{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002200366157435   整理番号:10A0169729

一相PWM制御法を用いた三相ソーラーパワーコンディショナ

A Three-Phase Solar Power Conditioner Using a Single-Phase PWM Control Method
著者 (2件):
資料名:
巻: 130  号:ページ: 173-180 (J-STAGE)  発行年: 2010年
JST資料番号: X0451A  ISSN: 0913-6339  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
太陽光発電の直流電力を商用交流用電気機器で使用するためにソーラーパワーコンディショナが用いられるが,高周波スイッチングに伴なう,スイッチング素子のスイッチング損失や交流インダクタンスの鉄損の増加が問題になる。これに対して,三相PWMインバータの三相レグうち,1レグだけをスイッチングして電源電流を正弦波に制御する方式(一相PWM制御)が提案されている。1相のみをPWM制御することにより,系統電流を正弦波にする制御法に特長があり,従来の三相PWM制御と比較して,平均スイッチング周波数を1/3に減少してスイッチング損失を低減できる。本論文では,一相PWM制御を用いた単相ソーラーパワーコンディショナの動作特性を検討した。一相PWM制御の動作原理を理論的に明らかにし,直流コンデンサに伴う入力電流リプルと電源高調波を導出した。また,実験によりスイッチング損失を1/4に低減でき,従来の三相PWM制御と同等の電流制御特性が得られることを確認した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
電力変換器 
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る