{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201002214960538920   整理番号:10A0513306

わが国における低炭素社会のためのエネルギー技術・システムの開発動向

Development Trend of Energy Technologies and Systems for Low-carbon Society in Japan
著者 (17件):
資料名:
号: 1187  ページ: 80P  発行年: 2010年04月20日
JST資料番号: S0378A  ISSN: 0919-9195  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
エネルギーの効率的利用やCO2の排出削減を実現するため,次世代の社会にとって望ましいエネルギー需給システムを構築することが重要である。そのためには,利用可能な一次エネルギーの量やその地理的分布,個々の最終需要,エネルギー機器の開発動向,さらには関連するエネルギー政策・制度など,エネルギー需給に関わる多岐にわたる情報が必要である。本報告書では,わが国における民生部門に焦点を絞り,実際の導入事例を中心として,以下の観点から,次世代のエネルギー需給システムのあり方を考えるための材料・情報を収集・整理した。・将来的に利用可能な一次エネルギー賦存量,国内の自然エネルギー源の賦存量・分布。・わが国の民生部門におけるエネルギー需要推計,エネルギー需要決定の心理的要因。・省エネ生活のための各種のエネルギー機器・マネジメント手法の開発動向。・次世代の電力システム,大規模熱利用システム,バイオマス利用システムの新しい提案・導入実績。・エネルギーシステムと都市計画との関連(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
エネルギー消費・省エネルギー  ,  電力工学・電力事業一般 
引用文献 (393件):
  • 石油連盟:「今日の石油産業」(2009.4)
  • エネルギー計量分析センター編:「EDMC統計2008」, 省エネルギーセンター (2008)
  • IEA:“World Energy Outlook”, Intemational Energy Agency (2008)
  • http://www,worldenergyoutlook.org/
  • 日本エネルギー学会誌:「平成19年の重要なエネルギー関係事項」, Vol.87, No.8 (2008.8)
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る