生動物学会 編集委員会 副編集長
全件表示
受賞 (9件):
  • 2016/12/01 - 日本分子生物学会 第39回日本分子生物学会年会優秀ポスター賞
  • 2015/06/20 - 日本畜産環境学会 日本畜産環境学会奨励賞
  • 2013/11/10 - 日本原生動物学会 日本原生動物学会ベストプレゼンテーション賞
  • 2012/04 - 東北大学 持続可能な農林水産業構築プロジェクト 個人型海外研究派遣
  • 2009/06/01 - 日本原生動物学会 日本原生動物学会 奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本藻類学会 ,  International Society of Evolutional Protistology ,  International society of protistologists ,  日本進化原生生物研究会 ,  日本原生生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る