機関
J-GLOBAL ID:200905023102375168   機関コード:0292000000 更新日: 2015年07月30日

大阪大学

オオサカダイガク, Osaka University
代表者: 総長 平野 俊夫
設立年: 1931
住所: 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1
電話番号: 06-6877-5111
FAX番号: 06-6879-7039
機構・研究部門名 (22件):
  • 【本部事務機構】
  • 2オフィス6部22課12室
  • 【学部】
  • 文学部、人間科学部、外国語学部、法学部、経済学部、理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、基礎工学部
  • 【研究科】
全件表示
沿革 (44件):
  • 1724
    懐徳堂
  • 1838
    適塾
  • 1869
    文部省直轄病院
  • 1880
    府立大阪医学校府立大阪病院
  • 1915
    府立大阪医科大学
もっと見る
事業概要:
大阪大学は、「大阪にも帝国大学を」という地元大阪府民の熱意と、関係者の努力により、医学部と理学部の2学部からなる「大阪帝国大学」として、1931年に誕生しました。
江戸時代末期、緒方洪庵が私塾として設立した「適塾」の自由な学問的気風と先見性は、大阪府立医科大学を経て、本学へと繋がります。また、戦後、新たに法文学部が加わった際には、江戸時代後期、大坂町人が町人のために設立した「懐徳堂」の蔵書類が本学に寄贈され、大坂の町に息づいた独創的な学問と思想も受け継ぐに至りました。
このように、「適塾」を原点として、「懐徳堂」の精神を受け継ぎ、府民の熱意に支えられた本学は、「地域に生き世界に伸びる」をモットーに、大学院の重点化、2004年の国立大学法人化、2007年の大阪外国語大学との統合を経て、我が国を代表する総合大学として、たゆみなく発展を遂げて参りました。この間、本学は、幾多の優れた研究者、教育者、文化人、そして政財界など各界の指導者や卓越した人材を世に輩出してきました。
大学は「学問と教育の府」であり、物事の本質を見極める学問の遂行と、なにが物事の本質であるかを見極めることができる人材を育成することが社会から求められています。「国家100年の計は教育にあり」と言われていますように、我が国の将来はひとえに人材育成にかかっています。また、学術の振興なくして革新的な技術開発や、心豊かで平和な社会の発展はありえず、社会が大学に求めているところは、知的創造活動としての基礎研究の推進であります。大学がどれほど基礎研究に力を注いでいるかは、その大学の底力に反映されます。大阪大学では、時流に流されることなく、永続性を有し、かつ卓越した「学問の府」であり続ける基盤を確立する努力を日夜続け、大学でしかできない基礎研究や、学問に基づいた教育を推進しています。そのうえで、産学官連携や社学連携を積極的に推進し、現代社会が抱えている様々な問題解決に取り組んで行きます。そして「組織は組織を構成する一人一人の構成員に依拠している」という考え方に立ち、大学の個々の構成員が、溌剌と自由に活動でき、多様性を有するすべての教育研究組織が独自性を発揮できる環境作りを進めています。
蘭学を通じて西洋医学を我が国に導入した適塾で学んだ福沢諭吉や大村益次郎などの多くの人々が幕末から明治にかけて我が国の近代化のために活躍しました。大阪大学は、この原点に立ち、21世紀に生きる適塾として、「世界屈指の研究型総合大学となる」という高い志を持ち、22世紀においても輝き続ける基盤を大阪大学全構成員の英知と力をあわせて築いていく努力を日夜続けています。
大阪大学では、その大学の志と理念の実現にむけて、当面何を成すべきか、そして後世の人に何を残すべきかをまとめた「大阪大学未来戦略(2012-2015)-22世紀に輝く-」を作成するとともに、未来戦略機構を創設しました。また財務基盤を確立するために大阪大学未来基金を設立しました。一人でも多くの方が大阪大学の基本方針に御賛同いただき、我々とともに輝く未来を創るためにご協力、ご援助を賜りますようにお願いいたします。引き続きホームページなどを介して様々な情報を世の中に発信していきますので、大阪大学ホームページ(www.osaka-u.ac.jp)にご注目いただければ幸いです。
予算額:
  • 2012年度: 138,532 (百万円)
下位組織 (276件):

前のページに戻る